Photoshopのパペットワープで自由自在に写真加工する方法


Photoshopのパペットワープで自由自在に写真加工する方法

こんにちは、デザイナーの白浜です。

今回はPhotoshopCS5から実装されている、パペットワープの機能をご紹介したいと思います。

パペットワープの使い方

使い方は、該当レイヤーを選択して、「編集」→「パペットワープ」を押します。
するとこのようにメッシュ状の編集点が出てきます。

01

注:変形させたいオブジェクトは切り抜いておいたほうが、より正確な編集を行えると思います。

02

ここでメッシュを細かくすることもできます。

04

次に、動かしたくない部分にピンを打っていきます。
関節にそってはりつけにするイメージでピンを打ってみました。ちょっと怖い・・・

06

ピンはクリックすると動くようになるのですが、Altキーを押しながら選択すると、そのピンを軸に回転させることができます。

07

メッシュ表示はツールバーから非表示にすることもできます。細かい調整は非表示のほうがわかりやすいですね!

08

完成!ちょっとコツは必要ですが、慣れれば自然にモデルのポーズを変えちゃうことができます!

パペットワープはこんなことにも使える!

低めの身長でお悩みのあなたにはこちら

09
元はずんぐりしたキリンが・・・

10

パペットワープでほっそり足長に変身!

丸顔でお悩みのあなたにはこちら

11
元はいつもの紳さん

12
動かしたくない顔面センター部分にピンを打って、周りを内側によせると・・・

13
すっきり小顔に!!

14
わかりやすいように並べてみました。
どうですか?加工されてるって一発で見抜けますか?

顔小さくするぐらいなら背景があってもそんなに不自然にはならないですね。

いやぁ・・・Photoshopって恐ろしいツールですね。
皆さんもパペットワープぜひ使ってみてください!

この記事を書いた人

姐さん
姐さん デザイナー 2010年入社
デザイナーの白浜です。ウェブデザイナーとして日々修行中。マンガと音楽とお米が好きです。よろしくお願いします。