完全オフ

10年働いた「楽天」を辞めて、ハワイの経済を盛り上げるために起業した話

10年働いた「楽天」を辞めて、ハワイの経済を盛り上げるために起業した話

こんにちは、外部ライターの立花です。

皆さんの中にはいずれ起業をしたいと考えている方もいらっしゃるのではないでしょうか。近年では起業する場所として海外を選択するケースも増えてきました。

今回インタビューをしたのは、10年間勤め上げた楽天株式会社を辞め、5年前にハワイへ移住し起業した内田直さん。現在では、「HUNDRED DREAMS, INC」の代表取締役兼CEOを務めています。そんなパワフルな彼が5年弱の生活で感じたハワイと、彼のビジネスについてお話を伺いました。

本インタビューが、海外で起業を目指す方々にとって良いインスピレーションにつながると幸いです。

内田さん画像final_Fotor 人物紹介:内田直さん
楽天での主要事業部長の職を辞めて、ハワイで起業するなどチャレンジを続けている46歳。「HUNDRED DREAMS, INC」でPresident/CEOを務める。

「海外で起業したい」という思いがあった

ー なぜ、ハワイへ来ようと思ったのですか?

「いつか、海外で起業したい!」と思っていたからですね。あとはシンプルにハワイが好きだというのもありました(笑)。結果的にですが、物理的にアメリカ本土と日本の中間ということもあり、新しい情報もトレンドもちょうどよいタイミングで入ってくるのもありますので、自社のテストマーケティングという意味では相応しいとも感じています。

僕は楽天で10年間働いていたのですが、非常に居心地がよい会社で、このまま定年までいてしまうぞと焦りまして(笑)そういった気持ちと、あとは働いてから10年というキリのいい数字が経っていたので、いよいよ起業しようと思い、退社しました。

いつかは「ハワイに移住したい」という夢があり、日本にいるときから常に周りに公言していました。また、起業は海外でしたいと思っていたこともあり、まずはビジネス留学でハワイに移住し、縁あってハワイのアラモアナセンターにある日系老舗百貨店「Shirokiya」でお世話になることになりました。

Eコマースを担当する予定だったのですが、なぜか「Vintage Cave(ヴィンテージケーブ)」という会員制の高級レストランのトップマネージャーを務めることになったんです(笑)全く畑違いではあったのですが、それこそ、ハワイ州の知事から、ホノルル市長、警察のトップ、大企業のオーナーまで、他分野に渡る方と知り合うことができたので、結果的にはよかったなと思っています。

そこで2年働いたのですが、もう44歳になる年で、いよいよ自分のやりたい事をやるタイミングだなと思い、Eコマースをメイン事業として独立しました。

 
ー 会員制のレストランのトップマネージャーになり、いろいろな著名人と会っていたというのはすごいですね! 独立はどのような感じでしたか?

大変でしたね。一番大変だったのは、「自分1人で就労VISAを獲得する」ということ。なにかにお金を投資していれば取得しやすいVISAなのですが、残念ながらEコマースは投資するものがなかなかなくて(笑)いろいろと考えた結果、今のオフィスを購入して、VISAを得ることができました。

内田さん②Fotor

※ダウンタウンの街並を望む購入したオフィスにて

10万ドル以上のお金と時間がかかりました。

ハワイは「日本人に優しい場所」かもしれない

ー ハワイに移住してみてどうですか?

ハワイで働き始めてからもう5年がたちますが、その年月で感じたのは「日本人に優しい場所」だということ。今もハワイにいらっしゃる日系人の方の恩恵をこの地で強く感じます。裏を返すと、ここまで日本人に優しい場所で成功しなかったらどこで成功するんだと思いますね。ロサンゼルスに行っていたら、もっと駄目だったでしょう。なので、アメリカ本土を最終的にビジネスの場として考えたときに、ステップアップするためには最適の場所だと思います。

ただ、一方で「コネクションが非常にモノを言う場所だな」というのも強く感じています。「資料を作って、誰かに提案する」というよりも、それこそ市長の紹介だとか、友だちの友だちですぐ仕事が決まるとかが多いです。

感覚的には沖縄で働いているような感じです。もともといらっしゃる方々の繋がりは強く、一旦そこに入ることができると非常に暖かく迎え入れてくれるような。沖縄ではよくお酒を一緒に飲んだりしますが、ハワイでも同じですね。

 
ー そうなのですね。今はどのようなビジネスをしているのでしょうか?

大きく分けて、2つのビジネスを進めています。1つはハワイでビジネスを手がけている方の「Eコマースビジネス」のサポートです。「Eコマースセミナー」と題して、ネットビジネスをこれから始めたい方や、よりビジネスを加速させたい方へ、定期的にお話をしています。

内田さんイベント

※セミナーで講演する内田氏

ありがたいことに好評をいただいており、ハワイのビジネスパーソンのネットビジネスに対する熱い気持ちを感じています。

もう1つは、自らはEコマースサイトを運営し、ハワイに存在する魅力的な商品を日本の方に届けようとしています。第1弾として、10月からハワイ島のコナコーヒーの販売を始めました。値段は少し高めですが、それくらい美味しいコーヒーなので、ぜひサイトを見てその美味しさを少しでも感じて頂けると嬉しいですね。

haumea-sozai-11

※プレミアムコナコーヒー「HAUMEA」。
まるでワインのように26年間熟成され、美味しさを引き出された究極のコーヒー

これからもどんどん魅力的な商品を発掘し、届けていきたいと思っています。

これからも「ハワイ」を発信していきたい

ー 今後のビジョンを教えてください。

今後は会社のビジョンである「インターネットを通じてハワイの経済に貢献する」というのを形にしていきたいと思っています。まだまだ、ハワイではインターネットを使ってビジネスするのが発展途上中なので、まずはその普及という段階です。

かっこよく言うと、「伝道師」として導いていきたいなと思っています。今は僕が教える立場ですが、やがて、ハワイの方々が自分たちでインターネットビジネスをできるようになっているのが理想かなと考えてますね。そうやって、どんどんインターネットを活用したビジネスプレイヤーが増えていくと嬉しいなと思います。

手応えはだいぶあります。みなさん、前向きに学んでいらっしゃいますし、まずはそこから成功事例を作っていきたいと思っています。

また、ハワイで100億円規模の会社を作りたいなという大きな夢もあります。ハワイでネットビジネスでこれまでないので、それくらいどんどん発展させて行きたいですね。

 
ー なるほど。最後に一言お願いします。

これから海外で働きたい方も多いと思いますが、お伝えできることはシンプルで、「行動すること」が何より重要だと思います。多くの人から相談を受けるのですが、やはりただ思っているだけでは駄目で、日本でのいい環境を投げ打ってでも、実際に来てみないと何も始まらないと思います。

慢性的な人材不足ということもありますが、必ずこっちに来ればチャンスはあると思います。優しい人も多いですし(笑)1歩踏み出す人には、2歩目もあると思いますので、まずはその1歩を踏み出してほしいですね。

 
ー ありがとうございました。

まとめ

同じハワイで一緒に働く仲間として、またビジネスパーソンの先輩として、ハワイに貢献するんだ!という強い気持ちを感じました。私自身もプライベートと仕事で来るうちに、ハワイの土地が持つおおらかさ、人の優しさになどハワイの不思議な魅力に惹かれたうちの1人です。

何かしらハワイに恩返しがしたいなと思っていたので、ぜひ一緒に日本とハワイを盛り上げていきたいと思っています!

この記事を書いた人

kazumo
2015年8月よりハワイ在住。ハワイウェブマガジン「俺たちのハワイ」編集長/イミロアインターナショナルホノルルCEO・ Producer。