WEB

Illustratorで母の日にぴったりなカーネーションを描くチュートリアル

Illustratorで母の日にぴったりなカーネーションを描くチュートリアル

こんにちは、デザイナーの姐さんです。
母の日が近いので、今回は今の時期に活躍しそうな、カーネーションをIllustratorで描いてみようと思います。

1. 花の輪郭のオブジェクトを描く

01

大体こんな形の輪郭になればいいな~という形をざっくりと描きます。

2. カラーパレットを作る

02

一番濃い色と一番明るい色を決めて、ブレンド→ブレンドオプションで間隔をステップ数に替えてカラーパレットを作りました。

ブレンドでカラーパレットを作る詳しいやり方は、こちらの「Photoshopでゲームのようなドット絵を描く方法と設定&おすすめツール」に詳しく書いてます。

3. オブジェクトを前面にコピーして加工する

03

先ほど作ったオブジェクトをCtrl(Command)+Fでオブジェクトを前面にコピーして、そこから回転と縮小をしつつ内側に花びらの層を作っていきます。
濃い色と明るい色を交互に、中心にむかって段々小さくしながらコピーしていきます。
 

04

あまり同じ形だと違和感があるかもしれないので、たまに変形させてみたり、消しゴムツールで消してみたりしながら、お花に見えるように作っていきます。

4. 花のフチにギザギザを付ける

このままだとまだカーネーションに見えないので、花のフチにギザギザを付けたいと思います。

「効果」→「パスの変形」→「ジグザグ」でフチをギザギザにします。

05

プレビューで確認しつつ、ギザギザをつけていきます。
 

06

適用させたものがこちら。
まだちょっとギザギザが均一すぎるので、次の行程でもうちょっと加工します。

アピアランスを分割してラフをかける

さきほどギザギザになったオブジェクトを、「オブジェクト」→「アピアランスを分割」でギザギザのパスに変えます。

次に、「効果」→「パスの変形」→「ラフ」でギザギザを不揃いな形に加工します。

07

プレビューの効果がわかりやすいように、Ctrl(Command)+Hで境界線の表示を消してから調整するとやりやすいです。
均等だったギザギザが不揃いになってきました。
 

08

こんな感じになりました。あまりにもギザギザしすぎになってしまったところは、パスを丸くしたり削除したりして、整えてください。
 

09

さらにギザギザになったパーツをコピーして、消しゴムツールで削り、花びらのパーツを作って差し込んでみます。
よりカーネーションぽく仕上がる気がします。
 

10

こんな感じになりました。
大分カーネーションらしくなったんじゃないでしょうか。

5. 仕上げ

11

最後に茎のパーツを作ってカーネーションを完成させました。
ちなみに、リアルトレースを目指して、この形を作ってからグラデーションメッシュを適用させようとしても、恐らくパス多すぎで作れませんって言われると思います。

リアルトレースを目指すなら、まず短形ツールにグラデーションメッシュをかけてから形を変えていく方法がいいみたいです。
「矩形変形法」「リアルトレース」などでググると出てくる手法です。

今回は形が単純だった茎の部分だけグラデーションメッシュを使いました。

まとめ

ちょっとしたカーネーションのパーツが欲しいときに試してみてください。
何かギザギザしたものを作りたいときでも、効果を効率よく使うとはかどりますよ!

それでは。

 

【Illustratorでキュートなデザイン作成】

手書きイラストをIllustratorやPhotoshop用のブラシにできる「Adobe Brush」入門

デザインのアクセントに!刺繍したようなテキストが作れるIllustratorチュートリアル

Illustratorで可愛いイラストを簡単に描くチュートリアル記事まとめ

スパンコールにもできる!Illustratorでモザイクアイテムを作る方法

年賀状にも!Illustratorで和風の印鑑やスタンプを作る方法

この記事を書いた人

姐さん
姐さん デザイナー 2010年入社
デザイナーの白浜です。ウェブデザイナーとして日々修行中。マンガと音楽とお米が好きです。よろしくお願いします。