Google Analyticsの使い方で覚えておきたい便利な2種類のショートカット機能


Google Analyticsの使い方で覚えておきたい便利な2種類のショートカット機能

こんにちは!
小学生の頃、初めての学芸会でのセリフは「のり巻き!」でした。
メディア事業部のきょうへいです。

今回はGoogle Analytics(以下、Analytics)の2種類のショートカット機能について書いていきたいと思います。
カスタムレポートやセグメントにショートカット機能を合わせることで、アクセス解析をどんどん効率化していきましょう!

目次

ショートカットとは

Analyticsにおけるショートカットとは、以下のように定義されます。

ショートカットは、レポートを開くたびに設定をやり直す手間を省くために、レポートの設定を記録したものとなります。アドバンス セグメントや新しい指標の追加などレポートに適用した設定はすべて、手動で変更するまでショートカットに保存されます。

マイレポートに登録している場合でも、フィルタやセグメントを都度、設定しているような場合があると思います。それらはショートカットに一度登録すれば、フィルタやセグメントが保存されるので、確認したい数値をすぐに見ることができるようになります。

ショートカットの設定

それでは実際にショートカットを設定していきましょう。
今回は以下の記事の詳細な数値を確認する場合のショートカットを作成したいと思います。

※上記の記事は9月1日に公開したアクセス解析記事なのですが、LIGブログ編集長の朽木と当日の公開ギリギリまで血反吐を吐きながら編集をした個人的に思い入れの強い記事なので、こちらの記事にさせていただきました。

設定自体は非常に簡単です。
まず、レポート画面から記事の詳細情報を確認しましょう。
(※集計期間9/1~9/4)

無題

 

次に画面上部にある「ショートカット」をクリックします。

無題

 

以下のようなポップアップが表示されます。

無題1

 

ここでショートカットの名前を入力し、「OK」をクリックすれば完了です。
今回は「8月 アクセス解析記事」としました。

無題1

 

画面の左側のメニューの「ショートカット」をクリックすると、「8月 アクセス解析記事」が追加されているのがわかります。

無題

 

以上でショートカットの登録が完了しました。

これでログインしてから1クリックで、8月のアクセス解析記事の数値を確認できるようになりました。
なお、ショートカットは集計期間についても自由に変更できます。

ショートカットの名前変更

ショートカットの名前を変更する方法を紹介します。
Analyticsの管理画面の上部にある「アナリティクス設定」をクリックします。

無題

 

「アナリティクス設定」をクリックすると以下のような画面になります。
画面の右側の「ビュー」の欄から「ショートカット」という項目をクリックしましょう。

無題

 

ショートカットをクリックすると以下のようなポップアップが表示されます。
「作成日」の欄の右側にある「アクション」をクリックします。

無題

 

アクションをクリックすると以下のように
「ビュー」「名前を変更」「削除」の3つが表示されますので、
「名前を変更」をクリックします。

無題

 

ショートカットを作成したときと同じようにポップアップが表示されますので、変更したい名前を入力し、「保存」をクリックすれば完了です。
今回は「8月 LIGアクセス解析記事」に変更しました。

無題

 

ショートカットの削除

ショートカットを削除したい場合は、名前を変更するときと同じ手順で作業を進めます。
アクションで「削除」を選択し、クリックすれは完了です。

無題

ショートカットの内容を変更

保存しているショートカットの内容を変更してみましょう。
今回は「8月 LIGアクセス解析記事」の参照元が分かるように変更していきます。

まずはレポート画面の「ショートカット」をクリックし「8月 LIGアクセス解析記事」をクリックします。

無題

 

セカンダリディメンションで「参照元」を選択します。

無題

 

既に登録されているショートカットをクリックした場合、レポート上部に表示される項目は、「保存」「メール」「エクスポート」「マイレポートに追加」という4つになっています。

無題

 

参照元の一覧が表示されるので、上部の「保存」をクリックすれば内容の変更が完了します。

キーボードショートカットとは?

Analyticsには、キーボードショートカットというもう1つのショートカット機能があります。
この機能を使えば、期間を指定するときにわざわざカレンダーを使わなくて済むので、非常に重宝しています。

キーボードショートカットの種類

Analyticsの管理画面で「Shift」+「?」を押すと以下の一覧が表示されます。

無題

 

  • アプリケーション
    • 「?」:キーボードショートカット ヘルプを開く
    • 「h」:ヘルプセンターを検索
    • 「a」:アカウント パネルを開く
    • 「シフトキー」+「a」:アカウント リストに移動
    • 「s」+「/」:レポートを検索
    • 「シフトキー」+「d」:現在のビューのデフォルトのマイレポートに移動
    • m:ナビゲーション メニューの切り替え
  • 期間
    • 「d」→「t」:期間を今日に設定
    • 「d」→「y」:期間を昨日に設定
    • 「d」→「w」:期間を先週に設定
    • 「d」→「m」:期間を先月に設定
    • 「d」→「7」:期間をして過去7日間を指定
    • 「d」→「30」:期間をして過去30日間を指定
    • 「d」→「c」:日付の比較モードを切り替える(前期)
    • 「d」→「x」:日付の比較モードを切り替える(前年)

個人的には期間を設定してくれる「d」→「t」や「d」→「y」、現在のビューのデフォルトのマイレポートに移動する「シフトキー」+「d」あたりをよく使っていると思います。
ただ、数がそこまで多くないので、全て覚えてしまってもいいかもしれません。

まとめ

以上、Analyticsの2種類のショートカット機能を紹介させていただきました。
アクセス解析をおこなうとき、いつも確認する数値が決まっているようでしたら、ぜひショートカット機能を登録してみてはいかがでしょうか。

それでは、また!

この記事を書いた人

きょうへい
きょうへい マーケター 2012年入社
きょうへいと申します。LIGではディレクションやカスタマーサポート、マーケティング、などのお仕事をしています。好きな食べ物は辛いもの全般です。実は双子の弟がいます。ときどき、自分でもわからなくなるぐらい似ています。