Web無料相談会2018冬
Web無料相談会2018冬
2015.11.02

“Why?” よりもラフ?!英語で「なぜ?」を表す “How come?” の使い方

うらら

こんにちは、英語チャンネル担当のうらら(@uraranbon)です。みなさんのハロウィンはいかがでしたか? 私はLIGで年に一度公開されるハロウィン記事に登場しました。

ハッピーハロウィン!

さて、英語で「なぜ?」と聞きたいとき、 “Why?” と言うことはみなさんもご存知かと思います。 “Why?” というのは「なんで?」「なぜ?」という意味です。

Why?
A:I don’t read newspaper usually, but I bought one today.
B:Why?

A:普段は新聞を読まないんだけど、今日はひとつ買ってみたんだ。
B:なぜ?

これだけでも十分会話として成立しますが、よりラフに「なんで?」と聞ける表現がこちら。

How come?
 

例文を見てみましょう。

How come?
A:I don’t read newspaper usually, but I bought one today.
B:How come?

A:普段は新聞を読まないんだけど、今日はひとつ買ってみたんだ。
B:なんで?

どちらも意味は同じですが、実は “How come” の方がラフな表現なのです。

では一体なぜ “How come” の方がラフな表現になるのか、少し細かいですがご説明いたしましょう。
まず、 “Why” と “How come” は、どちらもあとに続く文章が省略されています。そして、 “Why” のあとには質問文的に正しい順番で単語が続き、 “How come” のあとには、質問文的には正しくない順番で単語が続きます。

参考
Why + 疑問形(動詞+主語+目的語)
“Why did you buy a newspaper today?”

How come + 肯定形(主語+動詞+目的語)
“How come you bought a newspaper today?”

省略しない質問文を比較したときに、「ちゃんと疑問文になっている “Why” の方が正当だ」という認識なのでしょう。そのため、”Why” よりも “How come” はより砕けた印象になっています。

まあ細かいことは気にせず、友人や同僚との会話でラフに言ってみたいときは “How come?” を使ってみましょう。私もよく使っていました。 “Why?” というフレーズから脱却したい人におすすめです!

それでは、また!