漫画チャンネル
第1話

関ヶ原のテンションで島津豊久が異世界の大将をぶった斬る話『ドリフターズ』


関ヶ原のテンションで島津豊久が異世界の大将をぶった斬る話『ドリフターズ』

こんにちは、ヨシキ(@moriri_nyo)です。好きな戦国武将は毛利元就です。

今日から「漫画チャンネル」という、LIG社員やライターの皆さんが好きな漫画について語るためだけのチャンネルが開設されました。これからどうぞよろしくお願い申し上げます。

さて、比較的マイナーな戦国武将が主役の漫画といえば、代表的なのは『花の慶次』ですよね。前田家、しかも利家でもなく、慶次が主役。彼の世紀末を感じさせるかぶきぶりで、一躍慶次の名前がメジャーとなった作品です。

今回は、そんな”普段は主役になりづらい戦国武将”を主役に据えたSF系歴史アクション漫画『ドリフターズ』を紹介します。

ドリフターズ(1) (ヤングキングコミックス)

ドリフターズ(1) (ヤングキングコミックス)

  • 著者平野耕太
  • 出版日2010/07/07
  • 商品ランキング2,409位
  • Kindle版ページ
  • 出版社少年画報社

ざっくり説明すれば、世界のあらゆる年代から英雄たちが異世界に集まり、バトルを展開するというSF系歴史アクション漫画となります。注目すべきは、主人公。

『ドリフターズ』の主役は島津豊久

bushi-1

……島津……豊久!!!

いや、有名ならいいってもんではないですが、なんというか「関ヶ原の戦いで打線組んでみた」とかで、ようやく「代打枠」に登場するレベルなんですよね。知名度だけの問題でいえば。

もちろん島津家は、日本で知らない人はいないんじゃないかというレベルの超メジャー大名です。もう、薩摩といえば島津。ただ、その島津の誰の名前を知ってるか、と言われると微妙な空気になるんじゃないでしょうか。

メジャーどころの島津◯◯を考えよう

検証するため、メジャーな島津◯◯について考えてみましょう。

まず筆頭は、歴史的業績などを加味すると「義久」でしょうか。大友氏と龍造寺氏を打ち破り、九州統一目前まで迫った戦国大名。
秀吉が九州征伐に乗り出したとき、頭を丸めて謝りにいって薩摩領を安堵されたエピソードなんかが有名ですね。

その義久の弟で「鬼島津」の異名を持ち、戦国時代屈指の猛将として知られる「義弘」も見逃せません。朝鮮出兵でも大暴れし、20万人の朝鮮軍を7000人の軍勢で打ち破るという鬼っぷり(※朝鮮側の資料では約3万人)。

あとは幕末に西郷隆盛や大久保利通を登用し、後の倒幕運動につながる藩体制の基礎をつくった「斉彬」でしょうか。
”金遣いが荒そうだから”という理由で家督を譲ってもらえずお家騒動を起こしたり、ジョン万次郎を保護したり、という活動でも有名ですね。

……うーん、みんな偉大な人物には間違いないのですが、アクション漫画の主役になるタイプか、というと別問題な気がします。

豊久の「島津の退き口」

では、『ドリフターズ』の主役であり、義弘の甥である島津豊久の歴史に残るエピソードとは。

それはもう、何といっても「関ヶ原の戦い」における「島津の退き口」での壮絶な散り様です。(作品内で、彼が『ドリフターズ』の異世界に転生することになったきっかけでもあります。)

関ヶ原の戦いは、西軍(石田三成軍)が東軍(徳川家康軍)に敗れ終戦。結果、西軍所属の島津軍は大軍に包囲されてしまいます。全滅すら有り得る完全な負け戦の中、島津軍は突如敵陣の中突突破による退却戦を開始。家康の本陣にすら届く勢いで進撃した後、いわゆる「島津の退き口(捨て奸)」を開始します。

この「捨て奸」がどれぐらい壮絶な作戦かというと

本隊が撤退する際に「殿の兵の中から小部隊をその場に留まらせ、追ってくる敵軍に対し死ぬまで戦い、足止めする。そうして小部隊が全滅するとまた新しい足止め隊を退路に残し、これを繰り返して時間稼ぎをしている間に本隊を逃げ切らせる」という戦法。足止め隊はまさに置き捨てであり生還する可能性がほとんど無い、壮絶なトカゲの尻尾切り戦法である。
引用元:Wikipedia

というレベル。切腹する意思を固めた主君・義弘を逃がすため、豊久が「捨て奸」を決意するわけです。これぞ薩摩隼人。

決死の覚悟を決めた島津軍の反撃は凄まじく、追撃した家康の直臣・井伊直政は負傷し、後退。この際に豊久も玉砕します。その最後は無数の槍に刺され、何度も体を高く上げられる中での絶命だったようです。

それほどの壮絶な散り様をみせた漢が、豊久なのです。

そんな豊久が、メジャーな武将を従えて大暴れする漫画です

bushi-2

というわけで、一般的にはメジャーな武将とは言い難い豊久ですが、織田信長や那須与一といった超メジャーどころを従え、土方歳三やジャンヌダルクとガッツリやり合うSF系歴史アクション漫画が『ドリフターズ』です。

関ヶ原から直接この世界に転生したため、豊久のテンションは「島津の退き口」のまま。

ドラゴンやエルフのようなファンタジー系キャラ、スキピオ・アフリカヌスや菅野直など一般知名度が低い歴史キャラたちも入り乱れての合戦の中、豊久の「狂気」にも似た士道をぜひ体感してください。

18ffe47ae091488567f5b7bacfbe9db755 2 ヨシキの一言
一休さんの知名度も、アニメのおかげですよね。
ドリフターズ コミック 1-4巻セット (ヤングキング・コミックス)

ドリフターズ コミック 1-4巻セット (ヤングキング・コミックス)

  • 著者平野耕太
  • 価格¥ 2,416(2015/11/10 13:29時点)
  • 出版日2014/10/27
  • 商品ランキング14,271位
  • コミックページ
  • ISBN-10
  • ISBN-13
  • 出版社少年画報社

この記事を書いた人

ヨシキ
ヨシキ メディアディレクター 2014年入社
ヨシキです。かつてLIGの3代目広報を担当しておりました。
イノベーティブな存在を目指し、大きさ以上に大きく進化しながら、LIGを再発明したいと思います。