海外で働きたい人募集!ver.2 / LIGセブ島支社
海外で働きたい人募集!ver.2 / LIGセブ島支社
2016.09.07
#8
イベントレポート

【Adobe MAX Japanレポート】Adobeの開発者が語る、これからの「参加型」製品開発

ゆかりさん

こんにちは、エディターのゆかりさんです。

先日、東京ビッグサイトで開催された「Adobe MAX Japan 2016」に、デザイナーのミシェルとともに参加してきました! 「クリエイターの祭典」であるこの熱気あふれるイベントの様子を、Adobeの轟 啓介氏のインタビューを交えつつお届けします!

人物紹介:ゆかりさん
毎年この時期になると夏バテになるエディター。一時期Adobeツールとは仲良しだったので今回のイベントをとても楽しみにしている。
人物紹介:ミシェル
LIGブログのアイキャッチやバナー、背景ジャックなどの制作を担当しているデザイナー。大学時代から数々のAdobeツールを触ってきた。土曜の夜にひとりでDVDを見て夜更かしするのが趣味。さみしくない。

Adobe MAX Japan 2016とは?

Adobe MAX Japan 2016
会期:2016年 9月2日(金) 11:00 〜 20:00
会場:東京ビッグサイト 国際会議場 + 西1ホール
来場者数:2,100名以上

毎年アメリカで開催されている『MAX』初の日本版で、しかも11月サンディエゴでの同イベントに先駆けての開催。「クリエイターの祭典 ‒ Inspire / Learn / Connect」というテーマのもと、ライブ中継もおこないながらの大規模なイベントです。

クリエイターの技に酔いしれる「KEYNOTE」

IMG_1821

イベントのスタートはKEYNOTEから。満席の会場、照明を落とした中で、正面のモニタに映像が映し出されます。

鮮やかな映像美を魅せる「OPENING ACT」

アーティストが左右のブースでDJのように音を奏でると、モニタ上の丸い円を軌道に光が走ります。その軌道上に現れた惑星や微生物・人間といったモチーフに光が通過すると、それらをイメージした音が流れる仕組み。

テクニカルなアートですが、操作と音、映像が一体になったさまは、原始的な衝動を想起させ、「創造する」ことの原点に戻っていくようです。盆踊りなどの「Japan」らしい要素も併せ持つ、鮮やかなアートでした。

IMG_1832

Adobeが目指す世界

続いて登場したのが、日本アドビシステムズ株式会社代表 取締役社長である佐分利・ユージン氏。今回のイベントには約3,800名の応募があったことが彼の口から告げられると、会場からはどよめきが起こります。

Behance」というサービスは、アーティストが自分の作品を発表し、世界中に共有できるポートフォリオの場所として活用されており、今回の『MAX』のロゴも「Behance」で多数のアーティストにデザインしてもらったそう。このイベントがインターナショナルな試みであることと同時に、日本の期待値の高さが改めて感じられました。

IMG_1860

続いてゴビンド・バラクリシュナン氏(米国アドビシステムズ社 Creative Cloudモバイル&サービス担当 バイスプレジデント)が登壇。デザインがもたらすパワーについて語ります。「パーソナライズされた体験」「ユーザーはより自分のニーズにあったものを選ぶ」という言葉を強く発していたのが印象的でした。

Adobe CCを使用した一流デモンストレーション

Adobeのツールを使って、架空のモバイルバッテリーのPRを想定した一連の制作フローが、一流のクリエイターの手によって再現されていきます。

iPadと「Comp CC」を使用してクライアントと打ち合わせをしながらデザインの構図をその場で決め、イメージ写真もすぐさま「Adobe Stock」からはめ込む。クライアントとのイメージの齟齬(そご)が起きない状態で完成したデザインカンプは、CCを通しそのまま次の作業者の手元へと渡る……。

このような一連の流れがアーティスティックに、かつクリエイターの鮮やかな手さばきのもと実演されていく様子は、まさに感嘆ものでした。

映画『シン・ゴジラ』にも取り入れられたAdobeの技術

IMG_2645
▲Adobe Premiere Pro CCの画面

続いての登壇はなんと、日本を代表するVFXスーパーバイザーの佐藤敦紀氏。いま話題の『シン・ゴジラ』にも関わる人物で、その佐藤氏による「映画『シン・ゴジラ』を紡ぎあげるまで」というセッションには会場の熱気もまた上がります。

このヒット映画を生み出した庵野秀明監督の細やかな要望に応えることができ、複数人での作業フローに向いているツールとして佐藤氏が選んだのが、この「Adobe Premiere Pro」。「映画製作の『過去の常識』だけでは産まれることはなかった」と佐藤氏は結んでいました。

アーティスティックさも併せ持つプロのクリエイターの作業を間近に感じ、興奮さめやらぬままに午前中のセッションが終了しました。

各セッションのご紹介

Adobe セッション

午後のセッションは50分毎に、5つのセッションが同時進行するというスケジュールに。この中で、ミシェルと私がそれぞれ参加してきたセッションについてご紹介します。

広告価値を高めるプロモーション戦略

ico
ランチセッション「AbemaTV / ゲームクリエイターが語る!サイバーエージェント流スマホサービス開発のヒント」では、音楽フェスでのAbemaTV CMの使い方やコアターゲットの話といった、AbemaTV全体のサービス向上、そして広告自体の価値の向上などに関する解説が展開。とりわけ、AbemaTVのプロモーション戦略についてのセッションが印象的でした。

アドビシステムズ 轟 啓介氏によるXDの使い方

ico
講師は午前中のKEYNOTEに引き続き、アドビシステムズ株式会社の轟 啓介氏。KEYNOTEに続いての登壇で、「アドビ初のUI / UXデザインツール、Adobe XDの使い方とロードマップ」と題し、XDの使い方をわかりやすく説明してくださいました。使いやすさ、軽さを追求し、ユーザーの声をふんだんに取り入れている様子に、思わず使ってみたい!と思ったツールです。Adobe自信作のXDはLIGでも使っていますので、ぜひこちらをご参考ください!

XDプロトタイプ
▲Adobe XDのプロトタイプモード

独自の世界観構築でデザインに体験を持たせる

ico
CygamesのUIデザイナーによる「スマホゲーム開発チームが実践したUI / UXデザインと効果的なパーツ制作の舞台裏」では、実際のゲームを参考にしてUIデザインについて解説。没入感を与えるための世界観のこだわり、ユーザーの「体験」をしっかりデザインしていることが伝わります。

Bracketsになる?Dreamweaverが一新!

ico
株式会社まぼろしの久保知己氏による「Sass / LESSにも対応!モダンツールへと新しく生まれ変わる次世代Dreamweaver」。現在はベータ版のDreamweaverを一新し、エディタがBracketsになることや、マルチカーソルで複数行を一括編集できること、JavaScriptの補完ができるようになったこと、またRubyの構築がソフトのインストールだけで可能になったことなどを紹介。「エディタは軽い方がいい」というユーザーの意見が反映した実感を覚えたセッションで、これからのアップデートに期待が持てました。

IMG_1996
▲Dreamweaverベータ版の画面

より感覚に近い映像編集ツールに触れる

ico
アドビシステムズ株式会社の古田正剛氏によるセッション「スマートフォンから8K、VRまで。新しい映像体験も、新しいCreative Cloudで!」では、Adobe動画編集ソフトのアップデートについて解説されました。日々映像の需要が高まる中、アップデートによりPremiereのカラー調整もより感覚的にできるようになりました。また、実際に「Premiere」上で180〜360度の画角で撮影した映像を用いて、VRの編集をしている様子をレクチャー。VRは自分が想像していたよりもかなり身近なクリエイティブコンテンツになっているのでは、と驚きを覚えました。

これがデキるWebデザイナー!4つのポイントとは

ico
crema designの黒野明子氏と、株式会社タガスの浅野 桜氏による「デキるWebデザイナーを目指せ!本当に現場で使えるCC活用テクニック」と題したセッションは、架空のクライアントを想定し、Webデザインのプロセスをわかりやすく説明。「時間をあけずその場でイメージを共有する」「WebデザインにおけるPhotoshop、Illustratorそれぞれのメリット」「直しに強いデータを手早く作る」「コーディングをするコーダーに適切なデータを共有する」という、4つのポイントが紹介されました。

IMG_2822
▲デキるWebデザイナーになるための4つのポイント

文字の持つ力を最大限に発揮させるための方法論

ico
登壇者は株式会社資生堂の澁谷克彦氏、株式会社ワンパクの稲葉政文氏、株式会社SIXの斉藤 迅氏による対談セッション「Webや映像を一段レベルアップするフォント選びの極意」。「資生堂」ロゴはモデルの立ち姿を想起させることや、歌詞をモーショングラフィックで表示する次世代スピーカー「Lyric Speaker」が持つ音の可視化についてのお話など、文字のパワーを感じたセッションです。

成功事例から見るSNS向きのムービーコンテンツとは

ico
守屋健太郎氏と笹川真登氏が登壇した「SNSに最適化した映像制作 – “女子のための動画ファッションチャンネル”の作り方」では、文字どおりSNS向けの映像制作について解説。C Channelでは動画のアスペクト比(縦横比)を縦長に統一し、日本で初めての縦長専門の動画サービスとして成功。ユーザーのニーズをいち早く掴んだ、新しい動画コンテンツを生活になじませた事例となっていました。

「ユーザーの声を汲み取ったソフト作りを推し進めたい」Adobe 轟 啓介氏に聞く

今回、Adobe XDを中心としたプレゼンテーションを務めたアドビシステムズ株式会社のマーケティングマネージャー 轟 啓介氏に、開発の裏話などをお伺いすることができました。

轟啓介氏

轟 啓介氏 プロフィール
1999年、早稲田大学理工学部を卒業後、大手印刷会社に勤務。2008年4月、アドビシステムズに入社し、Flex / AIR / Flashを中心としたFlash Platformのデベロッパーマーケティングを担当。

−Adobe MAX JAPANがアメリカより先行して開催されたのはどのような意図が?

2016年6月にAdobe全製品のアップデートを行ったのですが、このアップデート内容を日本のユーザーにわかりやすく伝えるため、アメリカで毎年開催されていた『MAX』のようなイベントにお越しいただいて、実体験とともに知ってもらうのがベストだと考えたんです。アメリカの『MAX』に先んじての開催となったのは、このアップデートのタイミングですね。

希望のフォントがイメージ画像だけで特定できないときでも、もっとも近しいフォントを探し出してきてくれるPhotoshopの新機能「マッチフォント」の解説などは、実際の操作の模様を見て「なるほど」とご理解いただけたのではないでしょうか。

「Dreamweaver」の次バージョンは、中身のエディタをBracketsに入れ替えるという荒療治をしています。Gitにも対応していくので、一層使いやすさが向上していますよ。

−XDやDreamweaverについては、日本からのフィードバックを求めていますよね。これは日本市場に対する期待の大きさから?

そのとおりです。なぜならば、世界における日本のシェアはアメリカに次ぐものだからです。XDも英語版の次に日本語版が出ましたが、これもそうした背景からですね。

Adobe本社の人間はフィードバックが大好物なんですよ。しかし日本人はディベートする、フィードバックをする意識が希薄で、「日本人はもっと便利な機能を求めないのか?」と思われがちです。これはすごくもったいない。Adobeは、皆さんが使っているソフトをもっと便利にするための扉をいつでも開いています。「自分が使いたいツールをAdobeが代わりに作ってくれている」と思って、積極的に参加してきてほしいんですよね。

−ここまでユーザー側に寄ってきたことは初めてでは?

チームでは今、「transparency(透明)」と言いながら、「何に取り組んでいるのか」「どういう要望があがってきているのか」をオープンに伝えるようにしています。またチームは世界中のSNSをチェックしており、例えばTwitterで面白い意見や提案があれば、チームから「ちょっとこれに参加してみない?」と話しかけることもあるんですよ。

わかりやすいのはXDですよね。こちらは歴史が浅いので、コアが固めやすいというメリットを持っています。どんな機能を追加しても、別の機能との兼ね合いによる不具合などはないので、いろいろと拡張しやすいんですよ。

−来年も「MAX Japan」は開催されるのでしょうか?

ユーザーアンケートの結果次第というのが正直なところですが、ぜひやりたいと思っています! 東京以外の場所での開催も面白いですね。そういった要望をどんどん実現していきたいので、いろんな声を送ってきていただければ、と思います。

Adobe フィードバックはこちら

さいごに

『MAX』初の日本版であるAdobe MAX Japan 2016ですが、来場者の方々がとても生き生きしていたことが印象的でした。

開発側にはユーザーの思いを汲み取りたいという意見があり、ユーザーも日々ツールを使いつつ、自分の技術を高めたいと試行錯誤している。開発者とユーザー双方の思いがあり、Adobe製品が生まれているのだなと改めて感じました。

Twitterのハッシュタグ(#maxjp)などを見ていても「来年こそは行きたい」という意見も多いので、ここは轟さんの言葉にもあるように、ぜひみなさんのフィードバックでAdobe MAX Japan 2017の開催を実現させたいですね!

では、また!

▼関連リンク