SUPってなに?
SUPってなに?
2015.10.21
VOL.12
長野より愛を込めて

長野の湖畔から「新しい働き方」に挑戦したいWebデザイナー募集!

のっち

長野チームの生活

では実際わたしたちが普段どのように長野を楽しんでいるのか、写真と一緒にお伝えしちゃいます!

朝10時 野尻湖オフィスに出社

1

ここがわたしたちの働く野尻湖オフィス。水の上に建っています。広さは大体8名が入れるほどの大きさ。外のテラスも使用可能です。

 

2

出社後は東京本社とのオンライン朝会、チームでのミーティングをします。

 

4

野尻湖オフィスを管理している方の飼い犬が来てくれることもしばしば。座りっぱなしの体をリフレッシュさせるために、お散歩にいくこともあります。

お昼はゲストハウスLAMPへ

16

徒歩10分圏内にはLIGが運営する「ゲストハウスLAMP」があるので、よくみんなで食べにいきます。LAMP内にもWi-Fiが飛んでいるので、こちらで仕事をすることも。

 

5

写真は支配人の堀田さん。LAMPシェフのマメさんの絶品ランチを食べられます。

天気が良い日はお昼休みにSUPやカヌー、湖上会議も

9

野尻湖オフィスのすぐ側に浮かぶ、パワースポットとして有名な島「琵琶島」にもカヌーで渡れます。10分くらいなので、腹ごなしに最適。

 

13

板の上に立ち、バランスをとりながら水の上を進むスポーツ「SUP」の用具を無料で借りることができます。写真はLAMPスタッフのユウくん。

 

10

こちらは湖上会議中の風景。風の音と水のチャプチャプという音しかないのでとても集中できます! 夏場は最高ですね!

社員寮はオフィスから徒歩5分圏内

ie

一戸建ての社員寮「野尻湖シェアハウス」の家賃は、光熱費込みでひとり月1万円。野尻湖オフィスからは徒歩5分ほどです。

 

11

わたしのっちの6畳の部屋。元は畳の部屋でしたが、一軒丸ごとDIYが可能なので、壁を塗ったり絵を描いたりと勝手にカスタマイズしちゃいました。

夜は驚くほど満点の星空が

野尻湖では、晴れた日に「嘘でしょ?」と思わずつぶやいてしまいたくなるような、満点の星空を味わうことができます。

15

こちらは夜のゲストハウスLAMP。天の川や流れ星を見ることも。

今回紹介したこと以外にも

  • 仕事終わりにいろんな温泉を楽しめる
  • 絵はがきのように、くっきりと移り変わっていく四季を味わえる
  • 季節に合わせたアクティビティを楽しむことができる
  • 農家の方から見たこともないような野菜をもらえる

など、クリエイティブを刺激してくれそうな要素がたくさん!

長野の湖畔から「新しい働き方」に挑戦したいWebデザイナー募集

いかがでしょうか。田舎で働くということは、もちろん良いことばかりではありませんが、都会では味わうことのできないような経験や仕事で溢れています。ぜひ「新しい働き方の革新を起こしていきたい!」と思ってくれる方がいれば、わたしたちに力を貸してほしいです。

>>>長野チームデザイナーへの募集はコチラから<<<

それでは、また♩

  • 1
  • 2