GOODTABLE鎌倉オープン
GOODTABLE鎌倉オープン
2015.09.16
VOL.3
長野より愛を込めて

「ナガノアウトドアフェス2015」注目のアクティビティ5つを体験しました(追記あり)

のっち

フェスでオススメのアクティビティのご紹介

実際に人気のアクティビティを体験してきました!

スタンドアップパドル・サーフィン(SUP)

sup1

こちらがスタンドアップパドル・サーフィン、通称「SUP」です。
普通のサーフボードに見えますが、SUPはこの上に立って、パドルで漕いで進む珍しいウォータースポーツなんです。
sup6

始めはこんな感じで膝立ちでバランスを取っていきます。
ちなみに何も知らない私はスカートでやっていますが、バランス感覚に自信がある人だけにしましょう。確実にパンツが見えます。
sup3

安定したら、そのままボートの上に立ち上がります。これがSUPの基本姿勢です。
バランス感覚のない私に、手取り足取り付きっきりで教えてくれたのは、SUPを貸してくださったアウトドアブランドPEAKS5の河野さん。教え方も丁寧でありがたかったです。しかもイケメンでした。
sup4

そのまま左右交互に漕いでいきます。サーフボードは軽い素材でできていて波の抵抗がそんなにないので、女の子1人でも楽々パドルを漕ぐことができます。立ち上がるまでがドキドキしますが、立ててしまえば割と安定していました。
sup5

陸からの「パンツ見えるぞ」コールに思わず笑う私。フェスでは絶対にレギンスを履こうと誓いました。

SUPポイント
初心者でも比較的気軽にできるスポーツ。水に濡れる可能性があるので、濡れても良い格好で行いましょう。スカートの人は下になにか履きましょう。

カヌー

boat6

誰もが名前を知っているカヌーですが、私含めやったことがない方は多いのではないでしょうか。こちらにもチャレンジさせていただきました。
ひとり乗りカヌーに挑戦していきます。さきほどイケメンと触れ合ったばかりなのでものすごくご機嫌。
そんな私にカヌーを教えてくれたのは、、
boat5

おなじみ、野尻湖ゲストハウスLAMPの支配人堀田さんでした。
「こうやって肘が90度になるようにパドルを持つんやで」
イケメンインストラクターへの期待値が高かったぶん、降下角度も凄まじいです。全く耳にはいっていないせいか、腕が全く90度になっていません。
boat4

足から乗ってしまうとバランスが取りづらくひっくり返ってしまうので、お尻から先に乗っていきます。
「乗るときパンツ見えるで」というセクハラを受けながらも、慎重にお尻を落としていきます。お尻がはまったら足を前方に伸ばし、パドルを漕いで水の上に繰り出します。
boat2

こんな感じに。素材が軽く波の影響は受けやすいですが、足でしっかりとカヌーが固定されているので「怖い!ひっくり返りそう!」という感覚はありませんでした。
boat3

始めのうちはクルクルと回転してしまい難しいですが、10分も漕いでいると力を入れなくとも思った方向へ自然と進むようになります。
力はほとんど必要がないですが、疲れたら漕ぐのをやめても大丈夫なので、自分のペースでたのしめます。
boat1

降りるときは、カヌーの後方に腰掛けてから足を抜きます。話を聞かずに足から抜くと、バランスを崩して転ぶので注意しましょう。
写真は話を聞かずに足から降りようとして全く降りることができない私です。

カヌーポイント
よほどのことがない限りひっくり返らないので落ち着きましょう。力はあまり必要ないので、体力に自信のない方でも気軽に楽しめるのでおすすめです。