ゲームの未来をみたPlaystationVR体験レポート #TGS2015

しょごたん


ゲームの未来をみたPlaystationVR体験レポート #TGS2015

こんにちは、エンジニアのしょごです。

東京ゲームショー2015の取材へすがりつくように同行させていただきました。
プレスとして参加の申請をすると「ビジネスデイ」と言われる、業界向けの出展日に参加できるようになります。ゲームファンとしてはこのビジネスデイに一度は参加してみたいという野望があったんです。。

今年の目玉はVR!PlayStationVRに大注目

PlayStation®VR   プレイステーション® オフィシャルサイト

先日SCEJA Press Conference 2015にてPlaystation用のヴァーチャルリアリティシステムである「Play station VR」が発表されました。
それまでは「Project Morpheus(プロジェクト モーフィアス)」と呼ばれていましたが、正式に「Play station VR(以下PSVR)」と名づけらたようですね。

そんなPSVRが今年タイトルを増やして試遊できるということもあり、早速試してきました。

ゴーグル型実機の装着感。眼鏡でもOK?

DSC_0108

見た目に反して、装着した感じはスキーのゴーグルのようなフィット感で、重さもそこまで気にするほどではありませんでした。
眼鏡をしたままの装着も可能なのか、映像にブレは生じないかとなどの不安もあったものの、モニター周りは意外と幅広く設計されていて、眼鏡をしたままでも自然に装着ができました。

DSC_0120

映像に関しても特に違和感なく、眼鏡のフレームへの干渉が少なく耳の上が痛くなる心配もなかったです。

いよいよ試遊!ホラーゲーム「KITCHEN」

今回試遊したのは、ホラーゲームの「KITCHEN」でした。実機を装着すると、まさにホラーの世界を絵に描いたような光景が広がります。

DSC_2069

首を横に向けると、まるで実際にその世界にいるかのように部屋の内部が見渡せます。こ、これがVRか。。。!
さらにヘッドフォンも装着すると、完全にその世界に迷い込んだような感覚です。

椅子に固定された状態で突如始まる惨劇

ゲームの舞台は暗い廃屋。どうやら椅子に座らされ、手首は紐のようなもので固定されて動けない状況のよう。
目の前にはスーツを着た男性が横たわっていて、ウチが動いた物音で身体を起こし始めました。そして、ゆっくりと立ち上がると、ふらつきながら移動して床に置かれていた大きな包丁を手に取ります。

刺してくるのか?!と思いましたが、ゆっくりこちらに近づくと、おもむろにウチの手首をしばっている紐を切り始めました。
どうやら助けようとしてくれてるらしくて一安心。しかしなかなか切れず、ギコギコのこぎりのように包丁を動かして、なんとか一本ずつ切っていく・・・。

そのとき突然、部屋の奥から黒髪の女性が奇声をあげて登場し、笑い声を上げながら男性を包丁で貫く!!

「うわああああ、なにいいい?!!」

DSC_2078

コンパニオンさんの「はーい終了でーす、いかがでしたかー?」という声が聞こえても、ウチはもう死んでいる状態でした。
涙がちょちょぎれ、体は震え、少し経ってから我に返り、あぁ生きてるってすばらしいと安堵の声が漏れました。。

恐ろしいほどの臨場感と没入感

安堵するとくさん

正直、舐めていました・・・。
バーチャルではあるけども、その世界への没入感はすさまじく、展開される情景の臨場感は今まで体験したものとは比べ物になりませんでした。

今回はたまたまホラーゲームだったので、おぞましい雰囲気や恐怖の演出で震え上がりましたが、自動車や戦闘機、ロボットモノに乗り込むようなゲームなら今までで体験できなかった疾走感や爽快感などが得られるんでしょうね。

さいごに

もうアレはとりあえずやっとけ!と全力でオススメできるシステムです。

またVRといえば、今年のゲームショウでは「Oculus Rift」を用いたゲームコンテンツの展示が多いようでした。今後も各社が続々とVRを使ったコンテンツを開発しているようなので、続報が期待されます。

皆さんも機会があればVRを体験してみてはいかがでしょうか。

それではまた。

しょごたん
この記事を書いた人
しょごたん

バックエンドエンジニア

関連記事