LIG

ユリナーシュカです。AVメーカーで働いていたけど、今日から編集者になります。

ユリナーシュカです。AVメーカーで働いていたけど、今日から編集者になります。

あけましておめでとうございます!
はじめまして、ユリナーシュカです!

好きなものはカレーです。

本日からLIGのメンバーとして働くことになりました。
LIGに来るまではアダルトビデオでおなじみのソフト・オン・デマンドでAV女優さんのインタビュー記事を書いたり、プロモーションを担当したりしていました。(ADもやったよ!)

早稲田祭でAV女優さんのイベントを学生と一緒にやらせてもらったこともあります。こちらが、そのときの写真。
ユリナーシュカ

SODのときからインタビュー記事をつくるのが好きなのですが、それはみんなが知らないことをいち早く自分が知ることができたり、取材相手の新しい面を見つけることができるからなのです。
また、今まであまり話をしてくれなかった方が、触れあう時間が長くなるにつれて、たくさん話をしてくれるのも嬉しい。宝石探しみたいでしょ?

今日から新しいことだらけで、新しい場所で新しい人と新しいものを作っていくんだなと思うと、ほんの少しだけ胃がヒュンンンとなってしまいます。しかし、わたしと同じようにこれから新しい場所で新しい時間を過ごす人もいると思うので、お気に入りの言葉を贈ります。

『新しく出て行く者が無謀をやらなくて、一体なにが変わるだろうか』

幻冬舎の見城徹社長の言葉です。
この言葉、高校生時代に知ってから自分に自信がないときにいつも言い聞かせています。
なぜなら、気合いが入るから。

お正月が終わって仕事が始まった人がほとんどだと思いますが、これから頑張れば頑張るほど、しんどくなってしまうことがあるかもしれない。
また学生の皆さんは、これから受験シーズンでもあると思うのですが、勝負に挑むときも不安になってしまうと思います。

そんなときに自分自身を鼓舞する言葉があればきっと救われるはず。
私自身もそんな記事や言葉を生みだしていきたいです。

ユリナーシュカ

2016年は新しい場所で新しい時間を過ごす機会を頂けたから、新しい挑戦をたくさんして読者の皆さまに喜んで頂けたらなあと思います。
ドラマ『下町ロケット』のように、すべてが熱い想いだけでうまくいかないし、自分にしかできないこととか大そうなものは存在しないかもしれないけど、それでも自分しか届けられない想いがきっとあるはずなので、そういうのを信じて私なりの無謀をやっていきますね。

これからどうぞ、よろしくお願いいたします!

この記事を書いた人

ユリナーシュカ
ユリナーシュカ エディター 2016年入社
LIGのメディア事業部所属。記事を書いたり、編集したりしています。
将来の夢はTwitterのプロフに「こう見えて、人妻です♡」と書くことです。