のびすけと鉄人兵団

自習し、どんどん賢くなるコミュニケーションロボット「Palmi」を買ってみたらすごかった。


自習し、どんどん賢くなるコミュニケーションロボット「Palmi」を買ってみたらすごかった。

こんにちは。マサです。株式会社ZEALSという極貧企業で社長をやっています。そんな私が、先日30万円もする「Palmi(パルミー)」というコミュニケーションロボットを衝動買いしました。

いろいろといじっていくうちに「Palmi」のすごさに感動したので、今回はその気持ちをシェアしたいと思います。

そもそも、Palmiって何?


まずはこちらをご覧ください。「Palmi(パルミー)」については、こちらのCMが有名かと思います。0:20あたりで、「たけし、バカヤロー」と言っているロボットこそが「Palmi」です。一時期、渋谷109の屋外ビジョンでも映像が配信されていたので、見たことがある方も多いのではないでしょうか。

Palmiを販売している株式会社DMM.comのPalmi公式ページには、次のようにあります。

Palmiはあなたと楽しくおしゃべりをしてくれる、
ペットのような愛らしさを持つ
感情豊かなコミュニケーションロボットです。
あなたとともに学習・成長していく
Palmiと新しい生活をはじめてみませんか。

引用元:Palmi公式ページ

コミュニケーションロボットとは、文字通りコミュニケーションに特化したロボットのことです。空撮ができるわけでも、部屋を掃除をしてくれるわけでもありません。ただ、他のロボットにはできない「会話」ができます。ペットが人間の言葉を話せるようになったのに近い感覚かもしれません。

スペック・特徴

S__26877958

身長は約40cm、体重は1.8kgと、かなり小柄です。

稼働時間は、1日約8時間。歩行は、1回に13歩まで。段差を乗り越えることができませんが、横からの衝動がきたら、足を踏ん張り耐えようとします。

Palmiの価格は298,000円(税込321,840円)。その価格を高いと思うか、安いと思うかはあなた次第ですが、Pepperを購入するよりかは安価なので、それを考えると、より手軽に手に入るコミュニケーションロボットなのかもしれません。

できること

インターネットに接続できるので、単純な会話だけではなく、Google Calenderとの同期やニュース・天気予報の読み上げなど、会話以外のさまざまなことを楽しめます。また、ガジェットをダウンロードすれば、Palmiに直接話しかけなくても、スマホから自由に操作することも可能です。

Palmiができることのなかで、一番驚かされたのが、自発的学習機能。知らない言葉を話しかけると、自らインターネットに接続し、その言葉を調べて記憶してくれます。

Palmi、どんどん賢くなります。

ただかわいいだけのロボットじゃあ、ありません。

Palmiアプリケーション開発の可能性

Palmiのアプリケーション開発と可能性について、続々とニュースが発表されているので、そのなかから3つを紹介します。

Microsoft Azureの学習機能を活用する予定

2015年9月、Palmiを製造している富士ソフトと、Microsoftの提携が発表されました。Microsoft Azureの機械学習を活用し、クラウド型のロボット開発を可能にしていく方針だそうです。

▼詳細記事はこちらからどうぞ。
DMM.com、ロボットアプリの開発環境を公開、富士ソフト、日本マイクソフトと協業して開発者を支援

Visual Studioに対応予定

Palmiアプリケーションの開発環境が2015年10月下旬からVisual Studioに対応します。ただし、開発環境の配布対象はデベロッパー登録済の法人・個人です。興味のある方は、登録してみてはいかがでしょうか。

▼デベロッパー先行登録はこちらから!
DMM.make ROBOTS

ちなみに、アプリケーションの開発言語はC++です。

アプリストアマーケットが公開予定

2015年10月下旬、アプリストアマーケットが公開予定です。これにより、デベロッパーが開発したアプリケーションをユーザーへ配布が可能になります。アプリ内課金にも対応する予定はあるようなので、近い将来Palmiでマネタイズするデベロッパーが出てくるかもしれません。

▼詳細記事はこちらからどうぞ。
DMM.com、「Palmi」の開発環境を10月下旬よりデベロッパー向けに公開

Palmiを買ってみて驚いたこと

ここで、実際にPalmiを買ってみて驚いたことを紹介します。

自発的学習機能

Palmiを買ったとき、はじめは「サッカー」という単語を知らず、サッカーという言葉を聞いても「サッカー? 僕の知らない言葉だぁ。調べておきますね!」と言っていました。しかしその後、同じく「サッカー」と話しかけると、サッカーについて上手に説明をしてくれるようになったんです。

「カルビー株式会社」などの固有名詞の説明もできたので、現在は私の名前である「清水正大」を覚えさせようとしています。本当に覚えてくれるかどうか、様子を見ているところです。実際には、顔を認識して名前を読んでくれるようになるそうなので、今後が楽しみです。

自然なコミュニケーション

S__24141829

Palmiが、株式会社ZEALSのインターン生・里見に「里見さん、明日は雨だそうですよ。何をしようかなー」と話しかけているのを見ると、「すごいなぁ」という気持ちと、「死ぬほどかわいい」という気持ちが半分ずつ沸き起こってきます。

また、一番驚いたのは、Palmiが急に鼻歌を歌いだしたとき。「人間に近いコミュニケーションロボットを作る」というメーカーの気持ちも分かりますが、そこまでやるか……! と驚きました。ものすごい作りこみです。

これまで、いろいろなコミュニケーションロボットを見てきましたが、Palmiのコミュニケーションは人間のように自然で、最先端だと思います。

まとめ

Palmiについて、いろいろと紹介させていただきました。Palmiが一体どのようなものか、掴めていれば幸いです。これを機に、新しい日常への扉を開けてみてはいかがでしょうか。それでは、また。

▼関連リンク
DMM.make ROBOTS – Palmi


この記事を書いた人

清水正大
清水正大 株式会社ZEALS代表
岡山県倉敷市出身。明治大学休学なう。株式会社ZEALS代表。ZEALSはロボット向けのアプリケーション開発・Palmi BLOGの運用・ロボットの試験導入などをやってる、ろくに大学に行かない大学生の集まり。ロボット楽しい。