Web無料相談会2018冬
Web無料相談会2018冬
2015.11.05

スマホの料金高くない?もっと節約できる10のテクニック

けんじ

はじめまして、ガジェット好き外部ライターのけんじ(@PCjozu)です。

突然ですが、スマホの月額料金が高いと思ったことはありませんか?
最近では「通話し放題」のプランが登場し、通話をたくさんする人にとってはだいぶ安くなったと思います。ただ、結局合計で月8,000円前後ほどかかる場合が多いのではないでしょうか。

アプリを使ったりパケット量を節約したりすることで、スマホの月額料金はもっと安くなります。そこで、今回はスマホをオトクに使うための10のテクニックを紹介したいと思います。

1. 通話料が半額になるアプリで節約

docomoは、月額2,700円の「通話し放題」がスマホの基本プランになりますが、auとSoftBankは月額約1,000円のプランを選ぶことができます。特にSoftBankの月額934円のホワイトプランは、SoftBank同士の通話が無料(21時~1時は除く)になるので、大変お得ですよね。

しかし、電話をそんなに使わない人にとっては「通話し放題」なんて必要ないですし、LINEなどの無料通話アプリで充分だったりします。もし電話をかける場合でも、通話料が半額になるアプリを使うことで、通常は20円/30秒なのが10円/30秒になるなど通話料を節約できます!

「楽天でんわ」で通話料が半額に

楽天でんわ  電話アプリ

「楽天でんわ」というアプリを使って電話をかけることで、通話料が半額になります。IP電話とは違って、通常の電話回線が使われるので、通話品質が悪くなることもなく、相手にも自分の電話番号が表示されるので安心です。

また、通話料は「楽天でんわ」に支払うことになるので、通話料100円につき1ポイントの楽天スーパーポイントが貯まり、さらにお得になります。
ただ、「楽天でんわ」を通した通話は全て10円/30秒になってしまうので、ホワイトプランの通話無料や家族間の通話無料も有料になってしまいます。その場合には、「無料通話リスト」を作ることで、「楽天でんわ」を通さずに通話ができるようになります。

2. 「ライトプラン」を利用して月額料金を節約

通話料を少しでも安くしたいという方は、「通話し放題」のライトプランにするという方法もあります。docomoやau、SoftBankなどの大手キャリアは2015年9月から、月額1,700円で5分以内の通話が、回数制限なく無料になるプランを発表しました。
これにより、月額料金が安くなる……と思いきや、docomoとSoftBankはデータパックが5GB以上のものが対象になります。

auだけが3GBのプランから対象ですので、月額料金が下がります。データパック5GBプランを使っている方は、料金を安くすることができますね。

docomoの場合(例)

カケホーダイ:2,700円
spモード:300円
データSパック(2GB):3,500円
合計:6,500円/月

カケホーダイライトプラン:1,700円
spモード:300円
データMパック(5GB):5,000円
合計:7,000円/月

auの場合(例)

カケホ:2,700円
LTE NET:300円
データ定額2(2GB):3,500円
合計:6,500円/月

スーパーカケホ:1,700円
LTE NET:300円
データ定額3(3GB):4,200円
合計:6,200円/月

SoftBankの場合(例)

スマ放題:2,700円
S!ベーシックパック:300円
小容量(2GB):3,500円
合計:6,500円/月

スマ放題ライト:1,700円
S!ベーシックパック:300円
標準(5GB):5,000円
合計:7,000円/月

3. 通信量が50%削減されるアプリで節約

多くの人が、通信量(パケット量)は月に3GB以内で済んでしまうという統計があるようです。2GBの次は5GBのプランしかないため、5GBプランを使っている人も多いのではないでしょうか。
そこで、通信量削減アプリを使って、月に2GBのプランで抑えてしまいましょう! そうすると、月額約1,500円も下げることができます。年間にしたら18,000円も安くなるんです!

通信量の削減は「Opera Max」というアプリがおすすめです。

「Opera Max」で通信量を削減

スマートフォン用 Opera Max のダウンロード   Opera

このアプリは画像やテキストなどを圧縮し、全アプリの通信量を削減することができます。ただ、アプリによっては正常に動作しなくなってしまうこともあります。そこで、圧縮(容量削減)対象から該当のアプリをはずすこともできるようになっています。

また、圧縮率は初期状態では「高」に設定されており、写真が粗くなる場合もあります。そうした際は、圧縮率を変更しましょう。圧縮率を下げると、その分、通信量の削減量も減ってしまうので要注意です。
他にも、このアプリではアプリ毎の通信を制限でき、アプリの広告などもシャットアウトしてくれます。これにより無駄な通信費をさらに削減することができます。

4. 無料のWi-Fiスポットを利用して節約

上の通信量を削減するアプリと合わせて、外出先では無料のWi-Fiスポットも利用しましょう。docomoやau、SoftBankなどの大手キャリアでは、カフェや駅、ホテルなどの場所で、Wi-Fiスポットを解放しています。Wi-Fiスポットを利用することで、通信量を消費せずに、無料でインターネットを楽しむことができます。

他にも、セブンイレブンやデニーズなどで無料でWi-Fiが使える「セブンスポット」や、「スターバックスWi-Fi」、「FREE SPOT」などいくつかのサービスがありますので、利用してはいかがでしょうか。

5. 家のインターネット回線を利用して節約

自宅では、スマホを家のインターネットに繋げることで、通信量を消費せずにインターネットを利用することができます。家のインターネットに繋げるためには、以下のことが必要になります。

  • 自宅でのインターネット契約
  • Wi-Fiを利用できる端末(無線ルーター)

自宅でインターネットの契約をしていない場合には、この方法は使えません。
無線ルーターは家電量販店などで3,000円~10,000円くらいで購入することができます。この無線ルーターを家のインターネット回線に接続し、スマートフォンで設定すると完了です。
バッファローというメーカの機械は、簡単に設定できる機能がありますので、機械ものに弱いという方はそちらを利用してみてはいかがでしょうか。

スマホからPush!&Tap!で始まるWi-Fiインターネット バッファローのAOSS2 設定手順

  • 1
  • 2