Web事業部_クリエイティブ
Web事業部_クリエイティブ
2015.11.09

「好きになるために、すごく聞く」エンジニアでも大事にしたい“想い”がイケてるものをつくる。

まろ

こんにちは。フロントエンドエンジニアのまろCです。

今日のジョンさんの記事。読みましたか?

「今から作ろうとしているWebサイトに、コピーライターはアサインされていますか。」

同じチームでこんなに熱いディレクターがいるなんて、ぼくはすごくいい人と仕事ができているなぁと感じています。

今回は、エンジニアとして、ぼくもそういうエンジニアでありたい。
というアンサーになればいいかなと思い、記事公開後すぐにこの筆をとっています。
ぼくも同じ気持ちなんです。でもまだそこの部分って未熟すぎて一人じゃできないから、一緒にできる仲間が必要なんです!

これまで

ジョンさんと同じチームになる前、ぼくは「コンセプト」「クリエイティブ」、そして「仲間」を大事にするチームにいました。

そのチームでは、週一でコンセプトに関する勉強会もおこなっていて、そこで想いを大事にする制作の考え方が身についたと思います。

そこからいろいろあって体制が変更になるのですが、ぼくは同じように想いを大事にしている人がいるジョンさんのチームに行きたいと手を挙げました。
今回のジョンさんの記事では「コンセプト」という言葉はあまり出てきませんが、ぼくは「好きになりたい」という想いを、ひとことで表現するために「コンセプト」ということばを使います。
ジョンさんもまた「それを大事にしたい」とチームのテーマで掲げていたから、この人と仕事がしたいと感じました。

エンジニアでも大事にしたい想い

最近、新規案件のヒアリングでジョンさんに同行する機会がありました。

「好きになるために、すごく聞く」その姿勢を間近で見て

ぼくはあまりしゃべることができず、ただただジョンさんがすごいなと感じながら議事録を書いていました。ぼくも元来の人見知り。初対面の人と話すどころか、お会いすることすら苦手です。できればずっとヘッドホンでRage Against the Machineをかけて、外界をシャットアウトして仕事をしていたい人間です。

好きになるために、すごく聞く。

これを間近で感じたときに、そして記事でその望む姿勢を読み返したときに、自分も少し変えてみようという気付きになりました。

そして、

何をしている企業なのかも知らないでいきなり要件の話をするほうが、ぼくは失礼だと思う

そのとおりだと思いました。ただの押し付けになってしまっては何も解決できないなって。。

それは、技術の押し付けにも通ずると思います。いくら最新の技術で驚かせても、それだけでは意味がありません。
もちろん、そこを学ぶこと、使うことを否定しているわけではありませんが、それはただの手段だと思っています。

言いたいこと・伝えていくべきことを体現できるような表現をしていきたいなと、改めてこころを揺さぶられました。

想いから広げていく

実は、ヒアリングの件よりも前に、イベントで15分登壇しました。
「エンジニアも大切にしたい想い」というタイトルで、コンセプトが大事ですよと。新しいこと・もの・技術であふれているこの業界で、自分たちのやりたいこと、やるべきこと。それを学ぶって、だれかに伝えたい想いから広げていくことも大事なんじゃないかと。

幸いにも、この登壇を聞きに来ていたLIGの仲間たちからよかったよと言ってもらえたので、それを実行するかどうかは置いといても、その大事にしている自分の考えは大きくズレていないなと思いました。

でもまだまだ、そこに時間をかけられる環境ではないというのが、自分の感じるところです。LIGも含めてエンジニアの中にはそういう考えじゃない人もいるでしょう。
でも、ここで自分の想いを出さないとどうしようもないって思います。

イケてるものをつくるのって手段だけじゃできないから。

想いファーストでいたい

エンジニアとしてアウトプットしたものが、お客様の、ひいてはお客様が一番サイトを訪れてほしい人の五感に触れる部分になります。
結局、上から降りてきたものだけだとしたら、今のぼくらにそれ以上のことは何もできないと思います。いくら技術的なところで知識があっても。

でも、前段のコンセプトから関わっていると、より深く考えることができ、さらに「そこをやってあげたい度」もすごく変わります。
例えばホバーのアニメーションひとつとっても変わってくるでしょう。細かなところで、確実に変わっていきます。

最後に

乱文すぎて申し訳ないですし、いいことばが見つからず、押し付けるような表現になってしまいますが、出会ったときから寄り添っていたなぁと感じてもらえるようなものづくりがしたいです。

ぼくらのようにあなたのことを考えたいディレクターやエンジニアがLIGにはいます。どうかよろしくお願いします。