進化するWordPressを取り巻く環境が見える!『WordCamp Tokyo 2016』レポート

づや


進化するWordPressを取り巻く環境が見える!『WordCamp Tokyo 2016』レポート

こんにちは、づやです。

9月17日(土)〜18日(日)の2日間、ベルサール新宿グランド 5Fコンファレンスセンター(東京・新宿)にて『WordCamp Tokyo2016』が開催され、その初日に参加してきました。

WordCampとは

WordPressの非営利法人であるWordPress Foundationの承認の下に行われているWordPressのイベントで、日本以外での催しに参加したことはありませんが、このWordCampは世界中で開催されているのです。そんなWordCampの東京版が『WordCamp Tokyo 2016』なのです。今回参加した9月17日(土)は、WordPressに関するさまざまなセッションがメインとなります。

こちらのタイムテーブルを見ていただくとわかるのですが、すごい数のセッションです。これらをすべて回るのはさすがに無理なので、参加できたセッションに関して感想を書かせていただきます。

フロントエンドエンジニアのためのWP REST API + JavaScriptによるWordPressサイト構築

こちらのセッションは、「WordPress4.4からコアにも一部が実装されたWP REST API の使い方と、これからの予測に関して」でした。WordPressのAPIを利用すると、フロントエンドだけでいろんなWebサービスやアプリを構築できるようになっていきそうです。コーポレートサイト等を構築する際、無理にAPIを利用する必要性はないでしょうが、APIの情報もキャッチアップしてある程度は触れるようになっていないと、置いていかれる時代がくるかもしれません。

WordPressのCDN化:高速化とセキュリティ

だいぶ一般的になってきた「CDNをWordPressで使うにはどういうところがポイントになるか」という内容でした。画像だけをCDNに持っていくのは割と簡単ですが、セキュリティを考えるとサイト全体を対象とするのはなかなか大変。。。

RestAPIとjQueryで作る最短アプリ開発

「OAuth2.0とWP REST API」に関してのセッションでした。有料ですが、紹介されていたOAuth2.0のプラグインはなかなか使いやすそうな感じでした。ちなみに、APIのテストにクロームのエクステンションを利用していました。個人的には、PAW(こちらも有料)が最強だと思ってます。

レスポンシブデザイン前提のWordPressの表示速度高速化の考え方

これがもっとも印象的で楽しかったセッションです。各種データを用いて、ページ速度の計測の仕方と大切さを教えてくれました。

現在のWeb業界での基準となる速度は、表示完了(DomComplate)までが2秒以内とのこと。発表者の竹洞さんの実績では、サイト速度をあげるとセッションと直帰率に明確な効果があると言われていました。「スマホのLTE回線で3秒以内の表示完了を実現するには、サイトの容量が300KB以内での必要がある」という談話が一番印象に残りました。これは回線の問題なので、サーバサイドをどれだけ高速化しようとも超えられない壁となります。日本の最大手メディアであるYahoo! Japanでも3.5秒から4秒以内はかかっており、だいたい434KBとのことでした。ちなみにLIGブログは。。。まだまだ頑張りがいがあります。

まとめ

久しぶりにWordPressのイベントに参加してみたのですが、たくさんの刺激をもらえてよかったです。やはりというか、REST API関連のセッションが増えてきた印象でした。これからフロントエンドスキルを持った人がどんどんWordPress開発に入ってくるんだろうなと思うと、うかうかしてられません・・・!

また私事ですが、6年ぶりに元同僚と再会するという嬉しい出来事もありました。

WordPress界隈はまだまだ盛り上がっていくと思うので、今後も積極的に情報を追っていきたいと思います。公式にも一個くらいプラグイン登録しようと思いました、なんとか年内には。

づや
この記事を書いた人
づや

取締役

関連記事