【BiTT】低価格×高品質
【BiTT】低価格×高品質
2015.10.28

記事タイトルの最適な文字数とは?500シェア以上の記事から分析!

瀧澤 和也

2. 実際のWebメディアのタイトルは?

今回は、4つのWebメディアのタイトルの文字数を調査し、「上の句」と「下の句」を意識したタイトルになっているかチェックしていきます。
調査するのは、日本一PVの多いWebメディアの「Yahoo! Japan」、経済メディアでは異例の月間1億PVの「東洋経済オンライン」、博報堂の社内ベンチャーから誕生し9ヶ月で1000万PVを達成した「しらべぇ」、そして「LIGブログ」です。

Yahoo! トピックスの場合 13.5文字以内

Yahoo! トピックスのタイトルは、「上の句」をさらに短くしたものとなっており、人間工学に則った文字数といえます。人間工学の研究で、人間が1秒に読める文字数は9〜16文字という研究結果が出ています。また、雑誌や新聞のタイトル、映画の字幕なども1行あたり13~16文字になっています。

10月15日のYahoo! トピックスからいくつかご紹介します。

  • ロッテ騒動 弟の取締役解任(12文字)
  • 小6が異例の特許 ごみ箱開発(13文字)
  • 東洋ゴム 3度目不正の余波(12文字)

※Yahoo! トピックスはリンク切れが起こる場合がありますので、タイトルのみの紹介といたします。

東洋経済オンラインの場合 20〜22文字

Webメディアでは「上の句」と「下の句」を組み合わせたタイトルが多いなか、東洋経済オンラインは「上の句」だけでタイトルが成立しています。

その理由は、東洋経済の記者の取材力にあります。東洋経済オンラインを運営する東洋経済新報社は、「会社四季報」や「就職四季報」などの雑誌の販売元として有名で、雑誌に掲載する記事を書く記者が複数在籍しています。記者の高い取材力が、記事のクオリティーを担保しています。

取材力が高いと情報の取捨選択ができるので「上の句」の文字数だけでタイトルを収められているのではないでしょうか。

しらべぇの場合 30〜40文字

しらべぇの場合は、「上の句」と「下の句」をうまく組み合わせたタイトル。一番多くシェアされた記事は、Facebookだけで30000回以上シェアされています。

LIGブログの場合 30〜40文字

LIGブログのタイトルも、しらべぇと同様に「上の句」と「下の句」を組み合わせたタイトルになっています。

おわりに

SNSによる拡散で最初に目につくのは、タイトルです。

よいタイトルの例として取り上げた、東洋経済オンライン・しらべぇ・LIGブログの記事は、Facebookまたははてなブックマークで500以上シェアされた記事から厳選しました。

これらの記事が読まれた理由を推測すると、2つのポイントがありました。
1つは記事の読者が興味を持ちやすい内容であること(「マツコ・デラックス」、「路線バスの旅」など)、もう1つは具体的な数字が入っていること(「〇〇トップ100」、「〜したい5つのポイント」など)です。

東洋経済オンラインのように「上の句」だけでタイトルを成立させるのが理想的ですが、今回ご紹介したように「上の句」と「下の句」をうまく組み合わせればSNSでの拡散が狙えます。

今回の記事がメディア運営の参考になれば幸いです。

01

  • 1
  • 2