マズくて病みつきB級グルメ・ローメンって?アルプスに囲まれた「伊那市」が今おもしろい!

宮﨑大輔


マズくて病みつきB級グルメ・ローメンって?アルプスに囲まれた「伊那市」が今おもしろい!

みなさん、こんにちは! ただいまベネズエラにきています、ライターの宮﨑大輔(@jiburi) です。
今回はベネズエラの話……ではなく、僕の出身地である長野県について。

突然ですが、皆さんは長野県へ遊びに行くならどこへ行きますか?
善光寺で有名な長野市や松本城がある松本市、アウトレットモールがある軽井沢町へ行きたいという人が多いのではないでしょうか。

確かに長野市、松本市、軽井沢町は人気の観光スポットです。
しかし、長野県各地に25年間暮らした私がおすすめしたいのは、長野県伊那(イナ)市! ここにはコワーキングスペース・ゲストハウス・アウトドアイベントなど、面白い動きが活発で長野市や松本市に負けない魅力があります。

それなのに、伊那市の知名度は低く、観光客が少なくて……。
ということで今回は、長野県伊那市の魅力をご紹介したいと思います!

伊那市ってどこにあるの? 何が有名なの?

伊那市が長野県のどこに位置しているか、ご存知ですか?

実は伊那市は、長野県民でもどこにあるのかわからない人が多い土地なのです(笑)
長野県の南部、中央アルプスと南アルプスに挟まれた伊那谷に伊那市はあります。

虫を食べよう!イナゴ・蜂の子・ザザムシ

伊那市名物と言えば、イナゴ・蜂の子・ザザムシという昆虫食。町のスーパーやお土産屋なら、どこでも瓶詰の虫が売っています。

さらに季節になると、直売所には生きたイナゴや蜂の子も並びます。

B級グルメ・ローメンはマズくて病みつきに!

もう一つの名物が、「マズい!」と評判のB級グルメ、ローメンです。

焼きそばのような見た目ですが、羊肉と蒸し麺とニンニクを使っていて、自分でソース・酢・ごま油をかけていただきます。
伊那市にはおよそ90軒のローメン屋があり、焼きそば風やスープ風など、一軒一軒微妙にスタイルが違うのが特徴です。「マズい!」と評判の名物料理ですが、3回以上食べると病みつきになるので、ぜひ試してみてくださいね(笑)

ここまでの情報で、「伊那市ってなんか古臭い!」と感じた人もいるかもしれません。ここからはそんなイメージが覆されるような、伊那市の新しい動きをご紹介しましょう。

未来を変える!コワーキングスペース「DEN」

伊那市には、なんと『SOCIAL COWORKING DEN』というコワーキングスペースがあるんです! そのコワーキングスペースを運営しているのは、デザインファーム『THE APP BASE』さん。

THE APP BASE(株)は、長野/東京の2拠点で活動するデザインファームです。
クリエイティブディレクター、デザイナー、建築家の視点から「課題の本質」を見極め、クリエイティブディレクション&デザインアウトプットをご提案致します。

引用元:THE APP BASE
http://www.the-app-base.com/

THE APP BASE(株)の代表取締役は佐藤 駿さんで、取締役は株式会社サムライインキュベート代表取締役の榊原健太郎さんと株式会社ブルームコンセプト代表取締役 小山龍介さん。Webサイトやスマホアプリ、LINEスタンプに関して、企画からデザインまでを行っている企業です。


http://www.the-app-base.com/

佐藤さんは東京で設計事務所など建築の仕事をしていましたが、東日本大震災を機に価値観が変わり、地元の伊那市へ移住し起業することを決意しました。

現在は東京と伊那市の2拠点生活を行い、仕事ではコアとなるデザイナーを中心にしてメンバーを固定しないプロジェクトチーム制を導入し、まさに新しい働き方・生き方を実践されています。

SOCIAL COWORKING DEN

THE APP BASEが運営しているコワーキングスペースが、『SOCIAL COWORKING DEN』。伊那市駅前商店街にあるビルの3階にあります。

中に入ってみると、室内なのになぜか人工芝が敷かれ、オシャレな雰囲気です。

こちらが代表取締役の佐藤さん。

この日はコワーキングスペースの利用者と将棋をさしていました。佐藤さん曰く、「将棋と会社経営は似ている!」とのこと。

コワーキングスペースDENに行くと、佐藤さんともれなく将棋がさせますよ!

ドロップイン利用者は、なんと無料でコワーキングスペースを使えます!


SOCIAL COWORKING DEN
長野県伊那市西町4881-11 春日ビル3F

未来の選択肢を共有するメディア『THINK FUTURE』も運営


http://miraie-future.net/

THE APP BASEは、『THINK FUTURE』というWebメディアも運営しています。これは THE APP BASE を起業し、SOCIAL COWORKING DEN を立ち上げた佐藤さんの想いが集結したメディアだそう。

未来とは何だろう?

それはあなたや僕の生き方だろうと思う。

未来の社会はもっと自然を大切にしていてほしい、そう願うあなたは明日からミニマムライフを実践するかもしれない。

やっぱり食が基本だと気づいた人は、いつか畑を耕していても不思議じゃない。

いろいろな人たちが選択する生き方の集積が、未来の社会を形作る。

「未来をともに考えていこう」それがTHINK FUTUREのテーマ。

引用元:THINK FUTURE about
http://miraie-future.net/about/

「当たり前を少しずらす、未来の選択肢を共有する」をコンセプトとしたWebマガジンで、佐藤さんをはじめ複数のライターが記事を執筆しています。

カテゴリは「HOUSE」「TECH」「FOOD」「FEATURE」の4種類で、およそ250本の記事があります。人気の記事はこちら。

【高城剛氏トークライブ】旅は、人を幸せにするのか?イベント書き起こし
原付扱いのレジャー向けミニジープ「Big Force」が心踊る!
【未来に伝えたい】古くて新しいサスティナブルライフ!臼井健二氏

こんなにクリエイティブな人が、伊那市で活躍しているなんて知っていましたか?
THINK FUTUREはこれからますます注目を集めそうなメディアです。

集える場所を!ゲストハウス赤石商店

次にご紹介するのは、伊那市東春近でゲストハウス開業を予定している赤石商店さん。

運営しているのは、埋橋(うずはし)さんご夫婦。真ん中にいるのが埋橋さんで、左の女性は改装作業をしているボランティアの方、右が筆者です。

沖縄のゲストハウス『びらふやー』で開業を決意!

埋橋さんご夫婦は東京で働いていましたが、沖縄県伊良部島にあるゲストハウス『びらふやー』に宿泊した際に宿の雰囲気に感動。ゲストハウスを開業するために、奥さんの地元・伊那市へUターンしてきました。

ゲストハウスを開業すると決めてから、奥さんは商いと調理を学ぶために東京のカレー屋・パン屋・ビーガン(菜食主義者)料理専門店で修業をされたそうです。

東京のゲストハウス『toco.』&『Nui.』・諏訪のマスヤゲストハウスがサポート

ゲストハウスに改装中の物件は、もともと埋橋さんのおばあさんが住んでいた蔵付きの一軒家。改装作業は奥さんと大工さん、そしてボランティアスタッフが中心で、少しずつ進めています。

昔「ゲストハウスを作りたいけど、何をしたらよいのかわからない……」と困ったときには、東京の人気ゲストハウス『toco.』『Nui.』を経営しているBackpackers’ Japanさんへご相談に行かれたそう。また、『toco.』で修業を積まれて諏訪市で『マスヤゲストハウス』を開業されたオーナーさんも、赤石商店さんで改装のお手伝いをされているとのこと。

たくさんの方のサポートを受けながら、開業へ向けて一歩ずつ進んでいます。

現在は民家をリノベーション中です

2015年の4月から改装工事を着工し、10月末の完成を目指しています。

ゲストハウス開業のための鬼門である用途変更の許可はすでに下り、現在は旅館業と飲食業の資格を取得準備中です。楽しそうな改装作業の様子は、赤石商店のブログから見ることができます。

こちらが改装中の飲食スペース。
飲食スペースはレストランなみに広く用意されており、ビーガンにも対応した料理を提供する予定です。

こだわりの流し台。「学校の水道っぽさを出したかった」という想いがあるそう。とてもいい雰囲気ですね。

宿泊部屋の構造にも「ある一工夫がなされている」とのことで、気になる方は開業後にぜひ泊まりに行ってみてください!

他にも、「ゲストハウス以外にも、庭の蔵を利用してクリエイター向けのアトリエやDJスペースも作りたい。子どもを持つママさんたちの憩いの場にもなってくれたら」と計画を語ってくれました。

赤石商店というゲストハウスらしくないネーミングには、ゲストハウス以外の機能も持たせたいという想いが含まれてます。伊那市観光の拠点として、ぜひ利用してみてはいかがしょうか?

大自然を満喫!アルプス & 伊那谷アウトドアフェス

次は、イベントのご紹介です。

9月27日、伊那市の創造館で「アルプス & 伊那谷アウトドアフェス」が開催されました。このイベント、なんと入場料は無料!

主催は『ASTTAL』で、ASTTALとは「A STEP to THE ALPS(アルプスへの一歩)」の略。

日本に3つしかないアルプス。その周辺地域の中でも2つのアルプス(中央アルプス・南アルプス)に囲まれている街は日本で伊那谷だけです。

山と自然に恵まれた伊那谷ならではのライフスタイルを発信することで、全国に向けた「心豊かに暮らせる伊那」のイメージの確立を目指します。

引用元:ASTTALのビジョン
http://asttal.com/concept/vision/

伊那市は中央アルプスと南アルプスに挟まれた伊那谷にあり、登山者にとってアルプスへの玄関口になっています。そんなアルプスと伊那谷のアウトドアの魅力を伝えることが、このフェスの目的。

「アウトドアの魅力と伝える体験アクティビティ」と「伊那谷の食文化を楽しむ飲食ブース」を用意しています。

アウトドアの魅力を伝える体験アクティビティ

アウトドアの魅力を伝える体験アクティビティでは、

① クライミングウォール
② ロープを使った木登り
③ スラックライン
④ ストライダー
⑤ ジュニアバイク
⑥ 野外遊び
⑦ キャスティング

を用意しています。

※ 写真は昨年のフェスの様子です。

伊那谷の食文化を楽しむ飲食ブース

伊那谷の食文化を楽しむ飲食ブースでは、蕎麦粉を使ったガレットや伊那市産リンゴを使ったシードル、鹿肉などの地元産ジビエ料理、そして伊那谷の酒米とアルプスの雪解け水で仕込んだ地酒などを用意しています。

年々パワーアップした内容になっていますので、ぜひ来年は伊那市のアルプス & 伊那谷アウトドアフェスへお越しください!


アルプス & 伊那谷アウトドアフェス
開催地:伊那市創造館(長野県伊那市荒井3520)

まとめ

今回ご紹介した場所以外にも、間伐材を利用したブロックを使った KEESプロジェクト や 鹿肉料理の宿ざんざ亭 などなど、伊那市にはちょっと変わった素敵なお店がたくさんあります。

長野県へ遊びに行くときは、長野市や松本市だけでなく、ぜひ伊那市まで足を伸ばしてみてくださいね!

以上、宮﨑大輔(@jiburi)でした。

宮﨑大輔
この記事を書いた人

この記事を読んだ人におすすめ