づやの夏休み
づやの夏休み
2016.04.28
#21
LIGプレス

2016年度、GW休暇の予定をお知らせします。

キャシー

こんにちは、エディターのキャシーです。

 

1

早速ですが、LIGからの大切なお知らせを発表させていただきます。

 

 

 

2

4月29日〜5月8日までの間、株式会社LIGは休みとなります。

 

 

 

3

ゴールデンウィークと呼ばれる大型連休に不本意ながら巻き込まれた形ですね。

 

 

 

4

休みの間、LIGはあらゆる機能を停止し、制作会社としてのパフォーマンスを不可逆的に回復不可能な段階まで低下させた挙句、社会的存在意義の全てを失います。

Web制作を依頼したいのなら、チンパンジーに相談した方がまだマシでしょう。

 

 

 

5

本当のことを言うと、5月2日と6日は休日ではないので、会社としては営業日という事実があるんです。実際、暦どおりに出社する社員もいます。

 

 

 

 

6

ただし…… ほとんどの社員が有給休暇をつかってバカンスに行ってるので、実質的には「もぬけの殻」です。

電話はかろうじて通じますが、お互いにメリットとなる提案は何一つできませんし、Siriと会話してた方がよっぽどクリエイティブな体験ができることでしょう。

その点をあらかじめ、ご了承ください。

 

 

 

……もちろん、緊急に対応しないと死人が出るという場合もありますよね。

そういうときはまず、状況に応じて直ちに救命措置をおこなってください。そして私と一緒に「生きる」って何か一から考えてみませんか? 私はまだ入社年数が浅く有給休暇を取得できていないので、2日も6日も元気に仮死状態で出社する予定です。私にできることであれば全力で対応させていただきます。ただ、私がGW期間中にできることは限られていまして、リズミカルに酸素を吸って二酸化炭素を吐くか、微動だにせずただオフィスのどこかに存在するか、この2つしかありません。有給休暇があるのに自発的に出社している社員とはわけが違うからです。つまりエディターとしてのパフォーマンスを不可逆的に回復不可能な段階まで低下させた挙句、社会的存在意義の全てを失うだけならまだしも、始業時刻と同時に妖怪と化し、いつもの金髪を脱ぎ捨て、オフィスの片隅で一点だけを見つめ空気中の粒子を数えながら終業時刻までを過ごすことでしょう。やがて人肌恋しくなり誰かと戯れようとするが時遅し、振り向いてももうオフィスには誰もおらず、そこには青く生い茂る植物だけが存在していることでしょう。なぜなら人間と妖怪では時間の概念が違うからです。妖怪として過ごす9時間は人間の数百億時間に匹敵するため、我に返ったときにはもはやそこはオフィスではなく上野という地名でもないかもしれません。知り合いは誰もおらず、当然帰る場所などどこにもなく、私はそこでやっと気付くんです。あの日あのときのGW、ちゃんと真面目にオフィスで仕事していればなって。なんとなく過ごす1日も、すべて未来に大きく影響していきます。大型連休中の出勤日に怠けてしまったが故、私は職を失い愛する人を失い、老後動けなくなったときにも思い出してふと笑えるようにと日々つくりあげている思い出も、きっと無意味なものになってしまいます。生きることは瞬間瞬間何かを選択していくことで、選択を間違え続けるときっととんでもない未来が待ち受けているんです。こんなはずじゃなかったのに……、いいや、その現実をつくりあげたのはほかの誰でもなく自分自身。そんなヴィジョンが見えたので、やはり私は2日も6日も身を粉にして一生懸命働かせていただきます。たとえ有給休暇があったとしても。

 

 

 

7

以上、会社からのお知らせでした。

それでは皆さん、よい休日をお過ごしください。

 

 

 

8

〜fin〜

1