営業の枠から飛び出せ!
営業の枠から飛び出せ!
2015.11.19
第26話
使ってみた

気軽にIoTのプロトタイプを作れるlittleBitsのMAKEY MAKEYモジュールを使ってみた

田中 正吾

littleBitsのMAKEY MAKEYモジュールで「すしインタラクティブ」を作る

image_20151114_154847_50

それでは、実際に「すしインタラクティブ」を作った方法をご紹介します。
littleBits MAKEY MAKEYモジュールが寿司反応をメインでおこない、その反応をlittleBits ArduinoモジュールがスティックPCへ伝えます。そして、スティックPCはNode.jsを使ってArduinoとのシリアルポート連携し、Webへのリアルタイム通信をおこなっています。

littleBitsとは

image_20151114_201315_74

littleBitsは、パチパチとつなぐことで気軽に楽しく電子回路を学べるデバイスです。4つのカラーで役割が分かれています。littleBitsは「モジュール」という名前で分かれていて、それぞれ磁石でくっつきます。モジュールには電源・スイッチ・LEDなどいろいろなモジュールがあります。

 

image_20151113_030220_13

littleBitsにはArduinoモジュールもあり、Node.jsなどと連携すればWebともつながるので、IoTのプロトタイプも気軽に作れます。

MAKEY MAKEYモジュールとは

MAKEY MAKEYモジュールは、わにぐちクリップをつなげることで、タッチ反応(クリック)やキーボード操作でコントロールできるデバイスです。littleBitsにもMAKEY MAKEYモジュールがあります。littleBitsではMAKEY MAKEYをきっかけにして、ほかのlittleBitsモジュールのLEDやモーターなどを動かすことができます。

image_20151114_181239_61

このように、わにぐちクリップをつなげたみかんがスイッチになります。みかんとみかんが触れたときに電流が流れ、スイッチがオンになります。反応し、ライトが点灯しました。

 

image_20151114_182335_63

MAKEY MAKEYは微弱な電流に反応するので、みかんだけでなく人体を通しても反応することができます。ですので、このように両手で触れても反応します。

 

image_20151114_192623_66

今回の「すしインタラクティブ」では、みかん部分を通電させるため、エナメル線を仕込んだ手パーツと寿司の模型に置き換えます。

 

image_20151114_220504_81

小皿にもエネメル線を仕込んで、醤油と寿司の模型が触れると反応できるようにします。醤油スイッチです。

 

image_20151114_143416_38

こうすることで、反応します。

littleBitsのMAKEY MAKEYモジュールからArduinoモジュールに知らせる

image_20151113_181845_9

いよいよ、littleBitsのMAKEY MAKEYモジュールからArduinoモジュールに知らせます。前述のとおり、MAKEY MAKEYモジュールをLEDやサーボなど他のlittleBitsモジュールとつなげることで、気軽にいろいろなアクションへつなげることができます。

littleBits MAKEY MAKEYモジュールにLEDモジュールをつなげると、ボタンモジュールでおしてLEDモジュールが光るときと同じ反応をします。

 

image_20151114_205328_77

littleBits MAKEY MAKEYモジュールだけでも、PCにつなげて左右キーやSPACEキー、クリックのキーボード操作を知らせることができます。さらに、今回のようにArduinoモジュールをつなげることで、「反応が来たら3という文字列を知らせる」といった調整ができます。

この仕組みで、寿司反応担当は醤油と寿司の模型が触れると反応し、PCに分かりやすい反応を知らせられるようになりました。