第10回
やってみた

定食屋のおばちゃんがいい人なのは世界共通だった。ホーチミンのコムタム屋のタムさんの話

桝田 亮


定食屋のおばちゃんがいい人なのは世界共通だった。ホーチミンのコムタム屋のタムさんの話

みなさん、ベトナム・ホーチミンからこんにちは! そして、はじめまして。
今回特別にLIGブログに寄稿させていただくことになりました、ICONIC(アイコニック)という会社の桝田です。

本日はホーチミンから、Life IS GOOD in Vietnamな情報をお伝えしたいと思いますので、よろしくお願いいたします。

20160519065421-2 人物紹介:桝田 亮(マスダ リョウ)
2015年9月より、ベトナム・インドネシア・マレーシア・日本にて人材総合サービスをおこなうICONIC CO., LTD.にて、ICONICグループ全体のマーケティング・企画をホーチミン本社にて担当。
コーポレートサイト:https://iconic-jp.com/
ベトナム転職:https://iconic-intl.com/

みなさんはベトナム料理と言うと、何を思い浮かべますか? フォーや生春巻きではないでしょうか? たしかに、フォー屋さんや生春巻きの専門店やチェーン店もあるし、日常でも食べます。しかし、日本人が毎日お寿司を食べないように、しょっちゅう食べているわけではありません。こちらでよく食べるのは、コムタムです!

コムタムとは、細かいお米のほかほかごはんに、お肉などのおかずをセットした定食。

 
20160519-3

大体のコムタム屋さんが、いろいろなおかずが並んでいる中から好きなおかずを選ぶと、ライスとスープがセットで出てくるシステムになっています。

大都市ホーチミンで最強のコスパとウマさを誇るのが「タムさんの定食屋」

今回は、ホーチミンで一番おいしくて、おかず1品にライス・スープ・お茶までついて22,000ベトナムドン(日本円で110円くらい)と最強にコスパがいいコムタム屋さんをご紹介します!

 
20160519-6

こちら、「タムさんの定食屋」! 僕らICONICの社員は「ICONIC食堂」と呼ぶくらい、ベトナム人スタッフと週4、5でランチに通っているお店。有楽町でいうところの、喫茶店FUJIのようなポジションです。(一部の方にしか通じない例ですみません)

 
20160519-4

こちらが、タムさんの定食屋のおかず。
毎日日替わりで何品も並んでいるんです。どれもこれも、おいしさは保証します。

ただ、写真だけでは魅力が伝わりづらいと思うので、お店のオーナー兼シェフであるタムさんに直接魅力を伝えてもらおうと、お話を伺ってみました。

「お客さんを家族だと思って料理を作る」オーナー兼シェフのタムさん

ホーチミン2

―いつも美味しい料理をありがとうございます! こちらのお店はいつからやられているのですか?

よく覚えてないけど、10年くらいね。

 
―お店をはじめるきっかけは、なんだったんですか?

実は、最初は従業員として前のオーナーの下で働いていたのよ。そこでオーナーからいろいろと勉強させてもらって。前のオーナーが辞めることになったときに、「一生懸命頑張ってるし、オーナーやってみないか?」と声をかけられたのがきっかけよ。

 
―タムさん以外の従業員の皆さんは、タムさんのご家族ですか?

そうそう。私がシェフ、姉が材料の準備、他の3人はもろもろの手伝いという感じだわ。

 
ホーチミン3

― 今だから言えますが、実は最初お店に来るときは口に合うか不安だったんです。でも、めちゃくちゃおいしくて。料理を作る上でこだわっている点はありますか?

もちろんあるわよ。まずは材料。新鮮な良い材料を用意しないと、おいしい料理は作れない。だから、その日の食材は毎朝市場に仕入れに行っているの。あと、安全・清潔が大事ね。お客さんに安心して食べてほしいから。
あと何より大事にしているのは、お客さんを家族だと思って料理を作ること。家族に喜んでほしいと思う気持ちで、お客さんにも作るようにしてるの。

 
20160519-8

20160519-9

― 僕はベトナム語を全然話せないから、ほぼコミュニケーションできないじゃないですか。それなのに毎日のように来るし。正直、僕のような外国人が来るのって面倒じゃないですか?

そんなことはまったくない。あなたはイケメンだしね。うふふふ(笑)
昔にも、言葉が通じないんだけど、通ってくれる日本人がいたの。帰国されて、お店に来なくなったけど、2、3年後くらいにふらっとまた来てくれたの。当時の写真を持ってね。本当に嬉しかった。実は、写真を見せてもらうまで忘れてたんだけどね(笑) 言葉が通じるとかは関係なく、外国の人が普通にお店に食べに来てくれる。それはとっても嬉しいことよ。

 
ホーチミン4

―最後にお聞きしたいのですが、人生を楽しく過ごすためにタムさんが大事にされていることはなんですか?

そうね。何かをするときはいつも「心」という字を思い浮かべるの。
それは、テキトーにやるとか近道するとかではなく、いつも心を込めるということ。正しい方法で他の人のためになるのであれば、心を込めてまっすぐにやる。常に正しい道かどうかを意識しているわ。

 
―なるほど。タムさんのそういった心がけが安全でおいしい料理に繋がっているんですね。

若い頃は生活も楽じゃなくて、家族との別れとかもあった。でも、人のために頑張らないと自分自身に返ってこないと思ったのよ。毎日大変だけど、この仕事が好きだったしね。

― 「この仕事が好き」と言えるのは本当に素敵ですね。これからもおいしい料理をお願いします! 今日はありがとうございました!

こちらこそ。ありがとね。

おわりに

20160519-11

タムさんは毎朝3時に市場に買出しに行きます。市場から戻ってきたら、すぐに調理や店内の準備。そして、10時頃には店頭に料理を並べ、オープン。

今回、少しだけ調理のお手伝いをさせてもらいましたが、ずっと中腰だし、熱いし、かなり重労働。それでも、タムさんはこの仕事が好きで楽しいとおっしゃっていました。おいしいお店のご紹介をしようと思っていたら「LIFE IS GOOD」なヒントを教わった気がしました。

皆さんもホーチミンに来る機会があれば、タムさんの“心”のこもった家庭料理をぜひ味わってみてください!

おまけ

タムさんのお店の看板猫。

20160519-12

いつも物欲しそうに足元に来るので、おかずのおすそ分けをするのですが、選り好みします。贅沢キャットです。

今回ご紹介したお店

店名 Quán 42-44 Võ Thị Sáu
営業時間 10:00~22:00
休業日 基本的になし(旧正月の期間はお休みかも)
住所 42-44 Võ Thị Sáu, Hồ Chí Minh, Việt Nam
地図
※Google mapでは少しずれます。ガソリンスタンドのすぐ隣です。
桝田 亮
この記事を書いた人
桝田 亮

外部ライター

おすすめ記事

Recommended by