Fitbit、Misfitに見るウェアラブルバンドの方向性とは「CES2016」レポート

小泉耕二


Fitbit、Misfitに見るウェアラブルバンドの方向性とは「CES2016」レポート
※本記事は「IoTNEWS」より転載・編集した記事です

こんにちは。
普段は「IoTNEWS」というメディアの代表をしております小泉です。

米国ウェアラブルデバイスの二強と言えば、「Fitbit社」と「Misfit社」です。2016年のCESでどういう方向性が示されるかをリサーチしました。

※CESとは
毎年ラスベガスで行われる世界最大の家電ショーです。3,600社以上が出展し、展示場の面積は東京ドームのおよそ5倍とも言われています。

Fitbit

Fitbitの最新アイテムは、計測できる項目がさらに増えた腕時計型となりました。とはいえ時計のフレームと本体は外せるので、以前からあるTORI BURCHのモデルのように、外側だけ別のものにすることが可能です。

参考までに、TORI BURCHモデルは以下のようなものです。ゴールドのフレームを開けると本体が取り出せます。

Fitbit TORI BURCH

最新のFibitは「fitbit blaze」というライン。心拍計、GPS、フィットネスに関するコーチング、複数のスポーツ種別対応、自動トラッキング、ワークアウトゴールとサマリー、アクティビティ、マルチフェイスクロック、バッテリー5日間保持、バンドなどのアクセサリーを変えられる、電話やテキストの告知、ミュージックコントロール、睡眠のトラッキング、サイレントアラームなどといった機能が挙げられます。

Fitbit blaze

Fitbit blaze

Fitbit blaze

これらはとても魅力的ですが、腕につけることを考えると「すでに持っている時計をどうするか」という問題が起こりますよね。TORI BURCHの例のように、中のセンサー類だけを取り出し、別のモノに入れるということも視野に入れていくのも良いのかもしれないです。

Fitbit blaze
▲本体のみの状態

Fitbit blaze
▲本体を取り外し、フレームのみの状態

Fibit blaze

日本法人の代表である福田氏は、「これから日本の市場を加速していきたい」と語っていました。

Misfit

Misfitも米国で普及しているウェアラブルバンドです。そのMisfitが2016年送り出す商品は、ノンディスプレイタイプの「Misfit Ray」。

Misfit Ray

Misfit Ray

通常のMisfitは円盤型のセンサーがついていたので、腕時計とのバッティングが気になり身につけにくいものでした。今回のMisfit Rayはあまり目立たない形にすることで、腕時計と一緒につけても気にならないというコンセプトです。

FitbitがTORY BURCHとタッグを組んでいるのと同じ理由で、MisfitもSWAROVSKIとタッグを組んでいます。これも売れているということで、ついにSWAROVSKIは自社でブースを出していました。

Misfit SWAROVSKI

さらに、ヘッドフォン型のMisfitを今年投入するという発表もありました。
こちらは、主に運動時に使うもの。「アクティビティ」と「睡眠状態」を取得できるのは通常のMisfitと同じですが、他にも「音楽をかけられる」「写真を撮影する」などの機能もついているとのことです。

Misfit SPECTER

Misfit SPECTER

おわりに

これら2社をリサーチすると、フィットネスバンドの米国における勝ちパターンが見えます。一つは、有名ブランドとの提携。毎日するモノが有名ブランドのモノであるということでつけたくなる理由を見つけるわかりやすい方向性です。

もう一つは、方向性の転換です。もともとディスプレイのないバンドを作っていたFitbitは、小型のディスプレイをつけたタイプを販売した後、時計型を公開しました。一方、Misfitは、もともとディスプレイはなく、質感は高めつつもそのままの状態で時計とともにつけられるタイプを公開しています。

ウェアラブルバンドの市場ができている米国ならではの面白さです。これら2社の方向性が真逆であることも面白いですね。今年の両社の展開が楽しみです。

小泉耕二
この記事を書いた人

この記事を読んだ人におすすめ