作るのは数字だけじゃない / デジタルハリウッド
作るのは数字だけじゃない / デジタルハリウッド
2016.06.25
第25回
DevRelイベントレポート

天王洲アイルが丸ごとテクノロジー漬けに!サムライインキュベートがイベントを開催します

Ai Abe

こんにちは。DevRelチャンネル外部ライターの阿部です。サムライインキュベートに所属しています。気づけば2016年も半分を過ぎてしまい、年々加速していく時間の経過についていけていません。

さて、2016年6月25日〜26日に、天王洲アイルで「SAMURAI ISRAND EXPO’16」(SIE’16)というイベントを開催します。最先端のIoT、テクノロジー、アイデアが詰まっているイベントとなっているので、運営者側からの視点でオススメポイントをぜひ紹介させてください!

「SAMURAI ISRAND EXPO’16」とは?

map

東京駅から約20分という立地にある島「天王洲アイル」。サムライインキュベートはここを貸し切り、「人類の多様性と共感」をテーマに、15のカンファレンスと4つのピッチ、そしてブース展示をおこないます。

このイベントはこんな方におすすめです

  • ベンチャー、スタートアップに興味がある社会人、学生の方
  • 世界のアイディア・テクノロジーを見てみたい方
  • これから起業したいと思っている方
  • 投資家、ベンチャーキャピタリストの方

当日は、ブース展示やカンファレンスの合間にふらっと立ち寄れるおいしいお店もたくさん登場する予定です。アジア料理やスイーツなどのフードバスに加え、クラフトビールが飲める「T.Yハーバー」やおしゃれなジビエ料理の店「SOHOLM」もあります。

また、運河にも舟が運行します。天王洲から東京港・レインボーブリッジ・お台場周辺を周遊し、観光も一緒にできることでしょう。カップルや家族連れ、海外からの友人を案内するのにも最適です。

さて、そんな「SAMURAI ISRAND EXPO’16」の魅力を3つに絞り、簡単に紹介させてください。

魅力1. 丸2日間にわたり、さまざまなテーマのカンファレンスを開催

ジャンル

当日おこなわれるカンファレンスは、IoTやAi(人工知能)、VR、FinTech、ドローン、サイバーセキュリティなどなど、さまざまなテクノロジーをテーマにしています。「興味があるけど、実際よくわからない……」という方も十分楽しめる内容です。

日本では聞きなれない海外ビジネスのセッションも

また、「ブレインテック」など、普段聞き慣れないけれど既に海外ではビジネスとして成功しているセッションもあるんです。

ブレインテックとは?
BrainTechという名の通り「脳技術」を指します。日本でも「脳科学」という言葉は有名ですが、イスラエルの医療ベンチャーのハブであるイスラエルブレインテクノロジーの方が、人間の脳の秘密を技術によって解析し、それをどうビジネスにつなげているかを話します。イスラエルブレインテクノロジーさんは、ドメインにもあるようにNPO法人です。
ALS・ADHD・アルツハイマー患者を支援する技術を持っている会社等に投資をしています。

身体から受けている信号と、脳の信号との関係性をデータ化にすることで、脳へのアプローチが可能になるそうです。

例えば、人の手の動きをセンサーでデータ化し、同じタイミングで起こる脳の信号もデータ化しておきます。視覚障害のある方が手を動かしたときに、先程のデータを使って脳に同じ信号を送ると、脳にイメージが作られ、コミュニケーションが取れるといったことができるそうです! 点字ブロックを覚えなくても済むアプローチ方法として、今研究開発が進んでいるそうです。

ブレインテックが発展していけば、障害者支援や病気・怪我の支援といった部分に加え、IQや集中力を高められたり、いずれ脳の記憶を外部HDに保存し、取り出したりといったこともできるようになるそうです。取り出したデータを他の誰かにインプットできるようになったら、まさにテレパシーですよね。

25日にはe-Sports大会を開催!

Gleageエキシビジョンマッチ

また、GAMERS LEAGUEさんとコラボし、25日にはe-Sports大会を開催します!

e-Sportsとは?
e-Sportsとは、エレクトリック・スポーツを指し、競技性の高いゲームを中心に、プロがいる競技として成立しているものを指します。主に、腕や指先を使う事が多いため、身体が不自由な方やお年寄りでも選手として参加できるため、幅広い利用が期待されます。

次のような競技性の高いゲームがe-Sportsにつかわれています。

  • 格闘技
  • FPS(第一人称の視点でおこなうゲーム。最近はVRのゲームが多く出ている)
  • RTS(俯瞰的な視点で戦略的に戦うゲーム)
  • MOBA(複数のプレーヤーが同時にオンラインでバトルする形式のゲーム)

日本での認知度はまだそこまで高くはないですが、実は正式にスポーツとして認められている国もあります。生活ができるくらい稼いでいる方も多く、トップクラスだと1億円ほどを稼ぐ方もいるんです。

そんなe-Sportsの大会を、当日は観覧できます! 実際にプロゲーマーの方が目の前でプレイします。プロゲーマーのレベルを生で見れる大チャンスですよ! 

魅力2. 世界中のStartup(起業家)のブースコーナー

ろご

日本やイスラエル、イタリアなど、国内外のスタートアップによるブース展示もおこなわれます。

個人的におすすめしたいのが、イスラエルのスタートアップが開発したペンダント型のIoT機器「TOKY」。なんとこれ、ぬいぐるみに命を吹き込めるというアイテムなんです! ぬいぐるみにこのペンダントをつけて、スマートフォンアプリから「どんな声が出るか」の設定ができます。

ペンダントにはAI(人工知能)が搭載されていて、勝手にしゃべります。まるでぬいぐるみとお話できるような、そんなIoTのおもちゃです。さらにおもしろいのが、TOKY同士でもお話ができるということ。ぬいぐるみ同士がしゃべっている所を想像するだけでちょっと疲れがとれそうです。

起業家大国でもあるイスラエル、その発想の原点はディスカッションが大好きだということ。ぜひ、当日プロダクトについての質問、感想なども話してみてください。とても喜ぶと思います。英語の勉強にもなり一石二鳥ですよ。

イスラエルのスタートアップに興味のある方はこちらもどうぞ。

魅力3. ステージでのピッチコーナー

当日はスタートアップのピッチ(自社サービスのプレゼンテーション)も聞くことができます。イスラエル大使館さんと共同で、女性起業家のピッチコンペティションを開催予定です。

また、ブース出展されているスタートアップの方がジャンル毎にピッチをおこないます。著名人が多数参加しているオンラインサロン・プラットフォームのSynapseさんや、スポットコンサルティングのビザスクさん、スマートロックのQurioさん等が登場予定です! ぜひご覧ください。

おわりに

今回は、天王洲アイルを目一杯使った初の試みということもあり、私達もとてもドキドキ・ワクワクしています。(拝聴したいカンファレンスもいっぱいありますが、そこは運営者なので我慢……)

当日来てくださった皆さんが、スタートアップの新しい技術や、それぞれのテーマのカンファレンスを聞いて、「これからの世の中で何が起こるんだろう」「どんな未来に近づいているんだろう」と考えるきっかけづくりができれば幸いです。

>>>参加のお申し込みはこちら<<<

みなさまの来場をお待ちしてます!

. . .