• LIGの広告成功事例
WEB

全く予想外だった、バズった伝説のウェブデザイナー募集記事の影響あれこれ

全く予想外だった、バズった伝説のウェブデザイナー募集記事の影響あれこれ

こんにちは。最近、衣替えに失敗した紳さんです。

以前、当サイトで発表した社長を砂浜に埋めてウェブデザイナーを募集するという記事が様々なニュースサイトなどでも紹介されるなど、TwitterやFacebookなどのSNSを中心に注目を集め、話題になりました。

ツイッター、あと少しで10000・・・

2012/9/24現在、伝説のウェブデザイナーの記事をツイートしてくれた回数がほぼ10000に!

というわけで、今回はこの「バズり」がもたらした様々な影響について6つ書き留めておきたいと思います。

1. ずっと前からあった代表挨拶がいきなり注目された

ジャストアイディア

「ジャストアイディアですが。」

当サイト立ち上げ当初からずっとあるこちらの代表挨拶が、伝説ウェブデザイナーを発表したことから連鎖的に注目を集めました。立ち上げから8ヶ月ぐらい経つ当サイトですが、この少しユニークな代表挨拶が今まで注目を浴びたという事はありませんでした。

しかし今回、「社員に砂浜に埋められる社長ってどんな人?」という事から、代表挨拶を見てくれた人がいたと思うのですが、その中でこの「代表挨拶のおかしさ」についてツイートしてくれた方がいました。そのツイートから一気に爆発的にこの代表挨拶への注目が集まり、よりたくさんの方がツイートしてくれる、という「拡散の流れ」が誕生。

伝説のウェブデザイナーがバズったおかげでサイトのPVが増え、潜在的にバズる可能性のあった昔のコンテンツが急に注目を浴びてバズる、という体験は今回が初めてだったように思います。まさに予想外でした。ちなみにこの「ルー大柴っぽい言い回し」と話題になった代表挨拶は、わかる人には面白いので暇だったら見てください。そして、面白かったら試しにツイートしてみて下さい。

2. めっちゃ取材依頼が来た

親子ではありません。

とにかく伝説のウェブデザイナーの記事を発表した次の日から、取材依頼がたくさん来ました。

取材の内容については、まだ取材記事が発表されていないので詳しくは書けないのですが、主に皆が気になる「実際に応募してくる人ってどんな人?」や「こういったアイディアはどこからくるの?」などの疑問について聞かせて欲しい、記事にさせて欲しい、という感じでした。

また、「自分たちの主催するセミナーでこの記事について喋らせて欲しい」という様なことも言って頂けました。ここまで取材依頼が増えるとは、本当に予想外でした。

3. Facebookページがめっちゃいいね!された

Facebook経由ってのも結構多い

発表前は1000ちょっとだったLIGのFacebookページのいいね!が一気に3000まで増えました。

Facebookページを通してファンの方と交流する機会が増えて、ジェイが喜んでおります。また、このFacebookでジェイと交流をした方から仕事の依頼の話をされることもあるので、本当に良いことづくめ。

しかし面白い事に、Facebookページのいいね!数は2000近く増えたのにツイッターアカウントのフォロワー数は300人くらいしか増えてないんですね。こちらのツイッターもジェイがファンの皆様との交流に活用させて頂いております。興味がある方は街でギャルのお姉ちゃんからポケットティッシュを貰う感覚でフォローしてみたら良いんじゃないかな。

4. 当サイトのアクセス数がめっちゃ伸びた

やはりなんといっても、アクセスが急増し、サイトのPVもめっちゃ伸びたことも大きな影響と言えます。

急激に伸びるアクセス。チョモランマだな、これ

発表した次の日がピークで、代表挨拶のバズとも重なり一日に14万PVを達成!まさにチョモランマですよ。

それと、ここで注目したいのは、「バズが一段落した後も、以前に比べてアクセスが増えている」という点です。
段田紹介のサムネイルが目立つね

毎日更新の記事も圧倒的に注目されやすくなりました。

コンスタントに100を超えるいいね!数を頂けたり、はてなブックマークされたりしています。さすがにここまでの展開は予想外でした。

5. めっちゃ採用の応募きた

目的はそれだったもんね

忘れていましたが本来の目的は「マジでウェブデザイナーを募集すること」で、実際に多数の応募があったことは狙い通りでした。

しかし、予想外なこともありました。
「ウェブデザインの経験はありませんが、伝説になりますので雇ってください。」という応募が非常に多かったことです。

確かに我々は社長を砂浜に埋めて遊ぶ、などの悪ふざけっぽい感じでデザイナー募集をしてしまったので、「面白い人なら採用する」と思われても仕方がなかったかもしれません。

当初の予想では「この記事を読んで応募してくる人は相当な自信、度胸のある本当に伝説のウェブデザイナーだろうな……」というものでしたので、今回のように「多数の未経験者」が応募してくるという様な事態は予想外だったと言えます。いい経験になりました。

6. めっちゃサーバー落ちた

今でもつながりにくいんだけどね

とにかくサーバーが落ちました。

つながりにくい状況にイライラした皆様、本当にすみませんでした。

バズと関係の無い影響・・・社長の足が壊死寸前までいった。

苦痛にもがき苦しんでいる社長

ぶっちゃけ、砂の圧力というのがハンパないらしいです。

脚へ流れる血液が止まり、痺れて感覚が無くなっていったのでしょう。
社長が何度も「もう無理!出して!」って言ってたんですけど、また掘り直して埋めるのは面倒だし・・・。
社長の助けを無視せざるを得ない状況は僕達としても本当に辛かったです。「苦しいのは皆、一緒です。もう少し頑張りましょう。」と励まして、なんとか乗り切りました。

危ないところでした・・・

撮影を終えて、無事に救出することができました。社長の脚が壊死しなくて本当に良かったです。

今回のまとめ

社長は素晴らしい人

今回の伝説のウェブデザイナーや代表挨拶の記事がバズった影響で世間に「LIGの社長は変人」というような誤解が生まれてしまったようです。
しかし、実際の社長は「真面目で、誠実で、部下想いで、性格が明るくて、常識があって、やさしくて体の張れるイケメン」です。よろしくお願いします。

そして、取材がたくさん来たり、サイトのPVが増えたり、ファンの方との交流が増えたり、採用の応募がたくさん来たり、予想外な素晴らしいことがたくさんありました。これからもLIGはウェブ業界が元気になるような、ワクワクする様なコンテンツを製作し、配信していきたいと思います。

※ちなみに現時点でまだ、我々が追い求める伝説のウェブデザイナーには巡り逢えておりません。是非、我々と一緒に仕事がしたいと思って頂ける経験豊富な伝説のウェブデザイナー様からの応募をお待ちしております。

この記事を書いた人

紳さん
紳さん メディアクリエイター 2016年入社
メディアクリエイターの紳さんです。
商品やサービスの宣伝、PRの為の効果的な企画、マーケティング手法を0ベースから考え、最良な予算の使い方をご提案するような人物に憧れています。

最近、Twitterを始めました。


クライアントに寄り添い、抱える悩みを自分ごとのように消化できるような、そんなクリエイターを目指しなさい、と母に言われて育ちました。