DevRelイベントレポート

Web系の学生必見!「イケTECH」の記念すべき第1回イベントに登壇しました。


Web系の学生必見!「イケTECH」の記念すべき第1回イベントに登壇しました。

こんにちは、業務内容がエンジニアから企画職に変わりつつあるのびすけです。
LIGブログの読者には学生の方も多いと思います。私は去年まで岩手で学生をしていたのですが、“社会人ってどんな感じなんだろう……”とか“仕事って辛くないのかな……”といった疑問を多く抱える人が多かった印象です。

そんな学生のために開催された「イケTECH」というエンジニア志望の学生がメインターゲットなイベントに登壇させていただいたので、その報告をしたいと思います。

イケTECH(イケテック)とは

学生向けのイベントで、Web業界でイケてる人たちが“ホンネ”を語るTECH系イベントです。

iketech1

これから定期開催を予定しているそうですが、今回が記念すべき第1回でした。
イベントの開催目的は Web業界やプログラミングに興味を持つ学生のために、他の学生やWeb業界で働いている人との交流情報や共有の場を提供することだそうです。

運営は、下記3社による共同主催とさっています。

ちなみに、SHOKUMIRUでは以前私もインタビューをしていただいているので、ご一読いただけますと幸いです!

まさかの飲み会から入る勉強会

当日登壇者の方々にはトーク前においしいお酒を飲んでいただき、“出来上がった状態”でトークに参加していただきます。仕事やプライベートに関する普段話せないような“ホンネ”を語っていただきます。

とサイトに記載されているように、 ホンネを面白く聞き出すための工夫として、 登壇者を酔わせてからのパネルディスカッションというスタイルでした(笑)


※登壇前です。

「3000円で日本酒が飲み放題のKURAND」が協賛に入っていたこともあり、日本酒を最初からハイペースで飲んでいました。

ほろ酔いくらいで始める勉強会は結構あるかもしれませんが、登壇者をガチで酔わせてぶっちゃけトークさせようというコンセプトは初めての経験でした(笑)

学生参加者の多さに驚きつつのパネルディスカッション

その流れでパネルディスカッションをしたのですが、まず驚いたのが学生の多さ。
上京=社会人スタートだった私からすると、TECH系のイベントで学生と会うことはたまにくらいしかなかったので、この人数と割合で学生が集まるイベントは初めてでした。
参加者の大半が起業かエンジニア志望ということで、ディスる意味ではなく、意識が高い感じの学生が多いという印象です。

登壇者紹介

今回のパネルディスカッションの登壇者です。みんな初対面だったのですが、酒のチカラもあってかかなり自然に会話ができました。

株式会社KOMPEITO CTO 黒木信吾

株式会社KOMPEITO 取締役/CTO 黒木信吾 宮崎県出身。 “ITをリアル体験に還元すること”を信念に開発に従事している。地元を含む地方の活性化サービスに携わりたいと考えていたときに、バーでファウンダー2人にナンパされて参画。ベンチャー企業数社を経て、2014年9月株式会社KOMPEITO取締役/CTO就任。

通称トマトさんと言われていました。

株式会社ZUU 開発本部 Senior manager 浅野 隆文

茨城県出身。中学生の頃に人工知能に興味を持ち、プログラミングを始める。その後、音大浪人中に通信会社でバイトをはじめそのままエンジニアに。大手通信会社から専門学校非常勤講師、SIerでのSEやウェブベンチャーでのアーキテクト、インフラベンチャーでのCTOを経てZUUに参画。得意分野は通信。仕事で使うのはRuby。好きな言語はHaskellとScala。

ギーク感が半端ないのにイケメンオーラも半端ない。

株式会社サイバー・バズ 執行役員 酒井和真

ソフトブレーン株式会社にて営業支援システムのパッケージ製品開発におけるプログラマー・プロジェクトリーダーを経て、製品開発の責任者として従事。その後、株式会社ディー・エヌ・エー入社し、マネージャーとして旅行商品のオンライン販売サイトの開発、ソーシャルゲーム開発などを手掛けた後、DeNA Games Osakaの立ち上げにエンジニアの責任者として参画。2013年12月に株式会社サイバー・バズ執行役員に就任。自社メディアと技術全般を統括。

酔ってるからじゃなくて、もとから眠そうな顔らしいです。

株式会社LIG のびすけ(本記事執筆者)

岩手から上京しているLIGのエンジニア。主にインタラクティブ性のあるモノや、リアル連動型コンテンツの制作に携わっている。

私だけプロフィールが短すぎでオチに使われた感がありました。

こうしてみると、Web界隈ってだけでなんともまとまりのない登壇者プロフィールですね(笑)
しかし、そのおかげで多角的に話を展開できたと思います。

ぶっこんでくる質問

酔っているから、ということでガンガンぶっちゃけトークが展開されていました。

  • Web業界に興味を持ったきっかけ
  • IT企業あるある
  • エンジニアはどんな人や会社に惹かれるのか
  • 給料はいくらですか?
  • 将来やりたいこと
  • そめひこさんの本名

パネルディスカッション中の回答はツイッターにも一部流れていますので、ご確認ください。

※ぶっちゃけすぎてWeb上では公開できない内容もありました。ご容赦ください(笑)

懇親会まで続くぶっこみ質問

パネルディスカッションが終わってからの懇親会では、パネリストと参加者、参加者同士などで質問や意見交換をしていました。

このときに出会った学生たちが、LIGに遊びに来てくれることもありました!
こんな感じで中の人と知り合っていれば、気軽に企業に遊びに行けるので、学生にはオススメです。

まとめ

イケTECHに登壇してみて思ったのは、学生にとっても企業にとっても価値のある場だったということ。
企業側は学生と知り合うという意味合いで、参加する価値がある気がしました。いい学生と知り合える可能性が高いと思うので、今後もイケTECHと関われればと思っています。

最後になりますが、LIGもインターン生を募集していますので、興味のある方はご連絡ください。
それでは!

 

【のびすけのイベントレポート】

クリエイティブな人材集まれ!チームラボ×IMJ×LIGで「クリエイターズキッチン」を開催しました

成長し続けるために変化を求める「Developer Productivity 勉強会 Ⅱ」を開催しました

WebRTC Conference JapanとROMO TSURISMOレポート【ROMOラジコンで優勝しました!】

リアルタイム通信が10倍楽しくなる勉強会「milkcocoa meetup!」に登壇してきました

【ご報告】月刊ライトニングトーク8月号をLIGで主催しました※LT資料10個付き


この記事を書いた人

のびすけ
のびすけ バックエンドエンジニア 2014年入社
dotstudio株式会社 ( https://dotstud.io )

岩手から上京してきました。

ギークハウスを経て、現在は0円シェアハウスに住んでいます。

好きなスポーツはフットサル/雪合戦/わんこそばです。

2015年は東京Node学園で登壇してみたいです。

・milkcocoa公認エバンジェリストになりました。(https://mlkcca.com/)
・gihyo.jpで記事書いてます (http://gihyo.jp/dev/feature/01/milkcocoa-baas)
・html5experts.jpで記事書いてます。(https://html5experts.jp/n0bisuke/)