完全オフ

『宣伝会議賞』の名作コピー10選!

『宣伝会議賞』の名作コピー10選!

こんにちは、メディア事業部のジョンと申します。
さて、LIGには「コピーライティング部」というゆるーい会があります。基本的には月イチで大喜利を楽しんでいるだけなのですが、このたびコピーの祭典『宣伝会議賞』に部員で応募することになりました。

そこで今回は、『宣伝会議賞』とはどんな賞なのか、過去にどんなコピーが受賞しているのか、について紹介していきたいと思います。

宣伝会議賞とは?

今年で第52回目を迎える一般公募型のコピー賞で、グランプリの賞金はなんと100万円! 昨年の応募総数は48万本を超えるなど、日本最大級のアワードとして有名です。

なおLIGは、全41課題に対して各5本以上の作品を応募するという約束のもと、宣伝会議様より「Copy Writing Partner」として認定されました!

というわけで、まずは全員で一次審査を突破できるようがんばりたいと思います。(LIGのみんなは本当にコピーを書いてくれてるのか不安で仕方ないのですが)

    • 第52回宣伝会議賞 | 「Copy Writing Partner」参加プロダクション一覧

過去の受賞作10選

今回は過去の受賞作を10本だけ紹介させていただきます。
「宣伝会議賞のコピーって何があったかなあ?」と思ったとき、最初に頭に浮かんだ10本になります。つまり、ぼくの心に深く残っている10本です。

1. 朝日生命保険「保険王プラス」

SDKG_保険王プラス

保険に入っていないことの恐ろしさを、天国で再会した夫婦のシーンを切り取ることで、鮮やかかつユーモアのあるかたちで表現していますね。大好きなコピーです。

2. TBC

SDKG_TBC

TBCに通うことの良さを見事に表現していますよね。見違えた自分を誰に見せつけたいか? その欲求がとてもリアルに迫ってくるから、深く共感できるのだと思います。大好き。

3. 吉野家

SDKG_吉野家

えっ?と目を止めさせる力があります。そして、その上手さに思わず膝をたたいてしまう。たった15文字で2回も楽しませてくれたこのコピーが、ぼくは大好きです。

4. 旭化成 「サランラップ」

SDKG_サランラップ

切り取ったシーンが秀逸で、何度見てもこの表現の素晴らしさに感心せずにはいられません。過去の受賞作の中でも、1、2を争うほど好きなコピーです。

5. 全国都道府県及び20指定都市 「当選番号確認と当せん金の引き換えへの興味喚起」

SDKG_宝くじ

たしかに!と思わずにはいられない視点。もういちど番号を確かめさせる力が、このコピーにはあると思います。大好き。

6. 日本レジストリサービス 「都道府県型JPドメイン名 」

SDKG_ドメイン

ぜったい、後者のほうが美味しそうですもんね。ドメインひとつで売上が変わるかもしれない、という新たな発見をあたえてくれた名コピーだと思います。大好きです。

7. 富士重工業 SUBARUの「安心と愉しさ」

SDKG_スバル

スバル車を運転している人ではなく、その前を走るドライバーの言葉としている点が素晴らしいと思いませんか? こういうの、思いつきそうでなかなか思いつかないんですよね。だからこそ悔しい。悔しいけど大好き。

8. セコム

SDKG_セコム

このコピーを初めて見たときは衝撃でしたね……空から見た住宅街の画が、否応なく脳内で再生されてしまいました。あぁ、たしかに家は路上に放置されている……

放置、という言葉もまた、これ以上ないチョイスだと思いませんか? こちらも大好きなコピー。

9. Canon 「PowerShot S1 IS」

SDKG_キヤノン

ズームでもよく撮れる、商品のベネフィットをパっと想起させてくれる力があります。また、父親ではない自分に、父親の気持ちを疑似体験させてくれたこのコピーには感謝申し上げます。大好きです。

10. 学生援護会「アルバイト発見マガジン アン」

SDKG_アン

アルバイトで習得できるスキルを、アルバイトならではのライトなシーンで表現してくれています。さらに素晴らしいのは、息子と母親の距離の近さ(きっと仲がいいんだろうな)まで感じさせてくれたこと。本当にいいコピーだなぁ。大好きです。

さいごに

数十万本というコピーの中で賞賛をされるようなものは、やはりどれも素晴らしいですね。

なお、今回の宣伝会議賞は11/4(火)13:00〆切となっています。もうあまり時間がないのですが、興味のある方はぜひ応募されてみてはいかがでしょうか?

大賞は100万円です。グランプリまで、飛んでいけ!
▼第52回宣伝会議賞 公式ページ

この記事を書いた人

John
John ディレクター/コピーライター 2014年入社
「いい加減ブラウザをひとつに統一しませんか?協会」で理事を務めています。
個人的な夢は吉井和哉に会うことです。

こちらもおすすめ

ザ・コピーライティング―心の琴線にふれる言葉の法則

ザ・コピーライティング―心の琴線にふれる言葉の法則

  • 著者ジョン・ケープルズ
  • 価格¥ 3,456(2016/01/05 17:09時点)
  • 出版日2008/09/20
  • 商品ランキング3,460位
  • 単行本431ページ
  • ISBN-104478004536
  • ISBN-139784478004531
  • 出版社ダイヤモンド社