NTTドコモ様_dカーシェア
NTTドコモ様_dカーシェア
2015.12.18
第3回
ファッション × テクノロジー

「光らせてるだけとか本質じゃない」ハヤカワ五味が語るファッション×テクノロジーの未来

ナッツ

こんにちは、ナッツ(@nuts612)です。

先日、LIGのエンジニアのびすけが運営に携わった「HAPPY OUTSIDE BEAMS HACK」(通称ビームスハッカソン)というハッカソンがありました。そう、あのセレクトショップ「ビームス」さんです!

“外遊びを楽しくするファッション”をテクノロジーを用いて“ハック”するというテーマで行われた企画だったのですが、審査員にはファッションデザイナーのハヤカワ五味さん(@hayakawagomi)も加わり、テック界隈では新しい取り組みとして注目を集めました。

ファッションとテクノロジーという、一見真逆なこれら2つの存在はいかに融合していくのか。また両ジャンルにおける業界の課題というのは一体どんなものなのか。今回、ハヤカワ五味さんをお呼びし、のびすけを交えて「ファッション×テクノロジーの未来」についてお話をお伺いしました!

▼ビームスハッカソン開催レポートはこちら

「いまだに手書きで発注書を書いてFAXとか」クラシックで閉鎖的なアパレルの世界

ハヤカワ五味
― 今回、ファッション×テクノロジーのハッカソンって業界初?くらいの試みでしたけど、いかがでしたか?

ハヤカワ五味(以下、ハヤカワ):ファッションとテクノロジーってもっとやれることあるのに、実際あまりないじゃないですか。あったとしても、ただ足しただけ。取ってつけ感あるし。そうなると、結局デザイン性が損なわれるね、みたいな。

それってアパレル業界の課題でもあると思っていて。私が実際にアパレル業界に入って感じるのは、(アパレル業界って)超クラシックなんですよ。
新しいことやらなくても衣食住って絶対必要だから回るじゃないですか。だから危険を冒す必要ないので、無難なことしかやらないんですよね。そんな業界だからこそファッションとテクノロジー、どっちの知識も持っている人がどんどん出てきたらもっと面白くなるのかなって思いました。

のびすけ:なるほど、確かに。最初この企画をアパレル界隈の人に話したら、「いやー基本、アパレル界隈って閉鎖的だから。新しいことをなかなかやりたがらないから結構大変だよ」って言われましたね。

ハヤカワ:アパレル業界、特に製造段階の会社って、手書きで発注書を書いてFAXで送るんですよ、いまだに。そのくらいクラシックな習慣がずっと続いている業界で、メールが使えないところも半分以上あったりして、超不便なんです。全部電話みたいな。

 
― そう思うと、ビームスさん寛容ですね。

のびすけ:ですね、今回もハッカソンで肝だったのが、「製品を切ったりしていいよ」ってところなんです。ハサミ入れてもいいし、煮るなり焼くなりなんでもいいっていう。そういうのができたのがビームスしかなかった。

ハヤカワ:スポーツ系とかアウトドア系のアパレルは、その辺どんどん新しいのを取り入れていこうとするのがあっていいですよね。それこそ、ナイキとかアディダスも結構新しい取り組みしてきますし。
 
ハヤカワ五味_のびすけ_ナッツ
― なるほど。ちなみに今回のハッカソンは審査員視点ではどうでした?

ハヤカワ:なんだろう、ハッカソンを楽しんでる感じが強いなと。参加者も、1位を狙いにいくというよりは、みんなで楽しんでる様子だったので、それはそれで面白かったですね。

のびすけ:ビジネス性というのがなかったからですかね。

ハヤカワ:そうですね。デザイナーとエンジニア中心だったのが面白かったかも。お互い必要としているのに出会う機会があまりない。うちの大学の人とかも、普段からもっとハッカソンとか外に出てほしいなって思いました。

のびすけ:お互い必要としていると思うのは、どうして?

ハヤカワ:衣食住って基本的に何とでも親和性高いと思うんです。例えば食とITも親和性高いし。住居もそうだし、服もITと親和性高いと思っていて。だけど服は業界自体がクラシックでガチガチだから新規が入りづらくて、ハードル高い。そのハードルをもっと下げてくれるものがあってもいいのかなって。

 
― いまアパレル業界においてテクノロジーで解決できそうだなって思ってることはあります?

ハヤカワ:アパレルって刺繍はこの工場にお願いして、生地の裁断はここでみたいな感じで分かれているんですけど、新規だと工場がそもそも相手にしてくれない。
それが本当にツラくて。私も最初は端っこから工場に電話かけたりとかしてたんですけど、最近は服のイラストを描いたらそれを作ってくれるとか、3Dプリンターの服版とか。そういうスタートアップが増えているのは面白いなって。プロトタイプがすぐに出せるし。テクノロジーがもっとアパレルに来て、もっと活性化してほしいですよね。