昨日、妻と。- 第9話 –


昨日、妻と。- 第9話 –

ひゃくいち(@tanabe101)です。

昨日、妻と前職でお世話になった元上司のSさんに会ってきました。

当時、わたしはとある中国現地法人の董事兼総経理というムダに画数の多い役職についていたのですが、東京本社へ戻ってからは、Sさんの下で新規プロジェクトに携わることに。

Sさんは元・体育会系の主将を務めただけあって身体はゴリラのようにいかついのですが、性格は反比例するようにおだやかでやさしく、きのこのイラストを描くのを趣味にされています。

いま思えば、「そんな生半可なこと言ってるからダメなんですよ」などと、かなり生意気な発言を部下としてぶつけていたわけですが、いつも「うっほっほ」と笑って受けいれてくれました。実は、わたしたちの婚姻届にサインをしていただいた方でもあります。

昨夜は酒も深くすすみ、足もすっかり崩しつつ「しっかし、Sさんはほんとごっつい身体してますね。いまでもなんかしてるんですか」と聞くと、妻から「失礼やろ。ちゃんと土下座して話しなよ」との指摘が。

Sさんは「うっほっほ。そんなんせんでええよ。あいかわらず、しっかりしとるなあ」と妻を褒め、妻も照れくさそうにしているわけですが、あきらかに「正座」のまちがいです。

Sさんも妻の言いまちがいにはもう慣れたのでしょう。気にすることもなく「最近はプールに行ってるから、それで鍛えられてるのかもな」とのお答えが。すると、妻が「え、それで水に浮けるんですか」とすかさず聞きました。失礼なのはどっちかな。

それでもSさんは「うっほっほ。意外と浮くんやで。これでも昔はライフセーバーやってたから」と見事に受けながしてくれたのでホッとしていたら、妻が「たしかに! 毛深いですもんね!」と謎の納得。

ひゃくいち あとがき
土下座して謝ろうか。

月曜日は第10話を書きます。
今週もおつかれさまでした。

※ 一覧ページができました!→ こちら

この記事を書いた人

ひゃくいち
ひゃくいち Copywriter 2014年入社
踏みつけたくなるウンコを求めて。