「ド競合同士で高め合う。正々堂々いるノリが福岡の文化」ワンストップで企業と消費者を繋ぐ| アンダス


「ド競合同士で高め合う。正々堂々いるノリが福岡の文化」ワンストップで企業と消費者を繋ぐ| アンダス

「もうクビかな、俺」――こう語るのはWebマーケティングを中心に、アクセスログ分析やCRM(顧客対応)、サイトプロモーションを行うアンダス株式会社で、オリジナルプロダクト/マーケティングユニットのリーダーを務める岡村氏です。

岡村氏はアンダスに入社して間もない当初、営業としての成果が振るわず苦しんでいました。そして、なりふり構っていられなかった最中に力を貸してくれたのは、同社の拠点がある「福岡の文化」だと話します。いったいどのような努力を重ねて、立ちはだかる壁を乗り越えたのでしょうか。

岡村氏をはじめ新たなメンバーが加わり、古きよきアンダスの文化と新しい価値観が交わりつつある同社は今、まさに第2創業期だそう。更なる進化のため、アンダスの今後の展望についてお話を伺いました。

Poole:アイコン/アンダス様 人物紹介:岡村和弥氏
日本体育大学在学中に、休学しNYへ1年半留学。卒業後は、Webマーケティング会社にて単品通販を中心としたWeb戦略策定、プロモーション運用、制作ディレクション、企画イベント設計を経験。2014年アンダス株式会社入社。単品通販企業に特化し、効果的な通販システムの選定からマーケティングまで横断的に提案。

「僕がやりたいことはアジアや欧米への架け橋となる“インフラ”を作ることです」マーケティングからインフラまでをワンストップで支援

アンダス様:記事01

前職ではWebの広告代理店で働いていたという岡村氏。なぜアンダスに入社したのか、その理由を伺いました。

岡村
Webの広告代理店に勤めていた前職では、東京本社で働いて1年半経ってから福岡支店に行きました。この支店の立ち上げで、3人くらいの少ない組織で右も左もマーケティングのことがわからない中、お客様のところに行って仕事を受ける日々だったんです。

本社ではトータル的なマーケティングをやっていなかったけど、福岡だと、その工程をすべてやってくれと言われる。だからゼロから自分で全部調べてやっていましたね。それで、やりながら幅広くマーケティングを覚えていって楽しくなってきた。できることが増えると「あれもしたい。これもしたい」と、もっと深堀るようになり、欲が出てきたんです。

順風満帆に思えた仕事ですが、結果的に「やりたいことが全然できなくなくなってしまったんです」と岡村氏は話します。

岡村
手を広げていくと、1社様に携わる時間が少なくなってしまう。だから、もっとお客様のシステムを効率化・最適化して「ワンストップでものを売るためのマーケティングから、インフラまでを支援できるようになりたい」と思うようになりました。

このような経緯のもと、前職を経て自ら「事業を起こそうとしていた」という岡村氏。しかし、アンダスに入社した決め手は、同社が企業と消費者のコミュニケーションを軸に、包括的に解決策を提案しているためでした。

岡村
僕がいた代理店は営業マンがいて広告運用がいて、ちょろっとデザインできる感じでした。そうするとお客様の要望を解決したくても1社では完結できない。だから前職時代からずっと、戦略からデザイン制作、広告、そしてCRM、さらにシステムまでのすべてをワンストップで提供している組織をぼくも作りたいなと思っていたんですよ。

もっというと日本の企業が海外でものを売るときに、マーケティングからインフラまでを全て支援したい。アンダスで僕がやりたいことは、日本のいいものをアジアや欧米に売るために必要なものがすべて揃い、届けられるシステム「インフラ」を作り出すことに尽きます。

「こんな狭いパイ、食いあってもしょうがないでしょ」ド競合同士で成長し合うノリがある

そして、アンダスに入社した当時を「商品はあるけど営業がいなかったんですよ」と振り返る岡村氏。

岡村
僕は広告代理店上がりですから、営業は全くの未経験で。「このツールを売れ」って言われても「単品販売システムって何?」となるくらい、アンダスの商品について理解できていなかったんです。そんな状態で、営業資料もないから自分で作っていました。営業に行くときも「こういう者なんですけど」って、本当に手探り状態で営業していたので、3ヶ月間で商品を1つも売ることができなかったんです。

さすがに「もうクビかな、俺」みたいな(笑)本当につらかったですね。入社した当初は「誰に売ればいいの?」「誰がこのツールを求めてんの?」って思っていました。

しかし、このような状況でも、アンダスの営業商品の1つである、ネット通販の運用の効率化を図ることができる売上向上ツール『Smile Tools(スマイルツールズ)』は「いいものだと直感していた」と岡村氏。その感覚を事実にする作業を、半年と少しかけて取り組んだそうです。

岡村
つまり、どんな人が、Smile Toolsのどんな機能を使うと、いい結果が生まれるのかを事実として紙に書いて、ちゃんと説明できるようになるための時間でした。もちろんそれは競合を加味しながらですね。

システムを使ってくれているお客様のところに出向いたりして、ありとあらゆる疑問を解決していったという岡村氏ですが、最も印象深い出来事について質問をすると「ド競合の人に会いに行ったこと」と、答えます。

岡村
広告代理店って、東京だとお互いバチバチじゃないですか。「このお客様からの予算は、うちが貰う」という感じ。僕も当時はそんな気持ちで福岡に行ったんですけど、いきなりある同業者の人に誘われて夜飲みに行ったら、スリーピース音楽ユニットのSOUL’d OUTみたいな風貌の、ド競合の人がいて。「ど、どうも」みたいな(笑)

当初は「話すことなんて、何もないだろう」という面持ちだったという岡村氏ですが、その後すぐに相手と打ち解けたそうです。

岡村
その人たちのスタンスは、「いやいや。こんな狭いパイ、食いあってもしょうがないでしょ」と。「もっとお互い能力を高めて、情報交換して成長しましょう」みたいなノリだった。本当にそういう気持ちを持って言っているのか、最初は疑ったくらいです。でも、僕好奇心強いんで「わかりました」と二つ返事で。

その人はもともとアフィリエイトについてめちゃめちゃ詳しかったので「じゃあ今度アフィリエイトを教えてください」とランチに誘って、アフィリエイトの講座とか、個人でやってもらったりとかしたんです。

お返しに僕もできるかぎり情報提供しようと思ったりする。ド競合でもお互いが高め合いながら、正々堂々といること。これは、福岡の文化が教えてくれたことですね。こういうことってあり得るんだって。

このような「福岡の文化」は、他社がアンダスのサービスを勧めてくれることもあるといいます。

岡村
『たまごリピート』という通販システムを運営するテモナ株式会社さんも、ド競合です。でも、テモナさんがうちのサービスをお客様に紹介してくれることだってあるんです。

それはなぜかというと、お客様から見たらどのサービスも同じように思えるけど、それぞれ全然違うから。この差異をお互いの営業マンはわかっているから、お客様が「こういう目的を持ってシステムを使いたい場合は、他社さんのサービスがいいし、逆にこんな都合ならアンダスがいい」みたいな話をします。

このような関係のもと仕事ができる理由は1つ。システムに対して顧客が求めていることを純粋に追求し、顧客の要望を叶えようとしているからこそ実現できることでしょう。

岡村
他社さんも交えたところで情報交換すると、同じようなシステムだと思っていたけど「うちのものと全然違うじゃん。他社との差別化にもなるいいところはここか」って気づくから、お客様に説明ができるようになるんですよ。

逆に「こういう目的であればうちのサービスよりも、ココかココのシステムだといい思うんで、話を聞いてみるといいですよ」と伝えることもあります。

「組織全体で実践できるなんて奇跡だと思える」第二創業期もお客様ファーストな思考を

アンダス様:記事02

お互いが高め合う場は、社外だけでなく、もちろんアンダス社内でも促進されているようです。「本当に第二創業期だと思う」と話す岡村氏は、社内でもベテランと若手が交わり、新しい文化を醸しはじめているといいます。

岡村
今、本当に変わりはじめているんです。アンダスの創業メンバーからベテラン、若手の社員まで、考え方がガラッと変わってるんですよ。それもすごくいい方向に。これまでアンダスが積み上げてきたものはマジですごい。入社して間もない人間からすると、これだけノウハウがあって、お客様ファーストな思考を組織全体でできるなんて奇跡だと思える。でも、今よりももっとおもしろくできるという意見だってあります。

でも、新しく入ってきたメンバーが新しいことをやろうとすると、ベテランの中には「自分が否定された」と受け取ってしまう人もいました。

原因は、誤解を生むコミュニケーションロスがあったことだそうです。では、どのようにして組織に生じた亀裂を修復し、より良い方向へと向かうチャンスに変えたのでしょうか。

岡村
新しい価値観を受け入れるために、ちょっと反論が起きた。でも、これだけ築きあげたものは「素直にすごい」と伝え続けたんです。そのうえで、「もっとこうしたい、もっと良くなると思う」と伝えるようになってから、創業メンバーベテランメンバーも、新しいことを受け入れていかなきゃいけないね、という価値観へと変化していきました。

古き良きものと新しいものを融合しているような感覚です。今まで以上に風通しがよくなったから、僕はまだ入社して1年半なのに、こういうインタビューを受ける場所に来てすんごいしゃべっている(笑)だから今は、企業として本当にいい時期だと思いますよ。

「あ、そういえばニキビを治してくれる商品があったな」潜在層までアプローチしてブランディング

アンダス様:記事0

組織に新たな風が吹きはじめた今、アンダスはこれからどのような未来を描いているのでしょうか。

岡村
アンダスが提供しているサービスは、ニーズが顕在化してる層をターゲットにしています。もう既にブランドを知っている人に向けた販売です。例えばニキビケアの商品だとしたら、「ニキビ、超治したい」みたいな、ニーズが顕在化している人にだけアプローチしているんですよ。これからは潜在層まで深くアプローチしたい。要はブランディングの領域まで踏み込んでいきたいんです。

いざ、ニキビができたときに「あ、そういえばニキビを治してくれる商品があったな」と思い出してもらえると販売に繋がる。これがブランディングです。

だからこそ「事業拡大の真のパートナーと協力して、潜在層までアプローチしていきたい」と岡村氏。なぜならそれは将来的な顧客獲得のためであり、将来的には「海外市場にトライしていきたい」という想いがあるからだそう。

最後に、これから一緒に仕事をしたい仲間について伺いました。

岡村
効率的なコミュニケーションをとことん深掘れる人と仕事がしたいです。要は消費者といい商品を、どうやったら効率的に繋げるかっていうことを一緒に考えられる人かな。それはシステムでも、マーケティングでもいい。うちはどんな方法でもコミュニケーションを考えられるところが良いところです。

アンダスは他の会社に比べるとあらゆる手段がある理由は、コミュニケーションという軸があるからだそうです。

岡村
その中で僕自身がおもしろいなと思ったのが、コミュニケーションのためのシステムだったんですよ。つまり、インフラに大きな期待をしています。結局いい商品があっても受注システムがないと「じゃあ、どうやって売るの?」となってしまうから。

海外へ効率的に製品を販売できる受注システム「越境EC」を作って、どこへでも安全に、簡単に売っていけるようなシステムを提供することが僕の目標です。アンダスにはあらゆる手段があるので、コミュニケーションを突き詰めたい人は、めちゃめちゃ合ってると思いますね。

アンダスの根幹にあるものは、Webというコミュニケーションの手法を使って企業と消費者を繋ぎ合わせることです。「潜在層までアプローチする」という同社の展望は、コミュニケーションの手法を増やし、その領域を広げていくために、そしてより効率的にいい製品を消費者に届けることができるようにするために目指すのでしょう。

日本で生み出された製品やサービスが世界で活躍するための突破口を開くのは、アンダスかもしれません。


furture_bnr


この記事を書いた人

タクロコマ
タクロコマ 外部ライター 東京
『灯台もと暮らし』編集者