映画が見放題!海外・国内の動画配信サービスを比較するために実際に使ってみた


映画が見放題!海外・国内の動画配信サービスを比較するために実際に使ってみた

※2016年6月、国内サービスの情報を更新しました!

ご機嫌麗しゅうございます。ディレクターの鮫島です。
みなさん、映画は好きですか?

先日、Amazonが「Amazonプライム」会員であれば、特定の映画やドラマが無料で見られる動画配信サービスをスタートさせたのはご存じでしょうか。元々プライム会員の人は、まさに棚からぼたもち状態で歓喜したものです。

その他に、アメリカで成功を収めたNetflix(ネットフリックス)という動画配信サービスが日本に進出してきたり、Huluが動画種類の幅を広めてサービス拡充したり、世はまさに動画配信の戦国時代なのであります。

そこで、映画大好きな私が動画配信サービスに登録した実体験を元に、比較や感想を述べていきたいと思います。比較検討している方のお役に立てれれば嬉しいです。
※2016年6月時点でのデータで、感想です

国内の動画配信サービス

まずは日本国内発の動画配信サービスを見てみましょう。

dTV

スクリーンショット 2016-06-22 14.54.36 http://pc.video.dmkt-sp.jp/

エイベックス・デジタルが運営する動画配信サービス。
以前はドコモユーザー限定のサービスでしたが、今では誰でも利用できるようになりました。その結果、今では国内会員数ナンバーワンのサービスとなりました。
国内発だけあって、日本の映画やドラマが多いのはもちろんですが、洋画に関してもコンテンツが非常に充実しており、痒いところにも手が届くラインナップとなっております。

料金は月額¥500となっており、安価で利用できます。また、オリジナルコンテンツも多くあります。特に、国内のアーティストや海外の人気アーティストのミュージックビデオやライブ映像が豊富で、パッケージに先駆けて参考独占配信なども行っています。この点はさすがエイベックスといったところです。

良い点

  • Chromecastやdtvターミナルなど、外部コンテンツと連携することで、スマホから操作できサクサク動く
  • 独占配信コンテンツが充実している
  • アニメコンテンツの数が充実している
  • サッピングとよばれる、自分に合いそうな映画をレコメンドしてくれる機能が超便利

物足りない点

  • スマホでのUIがダイナミックで、検索しづらい
  • スマホによっては容量が大きい関係で、アプリが落ちてしまうこともある
月額費用(税抜) ¥500
動画本数 120,000本以上(2016.6月時点)
無料期間 31日間
対応端末 パソコン,スマートフォン、タブレット、テレビなど ※Chromecast、dTVターミナル対応
最高画質 720p

U-NEXT

スクリーンショット 2016-06-22 12.51.03 http://video.unext.jp/lp/ppd_contents_h/

月額1,990円と他のサービスと比べると月額料金が少し高め(上記URLから31日間無料トライアル可能)ですが、配信本数120,000本以上と値段に見合ったコンテンツ量です。
海外映画・ドラマだけではなく、国内アニメやディズニーシリーズの作品数も多いので、お子様がいるご家庭にもおすすめです。

良い点

  • 配信本数120,000本以上(特にアニメや韓流ドラマなどが豊富)
  • 70誌以上の雑誌も読み放題
  • 最大4台の機器で同時視聴する「ファミリーアカウントサービス」がある

物足りない点

  • 無料トライアル期間は長いけど、月額料金が他社と比較して少し高め
  • 新作を視聴したい場合は、月額料金に加えて別途料金が発生する
月額費用(税抜) ¥1900
動画本数 120,000本以上(2016.6月時点)
無料期間 31日間
対応端末 パソコン,スマートフォン、タブレット、テレビなど ※Chromecast対応
画質 フルHD(1200p)

TSUTAYA TV

スクリーンショット 2016-06-22 14.52.38 http://tsutaya-tv.jp/entrance/index.html

月額933円で一部作品が見放題となり、最新作は別途有料という料金体系。TSUTAYAだけあって、最新作は豊富。最新作を常に見たい人にはオススメかもしれません。
また、TSUTATAYA実店舗で「映像プリペイドカード」を購入することでも新作の視聴が可能です。店舗に行って観たい作品を見つけた場合、このカードを買っておけば好きな時に視聴することができます。

良い点

  • 「動画見放題プラン」は、新作2本分を観られる配信ポイントが付与
  • 宅配レンタルサービスTSUTAYA DISCASとセットにすると、TSUTAYA TVの配信動画5万本以上に加えて、DVD23万タイトル以上、CD17万タイトル以上がレンタル可能に

物足りない点

  • 他社サービスに比べてUIが複雑に感じられる
  • 作品数がまだ多くない(実店舗ありき?)
月額費用(税抜) ¥933
動画本数 50,000本以上(2016.6月時点)
無料期間 1ヶ月間
対応端末 パソコン,スマートフォン、タブレット、テレビなど
最高画質 720p

海外動画配信サービスを実際に使ってみた(自腹)

Netflix

img_netflix
https://www.netflix.com/jp/

全世界50カ国で6500万人以上が加入する動画配信の「Netflix(ネットフリックス)」が、2015年9月、日本でもサービスを開始しました。Netflixは、アメリカの町中どこにでもあったレンタルビデオ店大手「BlockBuster(ブロックバスター)」を廃業にまで追い込んだとされているくらい勢いがあり、日本でどこまで躍進するか今大注目の動画配信サービスです。

料金は最安¥650となり、画質と同時視聴数で料金プランが用意されています。日本でもお馴染み、Marvel作品の「デアデビル」のオリジナルドラマや、ご存じ「テラスハウス」のオリジナル作品など、Netflix独自作品が多く、それ目当てで契約する人も少なくありません。

良い点

  • キッズメニューが充実しているのでお子さんがいる家庭には最適
  • Netflixオリジナル映画・ドラマが充実
  • 価格プランが選べる(¥650/¥950/¥1,450)
  • 日本語吹き替え版が充実している

物足りない点

  • 更新頻度が遅い印象(まだ契約して1週間なのであくまで印象ですが、、)
  • 新着コンテンツが探しづらいUI設計
月額費用(税抜) ¥650/¥950/¥1,450
動画本数 1,000本以上(2015.10月時点)
無料期間 1ヵ月間
対応端末 パソコン,スマートフォン、タブレット、ゲーム機、テレビなど
画質 SD/HD/フルHD(4K) ※契約プランによる
同時視聴数 1〜4ストリーミング ※契約プランによる
壇蜜出演作品

Amazon Prime Video

img_amazon
https://www.amazon.co.jp/gp/prime/pipeline/landing

先に説明したとおり、「Amazonプライム」会員であれば、特定の映画やドラマが無料で見られる動画配信サービスです。繰り返しますが、元々プライム会員の人は、本当に棚からぼたもち状態。大量にもちが落ちてきました。

費用は年会費制となっていて、3900円と高く見えるかもしれませんが、月額になおすと、たったの325円です。しかも、Amazonのお急ぎ便や、お届け日時指定便、会員限定先行タイムセール、Kindle書籍毎月1冊無料提供など、様々なサービスを従来通り受けられます。これで月額325円は安い!

凄いと思ったのが、Amazonのサイト内に動画が置いてあり、関連商品のレコメンドがされるので、ECのコンバージョンにも繋がる設計になっている点です。これはAmazonにしかない大きな強みですね。

良い点

  • 動画をダウンロードしてオフラインで楽しめる(スマホ、タブレットのみ)
  • 月額にすると金額が最安
  • Amazonプライムサービスの1つなので、お急ぎ便配送など、他Amazonサービスを受けられる
  • Amazonオリジナル作品がある
  • 予告編が見られるので、作品選びがしやすい

物足りない点

  • 動画本数が少ない(プライム会員向けに限定されている)
  • PCで見たとき、回線が重い(あくまで個人の感想)
月額費用(税抜) ¥325 ※年間一括契約なので注意
動画本数 1,500本以上(2015.10月時点)
無料期間 30日間
対応端末 テレビ・ブルーレイHDD・パソコン・スマートフォン・タブレット・ゲーム機など
画質 SD/HD(HDは別途有料)
同時視聴数 1ストリーミング
壇蜜出演作品

Hulu

img_hulu
http://www.hulu.jp/

海外動画配信サービスの先駆けといえば「Hulu」ですね。2014年に日本テレビの資本が入ってから、アニメやお笑いなどのコンテンツ、日テレ系列のオンデマンド作品が急激に増えてきました。

洋画や海外ドラマは、他サービスに比べて比較的新しい作品が多く、海外作品をいち早く楽しむという点ではオススメです。また、最近では、バラエティ番組の配信が増えてきていて、夜ご飯のときに流し見できるので、個人的には非常に重宝しています。

良い点

  • 動画本数が多い
  • 動画の追加更新頻度が早い
  • ドラマやバラエティの最新回がすぐに更新される
  • どの端末から見てもサクサク閲覧できる(回線状況による)

物足りない点

  • 吹き替え版が少ない(最近増えてきたがまだまだ少ない)
月額費用(税抜) ¥933
動画本数 10,000本〜
無料期間 2週間
対応端末 テレビ・ブルーレイHDD・パソコン・スマートフォン・タブレット・ゲーム機など
画質 SD/HD
同時視聴数 1ストリーミング
壇蜜出演作品

結局どれを選べばいいのよ

これ、ほんと難しい問いです。
どのサービスも結構作品が被ってますし、料金もさほど変わらない。

なので、各社オリジナル作品を作るなどしていますが、興味がわくのは一部の作品だし、それ見終わったらどうするのよ。ってなってしまうんですよね。

なので、私は

全て契約する(国内サービスは除く)

という荒業で結論づけました。

今回の記事のために全てのサービスに契約しましたが、3つもあると選択の幅が広がりまくるので、今私の動画ライフはすこぶる快適です。国内サービスも契約してしまおうか検討しているくらいです。

費用面でいっても、3つ全部足して月額「¥1,908」ですよ奥さん。
私の昼飯2.5回分くらいです。昔のDVDレンタルで言ったら4作品分くらいですよ。
飲み会を0.5回分ガマンすれば良いだけの話ですよ。

ビバ! 映画!

まとめ

というわけで、今この3つの海外サービスがしのぎを削っているわけですが、やはりどう差別化していくかが今後の大きな課題になってくるでしょう。どう変化していくか、ものすごく楽しみです。

そしてみなさん気づきましたか?
なぜか3サービス全てに必ず「壇蜜」が登場する作品があるのです。
なんでだろう。あらぬことを想像してしまう。

エロは偉大なり。

ではこのへんで。
さようなら。


この記事を書いた人

鮫島
鮫島 ディレクター 2012年入社
やわらかな風が吹く この場所で
今二人ゆっくりと歩き出す

幾千の出会い別れ全て
この地球で生まれて
すれ違うだけの人もいたね わかり合えないままに
慣れない街の届かぬ夢に 迷いそうな時にも
暗闇を駆けぬける勇気をくれたのはあなたでした Fu… LIGゥ…

絶え間なく注ぐ愛の名を 永遠と呼ぶ事ができたなら
言葉では伝える事が どうしてもできなかった
愛しさの意味を知る