• LIGの広告成功事例
WEB

WordPressでコメントやリビジョンなどの機能を削除・停止するときに使うプラグイン5選

WordPressでコメントやリビジョンなどの機能を削除・停止するときに使うプラグイン5選

こんにちは、段田です。

今回は、WordPressで使わない機能を停止させるプラグインをテーマに紹介します。
使う場面は限られると思いますが、必要になったときに参考になれば幸いです。

1. ビジュアルモードを停止するプラグイン

WordPress › Disable Visual Editor WYSIWYG « WordPress Plugins

「Disable Visual Editor WYSIWYG」は投稿画面のビジュアルモードを停止できることができるプラグインです。
このプラグインを使うと、下の画像のようにビジュアルモードが消えて、テキストモードのみが利用できるようになります。

v1_2

手順

  1. プラグインファイルをダウンロードして、pluginフォルダに設置する。もしくはプラグイン新規追加画面からインストール。
  2. 管理画面のプラグインページから「Disable Visual Editor WYSIWYG」を有効化にする。
  3. 投稿画面のサイドバーに「Visual Editor」項目があるので、「Disable for current post」「Disable for all posts of this type」をお好みでチェックして、保存する。
visu2

※「Disable for current post」は開いている投稿画面の投稿タイプに適用。「Disable for all posts of this type」はすべての投稿タイプに適用。

上記手順でビジュアルモードが使えなくなります。

2. コメント機能を停止するプラグイン

WordPress › Disable Comments « WordPress Plugins

「Disable Comments」は、コメント機能を停止できることができるプラグインです。全コメント機能停止のほか、投稿・固定ページ・メディア別で停止することもできます。

手順

  1. プラグインファイルをダウンロードして、pluginフォルダに設置する。もしくはプラグイン新規追加画面からインストール。
  2. 管理画面のプラグインページから「Disable Comments」を有効化にする。
  3. 管理画面の設定「Disable Comments」項目を開き、「Everywhere」「On certain post types」をお好みでチェックして、保存する。

dc2

※「Everywhere」は全コメント停止。「On certain post types」は指定の投稿タイプに適用。

3. リビジョン機能を停止するプラグイン

WordPress › Revision Control « WordPress Plugins

「Revision Control」は、リビジョン機能(記事の変更履歴)を停止・制限できるプラグインです。

手順

  1. プラグインファイルをダウンロードして、pluginフォルダに設置する。もしくはプラグイン新規追加画面からインストール。
  2. 管理画面のプラグインページから「Revision Control」を有効化にする。
  3. 管理画面の設定「リビジョン」項目を開き、各投稿タイプのリビジョン数を制限もしくは保存しないを選択して、保存する。

4. ユーザ一覧ページを停止

WordPress › Remove Author Pages « WordPress Plugins

「Remove Author Pages」は、ユーザ一覧ページを停止できるプラグインです。サイトで利用することがなく、表示させたくない場合に利用するといいかもしれません。

手順

  1. プラグインファイルをダウンロードして、pluginフォルダに設置する。もしくはプラグイン新規追加画面からインストール。
  2. 管理画面のプラグインページから「Remove Author Pages」を有効化にする。

※有効時は404ページにリダイレクトするだけなので、任意のページに転送はできません。

5. 新規ユーザ登録時のメール送信を停止するプラグイン

WordPress › Disable Visual Editor WYSIWYG « WordPress Plugins

「Disable New User Notification Emails」は、新規ユーザを登録したときに、新規ユーザのメールアドレスにアカウント登録を知らせるメールが送信されるかと思いますが、それを停止するプラグインです(基本この機能は使うと思うのですが)。

こちらは、サイト制作の際に不必要と機能要件で決まっている場合のみ利用するのがいいでしょう。

手順

  1. プラグインファイルをダウンロードして、pluginフォルダに設置する。もしくはプラグイン新規追加画面からインストール。
  2. 管理画面のプラグインページから「Disable New User Notification Emails」を有効化にする。

さいごに

いかがだったでしょうか?
受託で制作する場合は、お客様の要望で特定の機能を停止することがあるので、今回紹介したプラグインがその要望にマッチしていれば使ってみてください。

紹介したプラグインの他にも同じようなプラグインはありますので、【Disable】などで公式ページで検索してみるのも良いと思います。

また、プラグインだけではなく、アクションフック・フィルター機能を使って調整もできます。
今日紹介したプラグインのソースコードを覗くと、何のフィルターを使って操作しているのかも見えてくると思うので、気になる方は見てみるのもいいでしょう。

ではではー!

 

【WordPressのプラグインまとめ】

SEOを総合的に強化するWordPress無料プラグイン8選

サイト構築時にオススメしたいWordPressプラグインまとめ20選

投稿画面がすごく便利になる!WordPressプラグイン4選

投稿テンプレートを作成!便利なWordPressプラグイン「TinyMCE Templates」の使い方

WordPressのデータを改ざんされる前に!プラグイン「WP DBManager」の使い方

この記事を書いた人

段田
段田 エンジニア兼段田商会店主 2010年入社
段田です。いつも仕事中は14の言葉を呟いています。らせん階段 カブト虫 廃墟の街 イチジクのタルト カブト虫 ドロローサへの道 カブト虫 特異点 ジョット 天使 紫陽花 カブト虫 特異点 秘密の皇帝...