• LIGの広告成功事例
WEB

Googleアナリティクスで表示される「not provided」についてと対策方法まとめ

Googleアナリティクスで表示される「not provided」についてと対策方法まとめ

こんにちわ!

小学生低学年の頃、給食係で肉団子入りスープを配っていると当時担任だったとても優しい先生に「肉がすくねぇじゃねぇか!」とマジギレされ泣いたことがあります。
その時大人の怖さを知りました。メディア事業部のきょうへいです。

本日はGoogle Analytics(以下、Analytics)についての記事を書かせていただこうと思います。

Analyticsは無料で使える解析ツールであるにも関わらず、高機能なアクセス解析機能があるのでとても重宝しています。

ただ、気になるのはユーザーがどのようなキーワードで検索したかを調べる時に表示される(not provided)というキーワードです。
この(not provided)というキーワードが、ある時期からオーガニック検索キーワードの大半を占めるようになりました。

それ以来、ユーザーがどのようなキーワードで検索してサイトに訪問したかを知ることはAnalyticsのオーガニック検索のキーワード一覧を見るだけではほぼ不可能となっています。

(not provided)が急増した原因と理由

では、いったいなぜオーガニック検索のキーワードで(not provided)と表示されてしまうのでしょうか。

(not provided)とは
検索キーワードが不明の場合に表示される。
ユーザーがGoogleでSSL検索したことでリファラーが変わってしまい、そのリファラーにキーワード情報が含まれていない為に、キーワード情報が提供されていないと判断されてしまう。

(not provided)が急激に増加し始めたのは2013年9月頃です。
以前は「Googleのサービスにログインしているユーザーの検索などの一部」が対象となっていましたが、2013年9月からは全ての検索にSSL通信が使用されることで、キーワード情報が含まれないと判断され(not provided)が急増してしまいました。

SSL通信とは
SSL検索はGoogleで検索を行う際にSSL通信で暗号化して検索を行う方法。
SSL検索は第三者に検索内容・検索結果を傍受されることを防ぎ、プライバシーが守られた検索ができる。

現在、Googleで検索するとデフォルトでSSL検索が適用されるようになっています。
「http://」で始まるURLを使用しGoogleにアクセスしようとしても「https://」で始まるSSLのページヘリダイレクトされてしまいます。

無題 (2)

一方、現状Yahoo! は「https」に対応していない為、キーワード情報が取得できる状況です。
(not provided)以外のキーワードはYahoo!等からの検索キーワード情報だと考えられます。

ちなみに、(not provided)をカウントしている「Not Provided Count」というサイトでは、(not provided)がどれくらい増加したかを確認することができます。
LIGブログの検索キーワードも66%が(not provided)と表示されてしまいます。

無題 (4)

(not provided)が急増した原因は、公式では「検索ユーザーのプライバシーの保護」といわれています。

とはいえ、Web制作関係者としては、この中身が見えないと仕事になりません。そこで、対策として有効な方法を3つご紹介します。

(not provided)対策

(not provided)対策としてできることは、大きく分けて以下の3つです。

  1. Google Adwordsの検索語句一覧機能を使用する
  2. ウェブマスターツールを利用する
  3. ランディングページを確認してキーワードを推測する

それぞれ説明させていただきます。

1. Google Adwordsの検索語句一覧機能を使用する

Google Adwords(以下、Adwords)を利用している方は管理画面から検索語句データを取得することが可能です。
Adwordsにログインし、「キーワード」というタブをクリックします。

無題 (5)

 
その後グラフの下にある「詳細」「選択」又は「すべて」をクリックするとユーザーが実際に検索したキーワードの一覧が表示されます。

無題 (6)

2. ウェブマスターツールを利用する

Analyticsとウェブマスターツールをリンクさせることで「集客」>「検索エンジン最適化」>「検索クエリ」から検索クエリ情報を取得することができます。

無題 (7)

 
ウェブマスターツールで検索クエリを確認する場合は、「検索トラフィック」>「検索クエリ」から確認することができます。

無題

ウェブマスターツールで取得できる期間は最大で90日間ですので、こまめにデータを保存することをお勧めします。

Analyticsとウェブマスターツールの連携方法については以下の記事をご覧ください。

3. ランディングページを確認してキーワードを推測する

オーガニック検索のキーワードを一覧を見ると66%が(not provided)となっています。
Analyticsではキーワード情報は取得できませんが、(not provided)からアクセスがあったランディングページを確認するができます。

無題 (9)
「集客」>「キーワード」>「オーガニック検索」の(not provided)をクリックします。

 
無題 (10)
「セカンダリ ディメンション」をクリックします。

 
無題 (11)
「行動」>「ランディングページ」をクリックします。

 
無題 (12)

キーワードの横にランディングページの一覧が表示されます。

TOPページからキーワードを推測するのは難しいですが2番目の記事はこちらの2014年エイプリルフールネタのまとめ記事なので「エイプリルフール まとめ」、「エイプリルフール ネタ」といったキーワードを推測することができます。

さらに、ランディングページの「訪問数」「訪問時の平均滞在時間」等を見ることで、ユーザーの意図とマッチしているコンテンツが掲載されているか推測することができます。

番外編

こちらはまだ試していないのですが、以下に紹介されているフィルタ機能をつかった対策もあるようです。

参考:

こちらは(not provided)と表示される代わりにランディングページのタイトルを表示されるようにする方法です。「(not provided)-ページタイトル」のような形で表示されます。これだと(not provided)が表示されなくなりますが、フィルタが適応されるのには数時間かかるようです。

近いうちに試してみたいので、再度ご紹介させていただければと思います。

まとめ

(not provided)の割合は今後減っていく予定はないようです。

Adwordsやウェブマスターツールを利用していないとキーワード情報が取得できなくなってしまう、ということが起こる可能性があります。

ウェブマスターツールは基本的には無料で利用することが可能ですし、Adwordsも少額から開始することができるので、利用していない方はこのようなサービスを利用してみるのも一つの手だと思います。

今後は取得できる情報が更に減ってしまう可能性がありますので、手元にある情報を大切に分析していきましょう。それでは、また!

この記事を書いた人

きょうへい
きょうへい マーケター 2012年入社
きょうへいと申します。LIGではディレクションやカスタマーサポート、マーケティング、などのお仕事をしています。好きな食べ物は辛いもの全般です。実は双子の弟がいます。ときどき、自分でもわからなくなるぐらい似ています。

こちらもおすすめ

できる逆引き Googleアナリティクス Web解析の現場で使える実践ワザ240 ユニバーサルアナリティクス&Googleタグマネージャ対応

できる逆引き Googleアナリティクス Web解析の現場で使える実践ワザ240 ユニバーサルアナリティクス&Googleタグマネージャ対応

  • 著者木田 和廣,できるシリーズ編集部
  • 価格¥ 2,376(2015/12/21 16:31時点)
  • 出版日2015/03/19
  • 商品ランキング4,983位
  • 単行本(ソフトカバー)384ページ
  • ISBN-10484433770X
  • ISBN-139784844337706
  • 出版社インプレス