• LIGの広告成功事例
WEB

「Source」のPhotoshopプラグインが便利!無料で使えるSNSテンプレやアイコンなど

「Source」のPhotoshopプラグインが便利!無料で使えるSNSテンプレやアイコンなど

こんにちは、デザイナーのサリーです。
以前「テクスチャ画像が300種類以上!Photoshopプラグイン“Subtle Patterns”」という記事を書きましたが、それ以来「Subtle Patterns」を販売しているサイト「Source」のファンになってしまいました…。

プラグインのUIもサイトデザインも素敵です。「Source」では他にも便利で素敵なUIのPhotoshopプラグインをたくさん販売しています。今回はその中で、無料でダウンロードできるPhotoshopプラグインを3つ紹介したいと思います。

  • Source

1. SNSのデザインテンプレート集「Social Kit」

Social Kit

FacebookやTwitterなどのソーシャルサイトのデザインテンプレートが使えちゃいます!

 
Social Kit

パネルのメニュー、使いやすい!

 
Social Kit

Facebookのプロフィールページのテンプレートです。

 
Social Kit

Twitterのプロフィールページのテンプレートです。

 
Social Kit

Googleアドセンスのバナーサイズもまとめられています。

 
Social Kit

各種SNSの公式ボタンもあります。

用意してあるテンプレートは以下のとおりです。

  • Facebook
    • Profile
    • Apps
    • Ads
  • Google
    • Profile
    • Ads
  • Twitter
    • Profile
  • Youtube
    • Profile
    • Ads
  • Social buttons
    • Facebook
    • Twitter
    • Google+
    • Pinterest

自動アップデート機能があるので、公式のデザインの仕様が変わったら更新されるのを待ってみましょう。カバー写真や広告バナーを作るときにとっても便利!
ただしテンプレートもボタンも英語版なので、その点は注意が必要です。

2. 数千のアイコンがつまった「Othericons」

Othericons

フリーのベクターアイコンが使えるプラグイン。パネルからアイコンを選び、ワンクリックでアイコンを配置することができます。

有料のアイコンも多数販売していますが、無料のものだけでも1,800個以上のアイコンが用意されています!

 
Othericons

フリーワード検索も可能。

 
Othericons

フリーのアイコンがたくさん!

 
Othericons

有料アイコンは$3から購入し、追加することができます。

 
Othericons

こちらは$50のセット。カラーのアイコンが982個も入っています。
アイコンが使えるPhotoshopプラグインは、他にも「flaticon」や「BlendMe」があります。ただし、2つともライセンスがCC BY 3.0で、使用にはクレジット表記が必要となります。

この「Othericons」であれば商用利用の場合でもクレジット表記なしで利用できます!(※再配布はNG)

3. Flickrから画像検索できる「Pictura」

Pictura

Flickrの画像を検索できるプラグインです。
日本語もOKで、ライセンスによる絞り込みも可能です。

Pictura

「団地」で検索すると、こんな感じで結果が表示されます。

ちなみに各ライセンスを簡単に説明すると、以下のようになります。

All Rights Reserved いかなる利用もできない
Attribution License クレジット表示必須
Attribution-NoDerivs License クレジット表示必須 / 改変不可
Attribution-NonCommercial-NoDerivs License クレジット表示必須 / 改変不可 / 商用不可
Attribution-NonCommercial License クレジット表示必須 / 商用不可
Attribution-NonCommercial-ShareAlike License クレジット表示必須 / 商用不可 / 改変時は同一条件で再配布可
Attribution-ShareAlike License クレジット表示必須 / 改変時は同一条件で再配布可
No known copyright restrictions 著作権者不明
United States Government Work 米国政府の著作物

ただし致命的なことに、ほとんどの画像の使用条件が「著作権者のクレジットを表示すること」であるにもかかわらず、著作権者とFlickrの元ページのURLがわかりません。

綺麗な写真を眺めて楽しむことはできますが…(今回のキャプチャは自分の写真です…)
まだversion1.0.0なので、今後のアップデートに期待です(^o^;)

まとめ

これらが無料なんて、ありがたや~です。
Sourceのアカウント登録(無料)をすればダウンロード可能ですので、興味を持った方は下記からどうぞ。それでは〜。

  • Source

この記事を書いた人

サリー
サリー デザイナー 2011年入社
LIGのデザイナーです。ウェブデザイナーの頂点を目指すために東京に来ました。立ちはだかる敵は全てなぎ倒してきました。これからもそうやって歩いて行くつもりです。