LIGデザイナー採用
LIGデザイナー採用
2015.11.10

昨日、妻と。- 第20話 –

ひゃくいち

ひゃくいち(@tanabe101)です。

昨日、妻と夜道をひたすら歩きました。

なにかに悩んだときやなにかを決断するときは、こうして二人で歩いて話すようにしているのです。

妻は「さむくなってきたね」と大はしゃぎ。わたしも「ほんとだね。さむいさむい」と言いつつ、自分の耳たぶをこすってあたためようとします。すると、妻はものすごい剣幕で、わたしの手をたたき落としました。

そうでした。妻にはわたしの耳たぶをさわる癖がありまして、よく冷えた耳たぶをさわるのが特に好きなのです。その後の道中、わたしの耳のなかには常にガサゴソと雑音が響くことに。会話が聞きとりづらくて仕方ありません。

「そろそろさ、耳たぶはさわらなくてもいいんじゃないかな」
「なら別れる。結婚するまえの話とちがうから」

まさかの耳たぶ離婚ですか。でも、たしかに「この癖だけは絶対に受け入れること」というのが結婚の条件の一つではありました。

「耳たぶだけ、どんどん大きくなってる気がする。さわられすぎて」
「いいじゃん。福耳になれば、お金持ちになれるよ」

「なるほどね。なら、こっちからもさわるように心がけるよ」
「やだ」

「なんで。福耳になってお金持ちになろうよ」
「そんなんでお金が入ってきたら、こんなに苦労せんわ!」

ひゃくいち あとがき
はい。すみません。

明日は第21話を書きます。

※ 一覧ページができました!→ こちら