【BiTT】低価格×高品質
【BiTT】低価格×高品質

Pepperでハッカソン!「LIG Pepper Hackathon vol.1」を開催しました

あき

18:00 ついに発表の時間!

約5時間の開発タイムを経て、18時に各チームの成果発表が始まりました。

じゃんけんで発表の順番を決め、ハウスキーパー チームParty Pepper チーム受付ペッパーリョージュ チームとなりました。

ハウスキーパー チーム

一番手のハウスキーパー チームの発表です。私はこのチーム所属でしたので、発表者として登壇しました。

発表当日に実際使用したスライドを交えてご紹介します。

「ハウスキーパー」チーム
ご家庭をもつお母さんにとって、朝は「戦争」です。
旦那さんとお子さんの出勤・通勤準備で慌ただしく追い込まれ、細かな気配りをしている余裕もありません。
そんな忙しいお母さんを、Pepperがサポートします。
今日の天気予報や交通情報をオンラインで取得し、その場でお伝えします。

001

002

チーム内に主婦の方がいらっしゃったので、実際にお話を聞きながら朝のタスクの洗い出しをおこないました。

 

003

ご家庭をもっている方だけでなく、忙しい社会人の一人暮らしという目線からも切り出しをおこなった結果、こんなに多くのタスクが……。

当初は「朝に今日のスケジュールを読み上げてもらう」機能を実装する予定でしたが、APIの取得に思った以上に手こずってしまい、実装することができませんでした。

Party Pepper チーム

次はParty Pepper チームのプレゼンテーションです。スライドでPepperの本音が語られます。

「Party Pepper」チーム
「やぁ、みんな! ぼく、ペッパー!
”人によりそい、あなたを笑顔に”をコンセプトに、
世界中のみんなに笑顔を届けるために生まれたヒト型ロボットさ。
”みんなを笑顔に”
”家族を笑顔に”
でも知ってる?
ニコニコし続けるのも楽じゃないんだよ?
ロボットにだってぶっ飛びたい時があるんだ……
そんなロボットに捧ぐぜ。それが今回のアプリだ。
その名も……Party Pepper!!」

_AKI3272

Pepperが人を感知すると、「Are you Ready?」と語りかけます。「Hey Pepper!」と答えると、「Party People!(パーリーピーポー!)」と喋りながら、音楽を流して踊り始めます! 胸のタブレットには映像が流れます。

 

_AKI3283

「Party Pepper」チーム
Pepperの普通は使われなさそうだけど、本当は役立つ使い方」を考えてみました。「人間がやったらおもしろくないけど、ロボットがやったらおもしろいこと」を目指してアプリを開発しました。

今後は、

  • 声をかけると曲をかえてくれる
  • 会場の雰囲気を読み取り、音楽を変える
  • 音楽の内容にあわせて、関連する画像・動画を表示する

など、「ロボットダンス」部分の強化を展望しています。

受付ペッパーリョージュ チーム

最後は受付ペッパーリョージュ チームの発表です。

「受付ペッパーリョージュ」チーム
現代では、宅配便の再配達が「社会的損失」となっており、深刻な問題となっています。そこで我々は、Pepperを使ってこの問題を解決できないかと思い、アプリを開発しました。

その名も、「宅配便受け取りロボット」です。

_AKI3339

Pepperが配達員の顔を認識すると、家主に代わって荷物の受け取りをしてくれます。スマートフォンのテレビ電話に繋いで対応したり、家主が不在の場合は事前に配達員にお知らせする機能も!

操作は簡単。胸のタッチパネルに表示されている、「宅配」のボタンを押すとPepperが顔認証をおこないます。認証されると、暗証番号の入力が求められますので、任意の番号を入力します。入力が完了すると宅配ボックスのロックが解除され、荷物を入れるようPepperが指示します。

 

_AKI3372

作業を終えると、Pepperから「ありがとう」という感謝の言葉が!

「荷物受け取り」機能だけでなく、「天気予報」の機能も搭載されています。

胸のタッチパネルに表示されている「天気」のボタンを押すと、画面に天気予報が表示されます。もし降水確率が高い場合は、Pepperが傘を差し出してくれます。

「受付ペッパーリョージュ」チーム
Pepperにしかできないコミュニケーションはなんだろう?」と考えた結果、この機能に至りました。
今後は「家族の顔を認識して、家族に応じた傘を持ってくる」ようにしたいです。
傘の収納場所をあらかじめ決めておき、朝の時点でその日の天気予報が雨であればPepperがその場所まで傘を取りに行くように開発します。

20:00 グランプリを発表!

今回のハッカソンの進行役であるのびすけより、グランプリが発表されます!

_AKI3401

グランプリはParty Pepper チーム

見事グランプリを獲得したParty Pepper チームには、河田さんより「Pepper マグカップ」「Pepper ボールペン」「Pepper 開発ガイドブック」の3つが景品として授与されました。Party Pepper チームのみなさま、おめでとうございます!

 

_AKI3435

審査員を代表して河田さんより、今回のハッカソンの総評をいただきました。

河田さん
3チームとも優れたアプリで、どれをグランプリにするか非常に悩みましたが、今回の審査基準を振り返った時に「Party Pepper」が一番適している内容でした。
他チームのアプリも完成度やアイデアが良かったので、今回のハッカソンのみならず今後もアプリの開発を継続してほしいです。
もっとブラッシュアップすれば、どのアプリも「Pepper App Challenge 2015 winter」で決勝に残ることができると思います。

 

_AKI3439

最後は参加者みんなで集合写真を撮りました。ご参加いただいたみなさま、本当にありがとうございました! 次回の開催も検討しているので、その際もぜひご参加ください!

「Pepper App Challenge 2015 winter」に応募しませんか?

冒頭でもご初回させていただきましたが、今回のハッカソンでは、「Pepper App Challenge 2015 winter」に応募できるようなアプリを、模擬演習として開発することを目標にしていました。こちらのコンテストは締め切りが10月31日とかなり間近に迫っていますが、みなさんもぜひ参加してみませんか?

004

開催スケジュール
応募受付締切:2015年10月31日(土)21:00
決勝進出作品発表:2015年11月上旬
決勝審査・表彰式:2015年11月28日(土)ベルサール渋谷ガーデン

最優秀賞を受賞された方には、なんと賞金100万円! 共通受賞特典として、「ロボアプリストアでの一般公開検討」「ロボアプリプロモーション動画の制作・公開」「限定Pepperグッズプレゼント」があります。

弊社からものびすけ店長・あきの3名でアプリを開発して、実際にコンテストへ応募します。

みんなで一緒にPepper開発ができれば嬉しいです! それでは、最後まで読んでいただきありがとうございました。

  • 1
  • 2
3 0 0 0