注目ベンチャー4社に聞く!スタートアップが心がけるべき創業メンバーの集め方とは?


注目ベンチャー4社に聞く!スタートアップが心がけるべき創業メンバーの集め方とは?
※本記事は「G’s ACADEMY TOKYO」より転載・編集した記事です

【株式会社LIG × G’s ACADEMY】による連載コラム! 
この記事はLIGのエンジニアのびすけがメンターを務めるエンジニア養成学校「ジーズアカデミーTOKYO」が企画しています。

Web・IT業界を牽引するベンチャー企業4社のCEOに、資金調達の仕方・事業アイデアの出し方・メンバーの集め方など、起業に際しての疑問をぶつける全3回シリーズ。第3回となる今回は、創業メンバーの集め方についてです!

▼第1回:資金調達編


▼第2回:事業アイデア編

答えてくれたのはこちらの4社長!

goodpatch 人物紹介:土屋尚史CEO/株式会社グッドパッチ
1983年生まれ。ウェブ制作会社のディレクターを経て、サンフランシスコに渡りデジタルエージェンシーbtraxでスタートアップの海外進出支援などに従事。2011年9月にグッドパッチを立ち上げ、UIデザインに事業をフォーカスし、GunosyなどのスタートアップのUIを提供しサービス成長に貢献している。2015年5月時点で従業員は60名を越え、自社サービス『Prott』が多数の企業に導入加速中。
chatwork 人物紹介:山本敏行CEO/ChatWork株式会社
昭和54年3月21日大阪府寝屋川市生まれ。中央大学商学部在学中の2000年、留学先のロサンゼルスにて中小企業のIT化を支援する株式会社EC studioを創業し、2004年法人化。2011年にクラウド型のビジネスチャットツール「ChatWork」の販売を開始。2012年に社名をChatWork株式会社に変更し、米国法人をシリコンバレーに設立。自身も拠点をシリコンバレーに移し、日夜マーケティング活動に奔走している。
talknote ceo 人物紹介:小池温男CEO/トークノート株式会社
1980年2月12日生まれ。22歳までに世界30カ国を放浪。2003年より飲食店経営を行い2年間で4店舗を出店。2006年より成果報酬型求人サイトを運営。2010年、トークノート株式会社を設立して代表取締役に就任。2011年に社内SNS「Talknote」をリリース。Talknoteは、KDDI、エーピーカンパニー、ネクシィーズをはじめ、1万5000社以上の企業に利用されている。
nanapi 人物紹介:古川健介CEO/株式会社nanapi
1981年生まれ。早稲田大学在学中の2000年に学生コミュニティ「ミルクカフェ」を立ち上げ、月間1000万pvの大手サイトに成長させる。04年、レンタル掲示板を運営する(株)メディアクリップ代表取締役社長に就任。翌年、(株)ライブドアにしたらばJBBSを事業譲渡。06年、(株)リクルートに入社。09年に退職し、(株)nanapi代表取締役に就任、現在に至る。

起業したい人の中には「仲間がいない(仲間を集める人脈がない)から起業できない!」と感じている人も多いようです。では、今や多くの優秀な社員を抱える上記4社は、創業時どのようにして仲間を集めたのでしょうか。

注目ベンチャー4社に聞く!スタートアップが心がけるべき創業メンバーの集め方とは?

ー Q1. 創業時に、起業に必要なスキルと人脈はどれくらい持っていましたか?

グッドパッチ:当時、現在自社が提供しているUIに特化したスキルや経験はあまり持ち合わせていませんでした。スマホ時代のUIというのが、そもそも歴史が浅いため、日本というマーケットで考えるとUIにフォーカスした企業(競合)自体もまだまだ少なかったと思います。

ただ、近しいスキルはWeb制作会社に勤めていた経験から持っていました。また、ずっとアプリやiPhoneを使い続けていた経験がありましたし、シリコンバレーで作られているアプリなどを当時の日本人よりもたくさん見ていたので自信はありました。

外に求めたのは、デザインのスキルです。アイデアや設計は自分でもできましたが、それらをビジュアルデザインに落とし込むスキルはなかったので、UIデザイナーは必要でした。

ChatWork:2000年の創業当時、スタートアップをやっている人はほとんどいませんでした。そのため、とにかくインターネット上で情報を集めて、自分が思いつくアイデアやサービスを出せる範囲で出していきました。すると、協力したい、社員になりたいという問い合わせがインターネット上からくるようになったんです。仲間がいないからできないのではなく、想いを持って行動し始めたら仲間が集まるのだと思います。

トークノート:いま思えば戦略立案、企画、開発、デザインなど、必要なスキルは全くなかったです。また、それをお願いできる人も全然知りませんでした。ですので、当初はデザインも開発も外注したりしていました。しかしすぐに「外注ではスピーディーにいいものをつくることはできない」ということに気づき、デザインについてはやりながら自分で勉強していきました。

nanapi:特にありません。そもそも、起業に必要なスキルというのが、何だかよくわかっていないです。
  
 
ー Q2. 創業メンバーはどのように集めましたか?

グッドパッチ:共同創業者は昔からの知り合いで、とてもスキルのある人でしたが、実は半年で他の会社に転職してしまいました。その後1人になってしまった僕を助けてくれたデザイナーが、実質的には創業メンバーと言えます。彼はもともと大阪でデジタルハリウッドに通っていたときの同級生で、卒業後も大阪の同じWeb製作会社で働いていた仲でした。

その後、僕は起業のため東京に移ったんですが、大阪でのデザイナー人脈はたくさんあったものの、東京ではほとんどなかったので、1人になったときはとても不安な状態でした。でも、絶対に信頼できるデザイナーとやらなければと思っていたので、大阪の彼とSkypeで事情を話して、ジョインが決まりました。3ヵ月後も会社が続いているか分かりませんし、給料もほとんど払えない状態でしたが、それでも彼が快くOKしてくれたのは嬉しかったです。

ChatWork:私は、ビジネスのアイデアだけは溢れるように出てきます。しかし、デザインやエンジニアリングといった技術的な知識はないため、やはり作れる人がいないと話になりませんでした。しかし、運が良かったことに、弟が情報工学系の大学に通っていたので、最初のメンバーとして事業に巻き込みました。

スタートアップに限らず、会社を起こすようなときはまだまだ先行きも不安定です。そのため、決して優秀な人材が入ってくれるような環境ではありません。兄弟、親戚、友人、同級生など、思いに共感してくれるような身近なところから巻き込んでいくしかないと思います。

ただ、会社の成長とともに最初のメンバーが離れていってしまうことはよくあります。ですが、それも覚悟の上。それ以上にやりたいことがあれば人は集まると思います。

トークノート:昔からの友達に手伝ってもらったり、知人に大学生を紹介してもらって、さらにその大学生に優秀な友達を紹介してもらったり、ハッカソンで見つけてイケてるプレゼンをしていたエンジニアを口説いたり、インターネットで知り合った人に手伝ってもらったり、またその人の周りにいるできるエンジニアを紹介してもらったりと、思いつくことは全部やって集めました。

nanapi:中学校の頃からの同級生と一緒に始めました。あとは、友人の紹介で入ったアルバイトの子なども最初いましたね。また、ブログなどで情報発信を積極的にしていたところ、それを見て入ってきたメンバーもいました。 
  
 
ー Q3. 創業メンバーに向いているのはどういった人物だと思いますか?

グッドパッチ:一緒に仕事したことがあるなど、絶大な信頼をおける人です。スタートアップで、一から関係を作ることはあまりおすすめできません。互いの「空気感」が分かり、ある程度あうんの呼吸で仕事ができることが、スキルなどよりも重要です。

ChatWork:創業者に惚れ込み、この人のためなら人生投げ打ってでもいいと心から思ってくれている人です。優秀かどうかは二の次です。

トークノート:サービス内容ではなく、自分の考えと思いに共感してくれる人が創業メンバーには向いていると思います。なぜならば、創業者の思いというのは”変わらないもの”だからです。 サービスに共感してジョインしてもらったとしても、必ずしも、そのサービスをそのままずっとやり続けるとは限りません。ユーザーから求められるものが変われば、時代の流れに応じてサービス内容も変えていく必要が出てくるでしょう。ときには、そのサービス自体をやめるという判断を迫られることも十分あり得ます。 その場合、サービスで共感したメンバーは、あとあと抜けてしまうことも考えられます。だからこそ、変わらない根本の思想部分に共感してくれる人が創業メンバーに向いていると思います。

nanapi:業態や会社の風土をどうしたいかによってもだいぶ変わると思うので、ひとくくりに「創業メンバーに向いている人」というのはいないと思っています。むしろ、一緒に創業するメンバーに合わせて、会社を作っていくほうが簡単だと思います。

   
ー Q4. 「起業したいけどスキルや人脈がない」と感じている学生に、アドバイスをお願いします。

グッドパッチ:今はまだスキルがない、人脈がないと言っているような人は、そもそも起業に向いていないと思います。やっても成功しないでしょう。たとえ自分にスキルがなくても、そのスキルを持っている人は誰かほかにいます。また、お金がなくても、お金を持っている人はどこかにいます。

まわりが協力してくれるような信頼感、説得力、本気度が自分自身に備わっているかどうか。それ次第だと思います。

ChatWork:最初からスキルや人脈がある人が成功するのではないと思います。スキルや人脈がある人が成功するのであれば、大企業で経験を積んだ人が起業したら皆成功するでしょう。しかし、現実はそうなっていません。どうしてもこれがやりたい! という想い、そしてそれを行動に移せるか。そこにすべてが集約しているように思います。

トークノート:どんなに優秀な経営者でも、最初からスキルや人脈がある人はいません。必要なスキルはやりながら身につけ、必要な人がいるなら会いに行けばいいんです。

今年4月にLINE元社長の森川亮さんに社外取締役に就任していただきましたが、森川さんとももともと面識はなく、Facebookでメッセージを送ったところから関係性がスタートしています。まずは友達を巻き込んではじめてみたら良いと思います。

nanapi:スキルや人脈がいらないビジネスを始めればいいのではないでしょうか。
 

まとめ

4社とも創業メンバーの条件は、スキルよりも、その人の人柄や志を共有できるかどうかに比重を置いているようです。また、人脈に関しては既にあるものでなく、積極的に作りにいくものという意見もありましたね。素晴らしいサービスは、決して一人の力だけで作り出されるものではなく、メンバーやまわりの協力があってこそのもの。喜びも苦労も分かち合えるような素敵な仲間と出会えるといいですね。

全3回に渡り、グッドパッチ・ChatWork・トークノート・nanapiの4社に、起業に際しての疑問について実体験を交えてお答えいただきました。いかがでしたか? 資金調達・事業アイデア・創業メンバー集めは、どれも起業に当たってまず考えなければならない事柄です。しかし、全3回を通して見てみると、それらを攻略するために必要なのは、最終的に創業者にまわりを巻き込むだけの熱量が備わっているかどうかにかかっているようです。

起業を志す皆さん! どうにも立ち止まってしまったときは、ぜひ4社の回答を参考にしてみてくださいね。


この記事を書いた人

れの
フリーライター・編集です。

http://reno9r.com/