完全オフ

31にもなって約2週間仕事をせずにXのことを無心で追いかけてみる -2日目- #XJAPAN

31にもなって約2週間仕事をせずにXのことを無心で追いかけてみる -2日目- #XJAPAN

<今日は、Ⅹに負けない編>
※2015年12月2日正午から2015年12月3日正午(少し過ぎ)までのレポートです

舘そらみです。
茫然としております。今。

ただ今の時刻は、12月3日正午を少しだけまわっております。昨日の夜、素晴らしきライブから帰ってきて、ものすごい反省の時間が訪れて、様々な自問自答と翌日のライブに向けての決意確認なんてしていたら、気付いたら眠っていて、気付いたら今でした。

あれ? この時間にはもう、今日は会場に居るつもりだったのにな。昨日のライブがそんなにも衝撃的であったのかと、自分自身驚くばかり。

いや、でもそうなんです。あまりにも衝撃的で、Xに昨日も「おい、舘そらみよ、今のお前はなんなんだ!」って散々教えられて、あまりの凄さに唖然として、幸せなんだけど昨日のXを真正面から受け止めるだけの器が昨日は足りなくて、だから今日こそ!!!の思いに燃えているのです。

何を言ってるのでしょうね、昨日の私の衝撃をうまく伝えられる自信がないんだけど(言葉をナリワイにしているハズなのに)、というか昨日の私の気持ちを表す言葉なんて、たぶん世の中にないんだけど、綴ってみます。すいませんが本日もよろしくお願いします。

もう緊張で爆発しそうだった昨日の午後。

会場に向かう電車の中。このときがいつも一番キツイ。あ、でも明らかにXに向かう人が居る。お互いに、なんとなく意識しつつ、なんとなくの距離を取ってる感じが好き。声はかけないけど、「分かりますよ、気づいていますよ、いよいよですね、本日はよろしくお願いします」とオーラを出し合う感じ。

会場の近くで友人たちが飲みはじめたらしいので、電車よ急いでくれ。

いつからかアルコールを入れないとライブに臨めなくなった。飲んでないと、ライブ前の緊張に耐えられないのです。東京ドームなんて特にドリンクホルダーがあるから、生ビール率の高さはXのライブの特徴だと思う。みな、飲んで、勇気つけて、景気付けて、始めたいんだよな!!!

車内、もう緊張で気持ち悪い。はよー、はよー、私にアルコールを。静まってくれ、心臓。手の温度がどんどん下がる。

グループLINEに、「やばい仕事押して開演に間にあわない」という投稿が。すると他の友人から「大丈夫、きっと押す!」の返事。「大丈夫、開演押すから」なんて慰めるファンの感じに「あーXだなあ」と車内でニヤニヤする。

会場に着き、友人と合流する。ビールを買い、「始まるね」なんて話しながら、どんどん若返っていく気がする。会場前のコンビニから軒並みビールが消えていて、「ですよね」と思いながら乾杯をする。

その日やりそうな曲や開演時間の予想なんてしながら、お互いの緊張を解きほぐす。開演まであと5分ごろ、パラパラと「んじゃ、行ってきます」と背中に決意をみなぎらせて、それぞれ中へ入っていく。

会場に入り、席に座る。開演時間ぴったりに着いたもんだから、会場のあちこちでXコールがもう聞こえている。ちょっと待ってくださいよ、と残りのビールを飲みほして、手をバッテンにする。

「X」と叫びたいなあとウズウズするも、私の席の周りではコールを始める方が居なかったので、自分から「We are!」と叫び出す。そうすると、回りが「X」と答えるシステム。昔はなんだかこのやり取りが少し嫌だったことがある。「人と同じことはしたくない症候群」だった時代だ。でも今は、ライブ前に叫ばないと始まらない。

ライブ前の、どうしようもない緊張でパンパンになった状態で「X」って叫んで、何とか発散して、ライブに向けてエンジンかける。これがないと、血の気が引き過ぎて卒倒するような気がする。

Xコールが会場中に広がり、客席が「もう準備はできてるぜ! いつ出てきても大丈夫だぜ!」となったあの空気は、「来るべきところに来た感」に満ち満ちている。会場中のあちこちでマグマがメラメラしている。今にも破裂しそうにパンパンに会場がなったころ、Xは現れる。直前まで、「うわ、なんかやっぱでも現実味湧かないんだけどヤバイ」とか言いながらも、始まったとたんに「キターーーーーーーー!!!!!!」とアクセル全開できるから不思議だ。

そして19時28分、始まった。あのYOSHIKIの姿が見えた瞬間の、会場中の一体感が好き。「ああ、ここだ」って思う。世界で一番しっくりする場所に帰ってきた。そんな感覚に陥る。体中に血がかけめぐり、奥底から湧き上がってくる、生きる場所は「ここだ」という感覚。「今、生きている」という感覚。

いつも、始まった瞬間は猛烈に興奮して、「あれ? なんだなんだこの空間は。あれ? この人たちは誰だ?」なんていうアホな子みたいな感覚が訪れる。もう、「夢にまで見ていた境地」過ぎて、感情が一瞬振りきれるんだと思う。

そして、夢みたいな状況に慣れてくる2曲目ごろ、「ああ、やっぱHIDEちゃん居ないなあ」という気付きがやってくる。

そのあとに、もう楽しくて楽しくてしょうがない時間が訪れるんだけど、たまにそうならないときがある。それが、昨日。目の前の夢のような状況に入っていくには、まず報告すべきことがたくさんあった。そうやって、自分の心の中にある膿を出さないと、Xのところに飛んでいけない。

ステージ上に居るメンバー。特にHIDEに、会わなかった間のことを報告してた。「映画公開したよ」とか、「おばあちゃん死んだよ」とか、ここ1年の間の自分のことをたくさん報告した。そしてふと、「ねえ、辛かったんだあ」って。それを言えて、この半年の辛さが浄化されはじめた気がした。Xがゆっくり心を開放してくれた。

目の前のXにすぐ飛んでいけなかったのは、Xに向き合える自分じゃなかったからだと思う。ここ半年ちょっとうまくいかないことが立て続けにあって、本当は言いたいこともたくさんあるのに、それを口に出すこともできなくなってた。これ以上、傷つかないように、心のガードを高くしていた。でもXにたくさん報告してたら、「あ、私、辛かったんだ」って素直になることができた。

そうやって気付けたときに、ステージ上では夢みたいな世界が繰り広げられてて、あまりにも前向きなXがそこにあって、なんだかものすごい泣けてきてしまったよ。力強いXを見つめてたら、辛かった事柄に対して初めて素直になれた。4曲目くらいになんか突然、猛烈に泣き出してしまって、隣に居た友人に「はい?」って笑われて。それでやっと、なんだか正常な状態になれた。

Xはいつだって、私の状況を教えてくれる。足りないものも教えてくれる。ぐいぐいぐいぐい引っ張られながら、「辛かったんだ」って言わせてくれたX。昨日教えてくれたのは、「頑張りすぎんなー、楽しめ」だった。あまりにも楽しそうな彼らを見てそう思った。

本当に逞しいXがそこにいた。こんなに頼りがいあると感じたことは初めて(笑) こんな男くさいと思ったことも初めて。

今までは、辛そうなYOSHIKIを支えたいと思っていたし、トシ君を応援したいと思っていたけど、昨日は華麗にも逆にぐいぐい引っ張られてしまったよ。主導権が今までファンにあったのに、ステージ上に主導権が移った。しかもすごいスピードで。

こんなにもリラックスして楽しんでいる彼らを見て、人間って、前へ前へ進むんだなあ、と思うのです。Xはまた大きく変わっていこうとしている。「いつ死んでもいい」から、「生きる」ことを選択した彼らは、ものすごく穏やかで懐の広いバンドになった。Xのライブはいつも刹那的で、涙と悲鳴ばかりが似合う空間だったのに、昨日は、笑顔が似合う空間になっていた。

本人たちも「奇跡って本当にあるんだね。10年前、こんなことになるなんて思わなかった」って言ってたけど、それは私たちとて同じ。こんな未来が待ってるなんて、考えもしていなかったよ。

だから、ちょっと待ってー!!!!!! ちょっと私は、どうもその展開にまだついていけてないから! でも、ついていくから!

今日こそは、負けない。報告会は昨日で終わって、ちゃんと向き合えたから、今日もまた会えるから、もう少し前進できるかな。昨日は心の中のHIDEとばかり話してたから、今日は少し “HIDE断ち” できるかな。

今日もライブがあって嬉しい。昨日で終わっていたら、「私、報告会で終わってしまった……」と悔やんでも悔やみきれないところだった。

ライブが終わったあとで「また明日」と言って友人と別れられる喜び。明日もあるということが、こんなにも嬉しいのか。「これで最後ではない」と思えることが、嬉しい。いま私は、「絶対Xは明日もある」って初めて言いきれるから、そのことが幸せ過ぎる。

Xはちゃんと、生きようとしてくれている。

今日は、負けないから。
本日、2日目、全身でXを感じさせていただきます!

ありがとうX、そこに居てくれて! 道を照らしてくれてありがとう!

 

12月2日ライブ 興奮しすぎて支離滅裂なメモ
  • 「お前らまた会いに来いよ! 愛してるぜ!!」と男くさい雄たけびをあげたあとに、長く深い礼をするYOSHIKIが好き。
  • テロの話をして、「人間が人間と戦うのは違うと思う」と、平易な言葉で語るYOSHIKIが好き。
  • トシ君。「戻ってこれると思わなかった」と言っていたけど、その勇気にありがとう。
  • 自由について歌ってる曲で、「トシにはすごく刺さりそうだよね」と言うヨシキ、おどけるトシ。洗脳をネタにする段階に来たことに、拍手を送りたい。
  • 開演遅れるとか、本当に何だっていいので、始められるときに始めていただければ。
  • トシ君の声が心配。ライブで、1オクターブ下げて歌うとかどうでしょう。
  • 「Miracle」緊張MAXだったとき。
  • 「JADE」いやホント好き。音が重い。
  • 「WEEK END」一気にあのころに戻される。
  • 「I.V.」信じられなかったお台場の夜を思い出す。
  • 「The Last Song」とんでもない。
  • 「HERO」この流れ、とんでもない。
  • 「PATA & HEATH Solo」HEATHが今日は遊びがち。
  • 「DRAIN」喉守るトシ君の不思議なメロディー。1曲はHIDEの曲やるの好き。
  • 「SUGIZO Solo」あまり覚えていない。じんわりしてた。
  • 「Longing」いや、もう。客席の温かさと、それを真正面から受けてくれるトシ君たるや。
  • 「YOSHIKI Solo」あまり覚えてない。なんか、見つめてたら終わっちゃった。
  • 「Forever Love」あまり覚えてない。ラストライブのことを考えてた。
  • 「紅」あまり覚えてない。自分の人生について考えてた。
  • 「Born To Be Free」あまり覚えてない。トシ君のことを考えてた。
  • 「X」YOSHIKIが「とべとべ」を言った衝撃たるや。
  •  
    EN

  • 「World Anthem」いやもう、いやもう、いやもう!!!! これぞ!始まり!
  • 「Silent Jealousy」超聞きたかった。本当に聞きたかった。動きまわるHIDEが見えて来る。
  • 「ENDLESS RAIN」あまり覚えてない。明日からのツアーへの決意がみなぎっていた。
  • 「ART OF LIFE」やはり、とんでもない大曲だと思います。
私の追っかけスケジュール
12月2日 横浜アリーナ【終了】
12月3日 横浜アリーナ【決定】
12月4日 横浜アリーナ【決定】 
12月7日 大阪城ホール【決定】
12月9日 マリンメッセ福岡【決定】
12月11日 広島グリーンアリーナ【決定】
12月14日 名古屋・日本ガイシホール【思案中】
12月15日 ライブビューイング【決定】
私の追っかけレポート
一覧ページができました!→ こちら
sorami 舘そらみ
脚本家・俳優。劇団「ガレキの太鼓」を主宰、青年団演出部所属。現在は執筆活動のかたわら、全国の小中学校などでワークショップを行っている。脚本を手がけた映画「私たちのハァハァ」公開中。Twitter:@_sorami

【関連記事】

この記事を書いた人

舘 そらみ
舘 そらみ 外部ライター 東京
脚本家・俳優。劇団ガレキの太鼓を主宰、青年団演出部所属。現在は執筆活動のかたわら、全国の小中学校などでワークショップを行っている。映画「私たちのハァハァ」公開中。Twitter:@_sorami